最近の更新 (Recent Changes)

2017-06-10
2015-11-04
2014-10-14
2014-07-01
2014-06-29

Neueste Datei-Release

TimingChartViewer (r245)2012-02-15 00:10
isesimutil (r230)2012-01-01 23:07
nbox_util (r247)2012-03-11 22:19
noodlybox (0012)2010-01-01 19:46

Wikiガイド(Guide)

サイドバー (Side Bar)

InstallHowto

以下の文書は、NOODLYBOXのリリース0008にあわせて書き直してあります。

動作環境について

NOODLYBOXの配布物の動作は

がインストール済みであることに依存していますので、まず上記ソフトウェアのインストールを済ませておいてください。

動作確認済みの組み合わせ

OS ModelSim ISE MSYS MinGWRuby 備考
1Windows2000XE III 6.3c9.2.41.0.11ISEに内蔵1.8.4-i386-mingw32
2WindowsXP XE III 6.4b11.1 1.0.115.1.41.8.4-i386-mingw32isesimでは動きません

MinGWとMSYSのインストーラについて(推奨)

MinGWはXilinx ISEに含まれていますが、ISEに含まれるものを使うよりもSourceForgeからダウンロードしたものを インストールした方が、最新のものを使えるしインストールも楽なのでよいです。

MinGWのインストールに関する解説は、検索エンジンで探せばいくらでもありますので、ここでは入手先だけ書いておきます。

  1. Browse MinGWを開きます。
  2. ▽Automated MinGW Installer▽MinGW 5.1.4 のMinGW-5.1.4.exeをダウンロードします*1
  3. ▽MSYS Base System▽Current Release_MSYS-1.0.11のMSYS-1.0.11.exeをダウンロードします。

msysCORE~のダウンロードとインストールの仕方(非推奨)

ISE Webpackの中に含まれるMinGWを使うので、インストールの仕方は特殊です。

  1. まず、ISE Webpackのインストールを済ませておきます。
  2. MinGWプロジェクトのDownloadページから、MSYS Base Systemを選び、msysCORE-1.0.11-????????.tar.gzをダウンロードしてください。*2
  3. msysCORE-1.0.11-???????.tar.gzLhazなどのアーカイブ操作ソフトで(フォルダ自動生成のチェックをした状態で)展開します。
  4. できたディレクトリをmsysにリネームし、それから空白を含まないディレクトリ(例えばC:\)の下に移動します。
  5. msys/postinstall/pi.batをダブルクリックします。
  6. 以下の質問が表示されるので、yとEnterを押します。
    This is a post install process that will try to normalize between
    your MinGW install if any as well as your previous MSYS installs
    if any.  I don't have any traps as aborts will not hurt anything.
    Do you wish to continue with the post install? [yn ]
    
  7. 以下の質問が表示されるので、yとEnterを押します。
    Do you have MinGW installed? [yn ]
    
  8. 以下の質問が表示されるので、ISE Webpackをインストールしたパスの中の、gnu/MinGW/?.?.?-?/ntディレクトリを答えます。たとえば、e:/prod/ise/gnu/MinGW/2.0.0-3/ntです。
    Please answer the following in the form of c:/foo/bar.
    Where is your MinGW installation?
    
  9. 以下のメッセージが表示されたら、何かキーを押します。
    E:\prod\msys\postinstall>pause
    続行するには何かキーを押してください . . .
    
  10. システム環境変数のPATHに、~\msys\binを追加します。スタートメニュー-コントロールパネル-システムで何とかしてください*3。PATHの設定を忘れると、ModelSIMのTranscriptウィンドウからmakeをするときに失敗します。

必須ではありませんが、msys/msys.batへのショートカットを作っておくとあとあと楽です。

Ruby MinGW32版のインストールの仕方

  1. msys/msys.batをダブルクリックして、MinGW32のプロンプト(rxvt)を開きます。
  2. 以下のコマンドを実行します。
     cd /
     tar zxf <ダウンロードしたパス>/ruby-1.8.4-i386-mingw32.tar.gz
    
  3. ruby --versionと入力して、バージョンの表示が行われたらインストール成功です。

NOODLYBOXのインストールの仕方

  1. ダウンロードから、noodlybox-????.tar.gzをダウンロードします。
  2. msys/msys.batをダブルクリックして、MinGW32のプロンプト(rxvt)を開きます。
  3. 以下のコマンドを実行します。
     cd <インストール先にしたいディレクトリ>
     tar zxf <ダウンロードしたパス>/noodlybox-????.tar.gz
    

ISE SimulatorへのTcl libraryのインストールの仕方

注:ISE11.1だと標準でtcllib1.7が含まれているので、下記の作業は不要です
もし、NOODLYBOXを使ったシミュレーションをISE Simulatorで行いたい場合は以下の作業が必要です。

  1. http://www.tcl.tk/software/tcllib/ からtcllib-1.10.zipを取得し、展開します。
  2. コマンドプロンプトから、xtclshを起動します。
  3. cdコマンドを使ってtclライブラリのインストーラがあるディレクトリ(tcllib-1.10)に移動します。
  4. source installer.tclすると、以下のような表示が出ます。
     % source installer.tcl
     Installing Tcllib 1.10
     You have chosen the following configuration ...
     
     Packages:      C:/prod/ise/bin/lib/tcllib1.10
     Applications:  C:/prod/ise/bin/bin
     Examples:      C:/prod/ise/bin/bin/tcllib_examples1.10
     Documentation:
     
            NROFF:  Not installed.
            HTML:   C:/prod/ise/bin/tcllib_doc
     
     Is the chosen configuration ok ? y/N:
    
  5. yと入力してEnterすると、インストールが行われます。

NOODLYBOXの使い方に関しては UseHowto を参照してください。


  1. *1MinGW-5.1.6でも大丈夫だとは思いますが、動作は未確認です
  2. *2この文書を書いた時点の最新版はmsysCORE-1.0.11-20080826.tar.gzです。
  3. *3環境変数の設定方法は同じWindowsでも2000とXPでは少し違うし、Vista/7は使ったことがないのでわかりません。