最近の更新 (Recent Changes)

2017-06-10
2015-11-04
2014-10-14
2014-07-01
2014-06-29

Neueste Datei-Release

TimingChartViewer (r245)2012-02-15 00:10
isesimutil (r230)2012-01-01 23:07
nbox_util (r247)2012-03-11 22:19
noodlybox (0012)2010-01-01 19:46

Wikiガイド(Guide)

サイドバー (Side Bar)

RegressionTest

sample/regression.shは、NOODLYBOXの機能追加・リファクタリングのときに、エンバグしていないことを確認するために用意したものです。

しかし、NOODLYBOXの配布物をダウンロードしてくださった方の環境で、正しくシミュレーション・合成が動作するかどうか、を確認するためにも使うことができるのに気がついたため、この文書を書くことにしました。

使い方

  1. msys/msys.batをダブルクリックして、MinGW32のプロンプト(rxvt)を開きます。
  2. cdコマンドでnoodlybox/sampleディレクトリまで移動します。
  3. 以下のコマンドを打ち込みます。
    . settings.sh
    ./regression.sh
    
regression.shの実行で、以下の処理を全自動で行います。行わせたくないものは#でコメントアウトするとよいでしょう。
  1. ModelSIMでVHDLのシミュレーション
  2. ModelSIMでVerilog HDLのシミュレーション
  3. ISEでVHDLの合成
  4. ISEでVerilog HDLの合成
  5. ISE SimulatorでVHDLのシミュレーション
  6. ISE SimulatorでVerilog HDLのシミュレーション


実行後に、regression.logを開いて、何も記録されていなければ以前のバージョンと動作に差が無い、つまりエンバグしていない、ということです。
rubyやtcllibのインストールを忘れていたりすると、ModelSIMやISE Simulatorの実行途中にエラーが出て止まることがあります。そのような場合は、ウィンドウなら×を押すことで、、コンソールならCtrl-Cを押すことで終了させてください。

ModelSIM XE Starterについて

  • ModelSIM XE Starterをインストールするときに、Verilog HDLとVHDLのどちらかを選択していると思います。
  • regression.shは、両方の言語でシミュレーションを行うのですが、インストール時に選択したほうしか動きません。
  • 両方の言語で動かすには、Xilinxで配布しているModelSIM XE Librariesのアップデート(サービスパック)をModelSIMのインストールディレクトリに展開すればOkです。