Downloadliste

Sponsored link

Projektbeschreibung

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Systemanforderungen

Die Systemvoraussetzungen sind nicht definiert

Veröffentlicht: 2019-02-28 21:54
Tera Term 4.102 (2 files Verstecken)

Versionsanmerkungen

Keine Versionsanmerkungen

Änderungsprotokoll

TeraTerm

2019.02.28 (Ver 4.102)

  • Changes
    • The AlphaBlend VT window can be configured as a different value for each active and inative.
    • The value of transparency can be temporarily changed by moving the mouse wheel on the title bar of the VT window.
    • The internal implemention of the VT window was speeded up.
    • UTF-8: Four bytes character can not be shown yet but can be decoded, the impact range of character corruption was be minimized.
    • The language code(CodePage) of the "Terminal ([Setup] menu)" dialog(Unicode usage).
    • MACRO: The macro file can support UTF-8 and UTF-16(with BOM) encoding.
    • MACRO: The getfileattr command can be based on the current directory same as other command.
    • MARCO: The fileopen command can cause an error when a file is not found with read only mode.
  • Bug fixes
    • When the AlphaBlend window is enabled, an application fault occurs on Windows 10.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.88.
    • upgraded Oniguruma to 6.9.1.

TTSSH

2019.02.28 (Ver 2.88)

  • Changes
    • added /ssh-N commandline option to disable a shell session when starting a connection.
    • Default state of bcrypt KDF checkbox on SSH Key generator dialog is changed to on.
  • Bug fixes
    • Can't change password on SSH Change Password dialog when old password is empty string.
  • Misc
    • upgraded OpenSSL to 1.0.2r.

TeraTerm

2019.02.28 (Ver 4.102)

  • 変更
    • VT ウィンドウの透過設定を、アクティブ/非アクティブ時の各々で別の値を設定できるようにした。
    • VT ウィンドウのタイトルバー上でマウスホイールを操作することで、ウィンドウの透過値を一時的に変更できるようにした。
    • VT ウィンドウの内部処理を高速化した。
    • UTF-8 で 4 バイトになる文字を(表示できないが)正しくデコードするようにし、文字化けする範囲が最小限になるようにした。
    • "Terminal setup[端末の設定]" ダイアログの言語コード(CodePage)設定を削除した。(Unicode設定)
    • マクロファイルのエンコーディングとして UTF-8, UTF-16(with BOM)に対応した。
    • getfileattr マクロコマンドで、他のコマンドと同様にカレントフォルダを基準とするようにした。
    • fileopen マクロコマンドで、読み取り専用モード時にファイルがない場合はエラーとなるようにした。
  • バグ修正
    • ウィンドウの透過設定が有効だと Windows 10 で落ちる問題に対応した。
  • その他
    • TTSSH(2.88)へ差し替えた。
    • Oniguruma 6.9.1へ差し替えた。

TTSSH

2019.02.28 (Ver 2.88)

  • 変更
    • 接続開始時にシェルセッションを開始しない為の /ssh-N コマンドラインオプションを追加した。
    • SSH鍵生成ダイアログの bcrypt KDF チェックボックスのデフォルトを on に変更した。
  • バグ修正
    • 旧パスワードが空文字列の時、SSH パスワード変更ダイアログでパスワードが変更出来ない問題を修正した。
  • その他
    • OpenSSL 1.0.2rへ差し替えた。