Letztes Update: 2020-10-16 05:41 Erstellt um: 2020-10-16 05:41 RSS
コンパイラの警告

Status
Priorität
Meilenstein
Tags
Keine Tags

Alpine Linux上でclang-10.0.0およびgcc-9.3.0を使用し、コンパイルオプション-Wallを付けてコンパイルを試しています。以下の部分については、意図した記述かどうかの確認をお願いします。

* dmonitor_utils.c if内での代入

  • if (length = 42) if (!node_space_check (95))

* dvap_conf.c, rpt_dvap_utils.c unsigned charの変数に対する負数の比較

  • if ((dvap_squelch > -45) || (dvap_squelch < -128))

* rpt_conn_dvap.c 常に成立しない比較

  • if (len < len)

* rpt_conn_dvap.c 未初期化変数に対する比較

  • if (ret < 0)

* lcd.c if内での代入

  • else if (lcd_type = LCD_20x4)

* rig_read.c if内での代入

  • else if (rig_buff[1] = 0x03)

これ以外にも未使用変数(多いです)やchar型の符号の違いに関する警告もあり、併せて修正した方が良さそうです。

特にchar型の符号に関しては、x86のsignedとは異なり、ARMではunsignedが標準となります。コードの見直しに加え、必要に応じ、-fsigned-char/-funsigned-charの指示をコンパイラに与えることも検討してみてください。

2020-10-16
05:41 Neues Ticket(#50827): コンパイラの警告 erstellen (jg1uaa)