Einfache Projektliste Software-Karte

NASA Open Source Agreement
15 Projekte im Ergebnis
Letztes Update: 2012-05-23 23:54

General Mission Analysis Tool

The General Mission Analysis Tool (GMAT) is a
space trajectory optimization and mission analysis
system. GMAT contains new technology and is a
testbed for future technology development.

(Machine Translation)
Letztes Update: 2009-02-28 04:33

NASA WorldWind

NASA World Windは、Windowsが動作するデスクトップコンピュータ用のグラフィカルでリッチな3D仮想地球です。Blue Marble, Landsat 7, SRTM, MODIS, その他のNASAの衛星からの画像を組み合わせています。

Letztes Update: 2019-12-01 07:24

CFD Utilities

The CFD Utility Software Library (previously known as the Aerodynamics Division Software Library at NASA Ames Research Center) contains nearly 30 libraries of generalized subroutines and close to 100 applications built upon those libraries. These utilities have accumulated during four decades or so of software development in the aerospace field.

All are written in Fortran 90 or FORTRAN 77 with potential reuse in mind. The only exception is the C translations of a dozen or so numerics routines grouped as C_utilities.

David Saunders and Robert Kennelly are the primary authors, but miscellaneous contributions by others are gratefully acknowledged.

See 1-line summaries of the libraries and applications under the Files menu. Each library folder also contains 1-line summaries of the grouped subroutines, while each application folder contains READMEs adapted from the main program headers. NASA permission to upload actual software was granted on Jan. 24, 2014.

(Machine Translation)
Letztes Update: 2010-08-19 07:11

TRANSIMS Studio

TRANSIMS Studio アプリケーションは交通分析とシミュレーション システム (TRANSIMS)、統合開発環境です。コンポーネントには、TRANSIMS、完全な注目 GUI だけでなく、並列で実行する実行時環境が含まれます。

(Machine Translation)
Letztes Update: 2008-09-30 03:12

S4PM

測定 (S4PM) のためのシンプルでスケーラブルなスクリプト ベースの科学プロセッサは非常に自動化されたデータ処理の科学、大規模な処理システムまで拡張性と、小さい、特別な目的の処理文字列までスケーラブルなシステムです。

(Machine Translation)
Letztes Update: 2010-03-02 17:59

Ports To Stratus Open VOS

このプロジェクトはさまざまなポートを目指すオープン ソース ソフトウェア ストラタス オープン VOS アーキテクチャの上に。アーキテクチャの詳細については、次の Url を参照してください。http://www.stratus.com http://www.openvos.com

(Machine Translation)
Letztes Update: 2019-06-10 21:24

GMSEC API

ゴダード ミッション サービス進化センター (GMSEC) アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) のホームページ。

(Machine Translation)
Letztes Update: 2017-10-30 02:48

pFUnit

pFUnitはNASAとNGC TASCの開発者によって作成されたFortranテストフレームワークです。pFUnitは、コードの一部が希望した通りの振る舞いをするかどうかを特定する為のソフトウェアテストを作成、実行するのに便利で軽量な機構をFortran開発者に提供します。

Letztes Update: 2017-06-27 04:29

Orbit Determination Toolbox (ODTBX)

Orbit Determination Toolbox (ODTBX)は、NASAゴダード宇宙飛行センターのナビゲーション & ミッションデザインの部署で開発された、コンセプトの探査、提案、初期段階の設計、および迅速な設計環境のために使用する高度なミッションのシミュレーションと解析ツールです。 ODTBX機能やユーティリティのナビゲーションアルゴリズムとシミュレーション モジュール開発を可能にする柔軟なアーキテクチャで結合されます。コア ODTBX 機能モンテカルロ ・ データ解析、線形共分散分析、および測定の一般的なレベルでの処理を組み込む推定コマンドのセットを実現しています。

Letztes Update: 2020-01-01 05:25

Transportation Analysis and Simulation

TRANSIMS は、旅行予測地域交通システムのモデリングのためのツールの統合システムです。詳細については、http://code.google.com/p/transims/を参照してください。

(Machine Translation)
Letztes Update: 2016-09-19 04:46

OS Abstraction Layer

OS 抽象化レイヤー (OSAL) プロジェクトは組込みリアルタイム オペレーティング システムから分離する小さいソフトウェア ライブラリです。OSAL は、抽象的なリアルタイム オペレーティング システム、アプリケーション プログラム インターフェイス (API) を提供します。

(Machine Translation)
Letztes Update: 2019-07-09 05:30

GMAT

火星に行くけれども、don't する場合を離れるときに知っているか、どのくらいをもたらすか?地球の保護地球近傍小惑星ミッションの計画で勉強したいですか?常に外側を見て、地球と太陽からの軌道に望遠鏡を配置しますか。一般的なミッション解析ツール (GMAT) これらおよび他の多くの宇宙飛行の挑戦に答えるためにオープン ソース宇宙ミッション デザイン ツールです。GMAT は NASA、民間企業および公共および民間の貢献者のチームによって開発されました。(完了した後の最終的な受け入れテスト 2013年 9 月年の) 教育および公共の関与のためのツールとして実世界工学研究のため使用は操作上の宇宙船を飛行します。Web サイト: http://gmatcentral.org/

(Machine Translation)

ccfitsio

a fork of NASA cFITSio library

ccfits

a for of NASA CFits library.
a port port for BCB

Reality-Virtual-Sky-Route-Navigation(仮想空路にしたがって現実の空間を移動可能にする仮想空路ナビゲーション)

FST(FLYING-STICK)という飛行物体を完成したとき 必要となるナビゲーションであり、複数のFSTの移動も、スムーズに、離着陸場所に依存せず、自由に移動可能とすることができます。

Databank Umgebung: ODBC, MySQL
Entwicklungsstatus: 1 - Planung, 2 - Pre-Alpha
Natürliche Sprache: Japanese
Programmiersprache: C#, Java
Benutzerschnittstelle: Web Environment
Register Date: 2010-04-09 01:23