Server/Client Framework for .NET 2.1
チュートリアル 導入手順

概要

これはTERASOLUNA Server/Client Framework for .NETのチュートリアルプロジェクトを導入する手順書です。
下記手順に従うことで、以下のチュートリアルプロジェクトを実行することができます。

  • TERASOLUNA Client Framework for .NET、TERASOLUNA Server Framework for .NET(Rich版) チュートリアル
  • TERASOLUNA Server Framework for .NET(Web版) チュートリアル

前提条件

導入環境には、あらかじめ以下のものが用意されている必要があります。

Visual Studio 2005の場合

  • Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Software Developers
  • .NET Framework 2.0、.NET Framework 2.0 SP1、または.NET Framework 2.0 SP2
  • WebAPサーバ:IIS 6.0(TERASOLUNA Server Framework for .NETを利用する場合)

Visual Studio 2008の場合

  • Microsoft Visual Studio Team System 2008 Development Edition
  • .NET Framework 2.0 SP2、または.NET Framework 3.5 SP1
  • WebAPサーバ:IIS 6.0(TERASOLUNA Server Framework for .NETを利用する場合)

併記されているバージョンを元に動作確認を行っていますが、このバージョン以外の環境での動作を制限するものではありません。
また、これらのインストール及び設定の手順については、別途Web上の利用ガイド等を参照してください。

なお、TERASOLUNA Server/Client Framework for .NETが提供する入力値検証機能では、内部でEnterprise Library 3.1を利用しています。
以下に、Enterprise Library 3.1の導入手順を示します。

Enterprise Library 3.1の導入

  1. Enterprise Library 3.1にアクセスし、Enterprise Library 3.1をダウンロードします。Enterprise Library 3.1の詳細については、patterns & practices Enterprise Libraryを参照してください。
  2. ダウンロードしたEnterprise Library May 2007.msiを実行し、Enterprise Library 3.1をインストールします。

インストーラの実行

TERASOLUNA Server/Client Framework for .NETのDLLをインストールしていない場合は、以下の手順でインストールしてください。

  1. terasoluna-server-client4n-installer_(バージョン番号)).zipを任意のフォルダに展開します。
  2. 展開して得られたTERASOLUNA-(バージョン番号).msiを実行し、TERASOLUNA Server/Client Framework for .NETのDLLファイルをインストールします。

TERASOLUNA Client Framework for .NET、
TERASOLUNA Server Framework for .NET(Rich版)
チュートリアルの導入手順

  • サーバプロジェクトのインポート
  1. terasoluna-server-client4n-tutorial_x.x.x.x.zipを任意のフォルダに展開します。
  2. 展開して得られた、terasoluna-sample-server-rich-cs-complete.zip を展開します。
  3. 展開して得られた、TutorialServerRich.slnを実行します。
  • IISへの配置
  1. 「ソリューション エクスプローラ」にてTutorialServerRichプロジェクト」を選択し右クリックします。タブの中から「発行」を選択します。
  2. "Webの発行"画面のターゲットの場所を「C:\Inetpub\wwwroot\TutorialServerRich」とし発行ボタンを押下します。
  3. コントロールパネル→管理ツール→インターネット インフォメーション サービスを実行します。
    【インターネットインフォメーションサービスの画面に表示されるツリー一覧】
    
     インターネットインフォメーションサービス
        |- xxxxx(ローカルコンピュータ)
           |- Web サイト
            |   |- 既定の Webサイト
            |
           |- 既定のSMTP 仮想サーバ
                |- ドメイン
                |- 現在のセッション
    
  4. ツリーにある既定の Web サイトフォルダの中にあるTutorialServerRichフォルダを右クリック⇒プロパティを実行します。
  5. ディレクトリタブを選択し、作成ボタンを押下します。適用ボタンを押下後、OKボタンを押下します。
  6. ツリーにある既定の Web サイトフォルダを右クリック⇒開始を選択し、サーバを起動します。
  • クライアントプロジェクトのインポート
  1. terasoluna-server-client4n-tutorial_x.x.x.x.zipを任意のフォルダに展開します。
  2. 展開して得られた、terasoluna-sample-client-cs-complete.zip を展開します。
  3. 展開して得られた、TutorialClient.slnを実行します。
  • クライアントアプリケーションの実行
  1. TutorialClientプロジェクトをコンパイルします。
  2. TutorialClientプロジェクトを実行します。ログインする際のユーザ名は[tera]、パスワードは[soluna]です。

TERASOLUNA Server Framework for .NET(Web版)
チュートリアルの導入手順

  • サーバプロジェクトのインポート
  1. terasoluna-server-client4n-tutorial_x.x.x.x.zipを任意のフォルダに展開します。
  2. 展開して得られた、terasoluna-sample-server-web-cs-complete.zip を展開します。
  3. 展開して得られた、TutorialServerWeb.slnを実行します。
  • IISへの配置
  1. 「ソリューション エクスプローラ」にてTutorialServerWebプロジェクト」を選択し右クリックします。タブの中から「発行」を選択します。
  2. "Webの発行"画面のターゲットの場所を「C:\Inetpub\wwwroot\TutorialServerWeb」とし発行ボタンを押下します。
  3. コントロールパネル→管理ツール→インターネット インフォメーション サービスを実行します。
    【インターネットインフォメーションサービスの画面に表示されるツリー一覧】
    
     インターネットインフォメーションサービス
        |- xxxxx(ローカルコンピュータ)
           |- Web サイト
            |   |- 既定の Webサイト
            |
           |- 既定のSMTP 仮想サーバ
                |- ドメイン
                |- 現在のセッション
    
  4. ツリーにある既定の Web サイトフォルダの中にあるTutorialServerWebフォルダを右クリック⇒プロパティを実行します。
  5. ディレクトリタブを選択し、作成ボタンを押下します。適用ボタンを押下後、OKボタンを押下します。
  6. ツリーにある既定の Web サイトフォルダを右クリック⇒開始を選択し、サーバを起動します。
  • アプリケーションの実行
  1. ブラウザから、"http://localhost/TutorialServerWeb/Form/LogonForm.aspx" へアクセスします。ログインする際のユーザ名は[tera]、パスワードは[soluna]です。