Server Framework for Java(Web版)
機能網羅サンプルアプリケーション 導入手順

概要

これはTERASOLUNA Server Framework for Java (Web版) の機能網羅サンプルアプリケーションを導入する手順書です。
下記手順に従うことで、機能網羅サンプルアプリケーションの実行環境を準備することができます。

前提条件

導入環境には、あらかじめ下記のものが用意されている必要があります。

  • Java 2 Runtime Environment Standard Edition 1.5.0
  • Eclipse SDK 3.2.2 + WTP 1.5.5
  • WebAPサーバ:Apache Tomcat 5.5.23
  • Apache Ant 1.6.5 (EclipseのAntプラグインのみでも可)
  • PostgreSQL Database Server 8.2またはOracle10g

併記されているバージョンを元に動作確認を行っていますが、このバージョン以外の環境での動作を制限するものではありません。
また、これらのインストール及び設定の手順については、別途Web上の利用ガイド等を参照してください。

Antタスク一覧

プロジェクトの「\ant」フォルダには、antタスクが記述された「build.xml」が存在します。以下がantタスクの一覧です。

antタスク説明
clean作成したwarファイル、コンパイルされたクラスファイルの削除を行う。
compileコンパイルを行う。
native2asciinative2asciiにてプロパティファイルのコード変換を行う。
deployプロジェクトのデプロイを行う。
createJavaDocJavaDocの生成を行う。
testcase機能テスト実行用のアプリケーションをデプロイする。
native2ascii_testcase機能テスト用にプロパティファイルのコード変換を行う。
compile_testcase機能テスト用にコンパイルを行う。
contextRelativeTrue(ver2.0.x系のみ)コンテキスト相対パス遷移モード(Struts準拠:contextRelative=true)に変更する
contextRelativeFalse(ver2.0.x系のみ)モジュール相対パス遷移モード(TERASOLUNA準拠:contextRelative=false)に変更する

サーバーの追加(WTP環境)

EclipseにWTPプラグインが導入されている場合、以下の手順でサーバーを追加します。

  1. Eclipse画面にて「ウィンドウ」>「ビューの表示」>「その他」を実行し、「サーバー」を選択し「OK」をクリックします。
  2. サーバービューで右クリック「新規」>「サーバー」を実行します。
  3. 「Apache」>「Tomcat v5.5 サーバー」を選択し、「次へ」をクリックします。
  4. 「Tomcat」を選択し、「次へ」をクリックします。
  5. 自端末の環境に合った「Tomcat インストール・ディレクトリー」を選択します。
  6. 「終了」をクリックします。

プロジェクトの実行(共通)

機能網羅アプリケーションをEclipseにインポートします。また、データベースの設定を行います。

1. ZIPファイルの展開

functionsample-thin_(バージョン番号).zipを任意のフォルダに展開します。

展開されたfunctionsample-thin_(バージョン番号).zipのフォルダ名が「functionsample-thin」であることを確認します。
展開ツールや展開のしかたによっては、フォルダ名が「functionsample-thin_(バージョン番号)」となる場合がありますが、フォルダ名を手動で「functionsample-thin」に変更してください。

2. Eclipseへのインポート

  1. Eclipse画面にて「ファイル」>「インポート」を選択します。
  2. 「既存プロジェクトをワークスペースへ」を選択し「次へ」をクリックします。
  3. 「ルート・ディレクトリーの選択」にチェックが入った状態で「参照」をクリックし、ブランクプロジェクトを展開した親フォルダを指定します。
  4. 「functionsample-thin」にチェックが入っていることを確認し、「終了」をクリックします。

エラーが出る場合は「備考」を参照し、設定を変更してください。

3. JDBCドライバの配置

Tomcatがデータベースに接続できるようにJDBCドライバを「<TOMCAT_HOME>/common/lib」にコピーします。JDBCドライバは付属されていないので、利用者各自でで別途入手する必要があります。

※バージョンが合っていれば、クライアント等をインストールした際に付属しているJDBCドライバをご利用いただけます。

4. データベース環境の設定

Oracleの場合

  1. 前提条件(環境により変更可能)
    設定項目設定する値
    インスタンス名functionsampledb
    DBユーザー名/パスワードsample/sample
    ネットサービス名SAMPLEDB
  2. 「setup_for_Oracle.bat」の編集
    • 「/sql/oracle/setup_for_Oracle.bat」を自端末の環境に合った値に書き換えます。詳細は「/sql/oracle/setup_for_Oracle.bat」を参照してください。
  3. テーブル、サンプルデータの作成
    • 「/sql/oracle/setup_for_Oracle.bat」を実行します。(eclipseから実行不可)
    • 「SQL> 」が表示されたら exitと入力して終了します。
      • ※実行時パスの整合性をとるため、必ず当該ファイルが存在するフォルダで実行してください。

PostgreSQLの場合

  1. 前提条件(環境により変更可能)
    • pgAdminを起動し、新しいデータベースを作成します。
      設定項目設定する値
      名前functionsampledb
      オーナーpostgres
      エンコーディングUTF8
      Templateなし
      テーブル空間pg_default
  2. 「setup_for_PostgreSQL.bat」の編集
    • 「/sql/postgresql/setup_for_PostgreSQL.bat」を自端末の環境に合った値に書き換えます。詳細は「/sql/postgresql/setup_for_PostgreSQL.bat」を参照してください。
  3. テーブル、サンプルデータの作成
    • 「/sql/postgresql/setup_for_PostgreSQL.bat」を実行します。(eclipseから実行不可)
      • ※実行時パスの整合性をとるため、必ず当該ファイルが存在するフォルダで実行してください。

5. 設定ファイルの編集(データソース)

  1. 「context.xml」の編集
    • 「/webapps/META-INF/context.xml」を自端末の環境に合った値に書き換えます。詳細は「context.xml」を参照してください。
  2. 「web.xml」の編集
    • Tomcatがタグのインスタンスをプールすることによって発生する不具合を防ぐため、「<TOMCAT_HOME>/conf/web.xml」のJspServletのinit-paramに、enablePoolingという変数名でfalseを設定します。

プロジェクトの実行(WTP環境)

WTPプラグインを利用する場合、以下の手順でプロジェクトを実行します。

6. サーバーへの追加

サーバービューで「functionsample-thin」のプロジェクトをサーバに追加します。

7. Tomcatの起動および、実行確認

  1. サーバーを始動します。
    • サーバー始動時にエラーダイアログが表示される場合は、「備考」を参照し、設定を変更してください。

プロジェクトの実行(非WTP環境)

WTPプラグインを利用しない場合、以下の手順でプロジェクトを実行します。

6. antタスクの実行

  1. プロジェクトの「/ant/build.properties」を自端末の環境に合った値に書き換えます。
    • 詳細はbuild.propertiesを参照してください。特にパス関連に関しては十分確認してください。
  2. 「build.properties」の修正後、「/ant/build.xml」を右クリックしantタスクの「deploy」を選択して実行します。

7. Tomcatの起動および、実行確認

  1. デプロイ先のTomcatを起動します。

備考

インポート後にエラーが出る場合

  • 「インポートされた ~~ は見つかりません。」
    • WEB-INF/libフォルダ以下にあるWebアプリケーションライブラリーが認識されてない状態です。Eclipseを再起動することで解決します。
  • 「~~ を解決できません。」
    • JSPのスクリプト変数を認識できてないために出ているエラーです。Eclipse画面にて「ウィンドウ」>「設定」>「検証」を選択し、「プロジェクトでこれらの設定を上書きを可能にする」にチェックを入れ「OK」を押します。その後プロジェクトを「右クリック」>「プロパティ」>「検証」を選択肢、「検証の設定の上書き」にチェックを入れ、「選択されたバリデーターはXxxx(プロジェクト名)が検証の際に実行されます:」の、「JSP構文バリデーター」のチェックをはずします。その後、Eclipseを再起動すると解決します。

サーバー始動後にエラーが出る場合

  • 「リソース ~~はファイル・システムと同期がとれていません。」
    • Eclipse上のキャッシュと実ファイルの同期が取れていない状態です。該当のプロジェクトを「右クリック」>「更新」すると解決します。
  • 「context.xml」の変更が反映されない場合(非WTP環境)
    • 非WTP環境で「context.xml」を修正しても 変更が反映されない場合は、「<TOMCATホーム>/conf/Catalina/localhost/functionsample-thin.xml」を削除後に Tomcatを起動してください。