Projektbeschreibung

Generating a set of common library routines for a split stack run time, as a demonstration of the assembly language technique. スタックを二つの用途にしたがって分割するランタイム用の共通ライブラリを定義しつつです。これはスプリットスタックの技術を見せて説くためです。

The collection of routines is inspired by 1970s era fig (Forth Interest Group) Forth code, but I am not following very many fig Forth conventions beyond the split stack. 1070年代の Forth Interest Group が提供してくださった fig Forth のコードに鼓舞して作っているにしても、分岐スタック以外はその技法に因んで作っていません。

Also inspired by a novel I am trying to writ3: また、只今作文中のつもりの小説に大きい影響を受けている:

https://joelrees-novels.blogspot.com/2020/01/33209-2nd-Microcomputer-Revolution-Homecoming-TOC.html

If things go well, this should yield a Forth-like interpreter with a high degree of portability. 巧く行けば、移植性の高いフォース言語のような解釈型言語が内に出来上がるはずです。

I am focusing on the 6800, 6801, 6809, and 68000, because these are the processors I know really well. 自分のよくわかる 6800, 6801, 6809 や 68000 に集中して作っていくつもりです。

Ported to ARM or other useful processors, these may be of use in the broader, more "up to date" community. ARM やその他の利用性のあるプロセッサーに移植すれば、もっと現代的に、もっと広い世界にも活躍できるかもしれません。

At any rate, they should be useful among the retro-computing community, in constructing compilers, interpreters, OSses, etc. 取り敢えず、レトロコンピューティング界に、コンパイラ、インタープリター、操作体型のシステムなどの作成に役立つでしょう。

Bewertung
Ihr Bewertung
Rezensionen verfassen

Statistiken

Kürzliche Aktivitäten

2020-10-22
22:23
Split Stack Runtime -- 分岐型スタックの稼働環境
2020-10-18
23:06
Split Stack Runtime -- 分岐型スタックの稼働環境
2020-10-16
22:22
Split Stack Runtime -- 分岐型スタックの稼働環境
[Git] commits were pushed to 'splitstack-runtimelib' (current: d9e6cb992326e58a7bce856a0e954c2481d8e069)
symbols in _WORD_, 68K bit div, 8080 code assembles?, a couple more primitives.
2020-10-12
21:29
Split Stack Runtime -- 分岐型スタックの稼働環境
2020-10-11
01:56
Split Stack Runtime -- 分岐型スタックの稼働環境
Historie anzeigen