• R/O
  • SSH
  • HTTPS

nvdajp: Commit


Commit MetaInfo

Revision96 (tree)
Zeit2014-01-02 19:15:54
Autornishimoto

Log Message

updated instantTranslate.ja.po

Ändern Zusammenfassung

Diff

--- sandbox/website/addons/instantTranslate.ja.po (revision 95)
+++ sandbox/website/addons/instantTranslate.ja.po (revision 96)
@@ -7,8 +7,8 @@
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: NVDA Community Addons website\n"
99 "POT-Creation-Date: 2013-11-28 14:30+0000\n"
10-"PO-Revision-Date: 2013-12-31 17:28+0900\n"
11-"Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>\n"
10+"PO-Revision-Date: 2014-01-02 19:15+0900\n"
11+"Last-Translator: Takuya Nishimoto, Haruka Kaneko <nishimotz@gmail.com>\n"
1212 "Language-Team: Japanese <nvdajp@nvda.jp>\n"
1313 "Language: ja\n"
1414 "MIME-Version: 1.0\n"
@@ -39,8 +39,8 @@
3939 "This add-on is used to translate selected and/or clipboard text from one "
4040 "language to another. This is done using the Google Translate service."
4141 msgstr ""
42-"これは、選択されたテキストやクリップボードテキストの言語を、別の言語に翻訳す"
43-"るアドーンです。Google翻訳サービスを使用しています。"
42+"このアドオンは選択されたテキストやクリップボードのテキストをある言語から別の"
43+"言語に翻訳します。Google翻訳サービスを使用しています。"
4444
4545 #. type: Title ##
4646 #, no-wrap
@@ -62,8 +62,8 @@
6262 "言語設定を行うには、「NVDAメニュー」→「設定」→「インスタント翻訳の設定」を実"
6363 "行してください。\n"
6464 "すると、「翻訳元の言語」、「翻訳先の言語」、そして「翻訳元の言語」で「言語の自"
65-"動検出」を選択した場合は「Language for swapping」という三つのコンボボックスが"
66-"表示されます。"
65+"動検出」を選択した場合は「入れ替え言語」という三つのコンボボックスが表示され"
66+"ます。"
6767
6868 #. type: Plain text
6969 msgid ""
@@ -75,12 +75,11 @@
7575 "extremely useful if the source language of the text you want translate is "
7676 "the target language."
7777 msgstr ""
78-"「言語の自動検出」を選択した場合、「auto-swap」のチェックボックスが現れます。"
79-"チェックを入れると、then the addon tries to commute automatically from your "
80-"source and target configuration to a configuration  where target becomes "
81-"the source language, and language selected in \"Language for swapping\" "
82-"combo is the new target language; extremely useful if the source language of "
83-"the text you want translate is the target language.\n"
78+"「言語の自動検出」を選択した場合、「言語の入れ替えを翻訳元と翻訳先が同じでも実行"
79+"する」のチェックボックスが現れます。チェックを入れると、翻訳元の言語と翻訳先の"
80+"言語を入れ替えたときに、「入れ替え言語」のコンボボックスで選択された言語を新"
81+"しい翻訳先言語に設定します。この機能は、翻訳したいテキストの翻訳元言語と翻訳"
82+"先言語が同じになってしまうときに特に有効です。"
8483
8584 #. type: Plain text
8685 msgid ""
@@ -88,9 +87,8 @@
8887 "(it's experimental), try to commute manually to a stable configuration, "
8988 "using the gesture for swapping described below."
9089 msgstr ""
91-"ですが、これは実験的な機能なので一時的な設定となります。\n"
92-"効果がない場合は、下記の説明にある安定した手動設定のジェスチャーに交代したい"
93-"と思います。"
90+"ただし、これは一時的な設定です。これは実験的な機能なので、効果がない場合は、"
91+"下記の説明にある手動操作で確実に設定できます。"
9492
9593 #. type: Title ##
9694 #, no-wrap
@@ -113,10 +111,9 @@
113111 "translated string will be read, providing that the synthesizer you are using "
114112 "supports the target language."
115113 msgstr ""
116-"テキストを選択してください(Shiftと矢印キーを使うなど)。\n"
117-"それからShift+NVDA+Tを押すと選択されたテキストが翻訳されます。そして、翻訳さ"
118-"れたテキストに赤い下線が引かれ、翻訳後の言語をサポートしている音声合成が読み"
119-"上げます。"
114+"まずテキストを選択してください(例えばShiftと矢印キーを使います)。それから"
115+"NVDA+Shift+Tを押すと選択されたテキストが翻訳されます。翻訳先の言語をサポート"
116+"している音声合成であれば、翻訳されたテキストを読み上げます。"
120117
121118 #. type: Bullet: '2. '
122119 #| msgid ""
@@ -126,13 +123,13 @@
126123 "Copy some text to clipboard. Then press Shift+NVDA+Y to translate the text "
127124 "in the clipboard to the target language."
128125 msgstr ""
129-"クリップボードにテキストをコピーできます。\n"
130-"Shift+NVDA+Yを押すと、クリップボードのテキストが翻訳先の言語に翻訳されます。"
126+"クリップボードにテキストをコピーしてください。\n"
127+"NVDA+Shift+Yを押すと、クリップボードのテキストが翻訳先の言語に翻訳されます。"
131128
132129 #. type: Title ##
133130 #, no-wrap
134131 msgid "Other useful commands"
135-msgstr "そのた便利なコマンド"
132+msgstr "その他の便利なコマンド"
136133
137134 #. type: Bullet: '* '
138135 msgid ""
@@ -139,8 +136,8 @@
139136 "NVDA+shift+r: pressed once, announce current configuration; pressed twice, "
140137 "swap source and target languages."
141138 msgstr ""
142-"NVDA+shift+r: 1回雄お、現在の設定を通知します。2回押すと、翻訳先言語と翻訳元"
143-"言語を交換します。"
139+"NVDA+shift+r: 1回押すと、現在の設定を通知します。2回押すと、翻訳先言語と翻訳"
140+"元言語を交換します。"
144141
145142 #. type: Title ##
146143 #, no-wrap
@@ -150,7 +147,7 @@
150147
151148 #. type: Bullet: '* '
152149 msgid "Implemented swapping languages."
153-msgstr "swapping languages.を実装しました。"
150+msgstr "言語の入れ替えを実装しました。"
154151
155152 #. type: Bullet: '* '
156153 msgid ""
@@ -158,12 +155,12 @@
158155 "if we are in readonly pane, but remember that this will work before first "
159156 "restart of nvda."
160157 msgstr ""
161-"設定画面のフォーマットを変更しました。読み取り専用のウィンドー枠を変更しまし"
162-"た。読み取り専用のウィンドーはnvdaの再起動前に現れます。"
158+"設定画面のフォーマットを変更して、読み取り専用のペインにいる場合も設定を変更"
159+"できるようになりました。ただし設定変更はNVDAを再起動するまで有効です。"
163160
164161 #. type: Bullet: '* '
165162 msgid "Removed limit on amount of text that can be translated."
166-msgstr "翻訳可能な文字制限を削除しました。"
163+msgstr "翻訳可能な文字数の制限をなくしました。"
167164
168165 #. type: Bullet: '* '
169166 msgid "Added shortcut t to the Instant Translate Settings menu item"
@@ -177,7 +174,7 @@
177174
178175 #. type: Bullet: '* '
179176 msgid "Added a checkbox for configuring copying translation results."
180-msgstr "「翻訳結果のをピーする」にチェックボックスを追加しました。"
177+msgstr "「翻訳結果をコピーする」にチェックボックスを追加しました。"
181178
182179 #. type: Bullet: '* '
183180 msgid "Store config file in the root of settings folder."
@@ -216,11 +213,11 @@
216213
217214 #. type: Bullet: '* '
218215 msgid "Added addon menu item found under preferences menu."
219-msgstr "「設定menu」にアドーンのmenuを追加しました。"
216+msgstr "「設定メニュー」にアドオンのメニューを追加しました。"
220217
221218 #. type: Bullet: '* '
222219 msgid "Settings now is written in separate config file."
223-msgstr "設定情報を、また別の設定ファイルに書き込むようにしました。"
220+msgstr "設定情報を、独立した設定ファイルに書き込むようにしました。"
224221
225222 #. type: Bullet: '* '
226223 msgid ""
@@ -227,7 +224,8 @@
227224 "Translation results now automatically copies into the clipboard for future "
228225 "manipulations."
229226 msgstr ""
230-"将来的に、翻訳結果を自動でクリップボードにコピー操作ができるようにします。"
227+"翻訳結果を再利用できるようにするために、翻訳結果を自動でクリップボードにコ"
228+"ピーするようになりました。"
231229
232230 #. type: Title ##
233231 #, no-wrap
@@ -236,7 +234,7 @@
236234
237235 #. type: Bullet: '* '
238236 msgid "Initial version."
239-msgstr "イニシャルバージョン"
237+msgstr "最初のバージョン"
240238
241239 #. type: Plain text
242240 #, no-wrap
Show on old repository browser