• R/O
  • SSH
  • HTTPS

nvdajp: Commit


Commit MetaInfo

Revision100 (tree)
Zeit2014-02-10 20:37:27
Autornishimoto

Log Message

updated devDocs

Ändern Zusammenfassung

Diff

--- sandbox/website/devDocs/devDocs.ja.po (revision 99)
+++ sandbox/website/devDocs/devDocs.ja.po (revision 100)
@@ -3,23 +3,22 @@
33 # This file is distributed under the same license as the PACKAGE package.
44 # FIRST AUTHOR <EMAIL@ADDRESS>, YEAR.
55 #
6-#, fuzzy
76 msgid ""
87 msgstr ""
9-"Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
10-"POT-Creation-Date: 2013-12-14 22:15+0000\n"
11-"PO-Revision-Date: YEAR-MO-DA HO:MI+ZONE\n"
12-"Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
8+"Project-Id-Version: devDocs\n"
9+"POT-Creation-Date: 2014-01-12 22:25+0000\n"
10+"PO-Revision-Date: 2014-01-28 22:21+0900\n"
11+"Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>, Kojiro Kuyo <kuyo@bitstoyama.com>\n"
1312 "Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
14-"Language: \n"
1513 "MIME-Version: 1.0\n"
1614 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
1715 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
16+"X-Generator: Poedit 1.5.7\n"
1817
1918 #. type: Plain text
2019 #, no-wrap
2120 msgid "[[!meta title=\"NVDA Add-on Development Guide\"]]\n"
22-msgstr ""
21+msgstr "[[!meta title=\"NVDA Add-on 開発者ガイド\"]]\n"
2322
2423 #. type: Plain text
2524 msgid ""
@@ -27,6 +26,9 @@
2726 "NvDA add-ons are developed, as well as explaining some useful code segments "
2827 "from NvDA core source code useful when writing add-ons."
2928 msgstr ""
29+"NVDAアドオン開発者ガイドへようこそ。このガイドは、アドオンを製作する時に役に"
30+"立つNVDAコアのソースコード・セグメントについて解説 すると同時に、NVDAアドオン"
31+"の開発方法について記述したワンステップガイドです。"
3032
3133 #. type: Plain text
3234 msgid ""
@@ -35,11 +37,14 @@
3537 "familiarize yourself with key terms and basics on getting started with add-"
3638 "on development."
3739 msgstr ""
40+"NVDA開発について詳細は、[NvDA開発コミュニティーのページ][1]をご覧ください。ア"
41+"ドオンの開発を始めるために重要事項と基本に慣れるために[NVDA開発者ガイド][2]を"
42+"必ずよくお読みください。"
3843
3944 #. type: Title ##
4045 #, no-wrap
4146 msgid "Audience"
42-msgstr ""
47+msgstr "対象者"
4348
4449 #. type: Plain text
4550 msgid ""
@@ -48,6 +53,10 @@
4853 "who are familiar with Python or other programming languages and/or familiar "
4954 "with NvDA source code structure."
5055 msgstr ""
56+"このガイドは、Python及びその他のプログラム言語に精通している方や、NvDAソース"
57+"コードの構造に精通しているエキスパート、パワーユーザー、及びプログラマはもち"
58+"ろんのこと、一般のPythonユーザー、またはNVDA開発をするのは初めてというビギ"
59+"ナーの両者のために書かれています。"
5160
5261 #. type: Plain text
5362 msgid ""
@@ -57,11 +66,16 @@
5766 "new to NvDA development, please checkout NVDA development Guide and Design "
5867 "Overview document, both of which can be found on the NVDA Community website."
5968 msgstr ""
69+"もしNVDAアドオンまたはコアの開発をするのが初めてならば、このガイドを理解する"
70+"ため、まず最初に、そのプログラミングバックグラウンドであるPythonを理解される"
71+"ことをお勧めします。あなたがPythonプログラマであるけれどもNvDAの開発をするの"
72+"が初めてならば、チェックアウトNVDA開発者ガイドと設計概要を文書化した(両方が"
73+"NVDAコミュニティのウェブサイト上に掲載されています)。"
6074
6175 #. type: Title ###
6276 #, no-wrap
6377 msgid "Authors, contributions and copyright"
64-msgstr ""
78+msgstr "作者、貢献者と著作権"
6579
6680 #. type: Plain text
6781 msgid ""
@@ -68,6 +82,8 @@
6882 "This guide was originally written by Joseph Lee and is shaped by NVDA user "
6983 "and developer community. We welcome your feedback and contributionn."
7084 msgstr ""
85+"このガイドはジョセフ・リーによって書かれ、NVDAユーザと開発コミュニティによっ"
86+"てまとめられます。私達はあなたのフィードバックと貢献を歓迎します。"
7187
7288 #. type: Plain text
7389 msgid ""
@@ -77,11 +93,16 @@
7793 "Python is copyright Python Foundation. Other products mentioned are "
7894 "copyrighted by authors of these products."
7995 msgstr ""
96+"著作権: NVDA is copyright 2006-2013 NV Access. Microsoft Windows、Microsoft "
97+"Office、Win32 API、および他のMS製品の著作権はMicrosoft Corporationに帰属しま"
98+"す。IAccessibleパッケージの著作権はIBM及びLinux財団に帰属します。Pythonの著作"
99+"権はPython Foundationに帰属します。その他製品の著作権は各製品の作者に帰属しま"
100+"す。"
80101
81102 #. type: Title ##
82103 #, no-wrap
83104 msgid "System requirements"
84-msgstr ""
105+msgstr "システム用件"
85106
86107 #. type: Plain text
87108 msgid ""
@@ -88,6 +109,8 @@
88109 "To create an add-on for NVDA, please make sure the following system "
89110 "requirements are met:"
90111 msgstr ""
112+"NVDAアドオンを作成するためには、以下のシステム用件を満たしていることをご確認"
113+"ください:"
91114
92115 #. type: Bullet: '* '
93116 msgid ""
@@ -95,22 +118,26 @@
95118 "installed version will work, but we strongly recommend that you install a "
96119 "copy of NVDA on your development computer)."
97120 msgstr ""
121+"NVDAのバージョンは、ポータブル版、インストール版のどちらでもかまいませんが、"
122+"開発を行うコンピュータにNVDAをインストールしておくことを推奨します。"
98123
99124 #. type: Bullet: '* '
100125 msgid "Python 2.7 series, version 2.7.5 32-bit for Windows."
101-msgstr ""
126+msgstr "Python2.7シリーズ、version 2.7.5 32-bit for Windows."
102127
103128 #. type: Bullet: '* '
104129 msgid "SCons 2, version 2.3.0 for generating add-on packages."
105-msgstr ""
130+msgstr "SCons 2, version 2.3.0 アドオンパッケージを生成する際に使用します。"
106131
107132 #. type: Bullet: '* '
108133 msgid "Markdown 2.0.1 or later for generating add-on documentation."
109-msgstr ""
134+msgstr "Markdown 2.0.1以降 アドオン文書類を生成する際に使用します。"
110135
111136 #. type: Bullet: '* '
112137 msgid "GNU Gettext package for Windows for message localization support."
113138 msgstr ""
139+"GNU Gettext package for Windows メッセージの多言語化をサポートする際に使用し"
140+"ます。"
114141
115142 #. type: Bullet: '* '
116143 msgid ""
@@ -118,6 +145,9 @@
118145 "Bitbucket (optional, see below). You can use various Git clients, such as "
119146 "Git Bash, Cygwin's Git, Tortoise Git and so forth."
120147 msgstr ""
148+"Git 1.7.9 もしくはそれ以降のバーション アドオンをアップロードするさいにに使用"
149+"します。Git Bash、Cygwin's Git、Tortoise Gitなどなどの様々なGitクライアントが"
150+"利用可能です。"
121151
122152 #. type: Bullet: '* '
123153 msgid ""
@@ -125,15 +155,18 @@
125155 "packaging and management (optional; [click here][3] to download the add-on "
126156 "template)."
127157 msgstr ""
158+"NVDAコミュニティにはアドオンテンプレートや簡単なアドオンファイル、及びアドオ"
159+"ンパッケージを用意しています。(アドオンテンプレートをダウンロードするには[こ"
160+"こをクリック][3]してください。)"
128161
129162 #. type: Bullet: '* '
130163 msgid "Additional Python modules or dependencies for your add-on."
131-msgstr ""
164+msgstr "あなたが作成するアドオンに必要なPython追加モジュール。"
132165
133166 #. type: Title ##
134167 #, no-wrap
135168 msgid "What are add-ons?"
136-msgstr ""
169+msgstr "アドオンって何?"
137170
138171 #. type: Plain text
139172 msgid ""
@@ -142,13 +175,16 @@
142175 "support for an application or adding support for newer braille displays or "
143176 "speech synthesizers."
144177 msgstr ""
178+"アドオンとは、NVDAの機能を拡張したり、NVDAがアプリケーションをサポートするた"
179+"めの追加パッケージです。アドオンはグローバルな機能を追加し、アプリケーション"
180+"への支持を強化したり、新たな点字ディスプレイまたは音声エンジンに対応できる可"
181+"能性があります。"
145182
146183 #. type: Plain text
147-msgid ""
148-"Currently, the following add-on modules are supported. Note that an add-on "
149-"may include more than one add-on modules such as a global plugin and a "
150-"speech synthesizer packaged into one add-on."
184+msgid "An add-on may include one or more of the following components:"
151185 msgstr ""
186+"ひとつのアドオンは以下のひとつまたは複数のコンポーネントを含むことができま"
187+"す。"
152188
153189 #. type: Bullet: '* '
154190 msgid ""
@@ -155,6 +191,8 @@
155191 "Global plugin: A global plugin adds features for NVDA which can be used "
156192 "anywhere, such as OCR capability."
157193 msgstr ""
194+"グローバルプラグイン:グローバルプラグインはどの場面でも使うことができるプラ"
195+"グインで、例えばOCR等、NVDAの可能性を広げる機能を追加することができます。"
158196
159197 #. type: Bullet: '* '
160198 msgid ""
@@ -161,6 +199,9 @@
161199 "App module: An app module allows enhanced support for a program, such as "
162200 "specific windows or controls of a program such as audio editors."
163201 msgstr ""
202+"Appモジュール:Appモジュールは特定のウィンドウに指示を与えたり、オーディオエ"
203+"ディタのようなプログラムのコントロールなど、アプリケーション対応機能の強化を"
204+"図ります。"
164205
165206 #. type: Bullet: '* '
166207 msgid ""
@@ -167,40 +208,51 @@
167208 "Driver: A driver allows a program to talk to hardware. Currently one can "
168209 "write drivers for new braille displays or speech synthesizers."
169210 msgstr ""
211+"ドライバ:ドライバは、プログラムがハードウェアに働きかけることを可能にしま"
212+"す。現在、新しい点字ディスプレイや音声エンジンをサポートするために、ドライバ"
213+"を作成することができます。"
170214
171215 #. type: Plain text
172216 msgid ""
173-"Each NVDA add-on package (composed of one or more add-on modules) is a zip "
174-"file with the file extension of .nvda-addon. These can be installed via Add-"
175-"ons Manager, found in NvDA 2012.2 or later. Alternativley, one can install "
176-"them from file manager if one uses NVDA 2012.3 or later installed on the "
177-"computer."
217+"Each NVDA add-on package (composed of one or more components) is a zip file "
218+"with the file extension of .nvda-addon. These can be installed via Add-ons "
219+"Manager, found in NvDA 2012.2 or later. Alternatively, one can install them "
220+"from file manager if one uses NVDA 2012.3 or later installed on the computer."
178221 msgstr ""
222+"各NVDAアドオンパッケージ(一個または複数のアドオンモジュールから構成されていま"
223+"す)は、 .nvda-addon という名前のファイル拡張子を持つzipファイルです。これらは"
224+"アドオンマネージャー経由でインストールされます。これはNVDA 2012.2以降のバー"
225+"ジョンに備わっています。NVDA 2012.3以降を使うならば、別の方法として、ファイル"
226+"マネージャからそれらをインストールすることができます。"
179227
180228 #. type: Plain text
181229 msgid ""
182-"Throughout this guide, we refer to standard NVDA modules which comes with "
183-"NVDA as \"NvDA Core\" to distinguish it from add-on modules."
230+"Throughout this guide, we refer to standard NVDA python modules which comes "
231+"with NVDA as \"NvDA Core\" to distinguish it from add-on modules."
184232 msgstr ""
233+"このガイドでは、スタンダードなNVDAモジュールを、アドオンモジュールと区別する"
234+"ために、「NvDAコア」と呼びます。"
185235
186236 #. type: Title ##
187237 #, no-wrap
188238 msgid "Setting up the add-on development environment"
189-msgstr ""
239+msgstr "アドオン開発環境の構築"
190240
191241 #. type: Plain text
192242 msgid "Follow these steps to prepare your computer for writing NVDA add-ons."
193-msgstr ""
243+msgstr "以下の手順に従って、アドオン開発環境を整えてください。"
194244
195245 #. type: Title ###
196246 #, no-wrap
197247 msgid "Installing dependencies"
198-msgstr ""
248+msgstr "依存パッケージのインストール"
199249
200250 #. type: Bullet: '1. '
201251 msgid ""
202252 "If you don't have NVDA, download and install NVDA from NV access website."
203253 msgstr ""
254+"まだNVDAをおもちでなければ、 NV accessのサイトからダウンロードし、インストー"
255+"ルしてください。"
204256
205257 #. type: Bullet: '2. '
206258 msgid ""
@@ -207,14 +259,20 @@
207259 "Install Python 2.7.x 32-bit on your computer (if using Windows, install "
208260 "using the 32-bit Windows installer package)."
209261 msgstr ""
262+"Python 2.7.x 32ビット版をインストールしてください (もしWindowsをお使いであれ"
263+"ば 、Windows 32ビット版インストールパッケージを使ってください)."
210264
211265 #. type: Bullet: '3. '
212266 msgid "Install Markdown and SCons using their Windows installer packages."
213267 msgstr ""
268+"Markdown 及びSCons のWindows版インストールパッケージをインストールしてくださ"
269+"い。"
214270
215271 #. type: Bullet: '4. '
216272 msgid "If you plan to share your add-on code with others, install Git clients."
217273 msgstr ""
274+"もしアドオンのソースコードを他の人とシェアする計画があるならば、Git クライア"
275+"ントをインストールします。"
218276
219277 #. type: Bullet: '5. '
220278 msgid ""
@@ -221,6 +279,8 @@
221279 "Paste the Gettext executable files to your add-on development folder (see "
222280 "the next section on add-on development folder)."
223281 msgstr ""
282+"Gettext 実行ファイルを、アドオン開発フォルダにペーストしてください(アドオン"
283+"開発フォルダについては次の段落をご覧ください)。"
224284
225285 #. type: Bullet: '6. '
226286 msgid ""
@@ -227,11 +287,13 @@
227287 "If you are developing support for a program, speech synthesizer or a braille "
228288 "display, install the needed software and/or have the hardware handy."
229289 msgstr ""
290+"もし、音声エンジンまたは点字ディスプレイをサポートするプログラムを作成なら"
291+"ば、それらに必要なソフトウェア及びハードウェアをご用意ください。"
230292
231293 #. type: Title ###
232294 #, no-wrap
233295 msgid "The add-on development folder"
234-msgstr ""
296+msgstr "アドオン開発フォルダ"
235297
236298 #. type: Plain text
237299 msgid ""
@@ -239,6 +301,9 @@
239301 "separate folders, one per add-on. If you chose to download the add-on "
240302 "template, the folder structure will be automatically created."
241303 msgstr ""
304+"アドオンを作成する時には、それ専用のフォルダ、1つのアドオンに対して1個のフォ"
305+"ルダに、アドオンコードを収めることをお勧めします。アドオンテンプレートをダウ"
306+"ンロードして使用されるなら、フォルダ構造は自動的に作成されます。"
242307
243308 #. type: Plain text
244309 msgid ""
@@ -245,11 +310,13 @@
245310 "Once you install the needed dependencies (see above), paste the Gettext "
246311 "package executables into this add-on folder."
247312 msgstr ""
313+"必要な依存パッケージ(上記を見てください)をインストールしたら、このアドオン"
314+"フォルダの中にGettextパッケージの実行形式ファイルを貼り付けてください。"
248315
249316 #. type: Title ###
250317 #, no-wrap
251318 msgid "Add-on folder structure"
252-msgstr ""
319+msgstr "アドオンフォルダの構造"
253320
254321 #. type: Plain text
255322 msgid ""
@@ -256,6 +323,8 @@
256323 "Each add-on folder, at a minimum, must contain the following files and "
257324 "folders:"
258325 msgstr ""
326+"各アドオンフォルダは、最低限、以下のファイルとフォルダを含まなければなりませ"
327+"ん:"
259328
260329 #. type: Plain text
261330 #, no-wrap
@@ -263,6 +332,8 @@
263332 " * manifest.ini to store manifesst information such as add-on name and author.\n"
264333 "* An \"addon\" subfolder with the add-on module directory underneath this subfolder (appModules, globalPlugins, synthDrivers, brailleDisplays). One or more module folders can be specified.\n"
265334 msgstr ""
335+" * manifest.ini アドオンの名前や制作者等の情報を記述します。\n"
336+"*\"addon\" サブフォルダ この下に、(appModules, globalPlugins, synthDrivers, brailleDisplays)等のアドオンモジュールディレクトリを持つフォルダです。1つ以上または複数のモジュールフォルダを指定することができます。\n"
266337
267338 #. type: Plain text
268339 msgid ""
@@ -272,15 +343,20 @@
272343 "in the template folder for more information on customizing your add-on "
273344 "manifest using the template files."
274345 msgstr ""
346+"アドオンテンプレートを使っているなら、フォルダ構造は自動的に作成されますか"
347+"ら、このフォルダの中のaddonサブフォルダとアドオンモジュールフォルダ(複数可)と"
348+"コードだけを作成する必要があります。テンプレートファイルを使ってアドオンを作"
349+"成したりカスタマイズする方法についての詳細な説明は、テンプレートフォルダの中"
350+"のreadmeファイルをご覧ください。"
275351
276352 #. type: Title ###
277353 #, no-wrap
278354 msgid "Packaging add-ons"
279-msgstr ""
355+msgstr "アドオンのパッケージング"
280356
281357 #. type: Plain text
282358 msgid "There are two ways of packaging add-ons:"
283-msgstr ""
359+msgstr "アドオンをパッケージングするには2つの方法があります:"
284360
285361 #. type: Bullet: '1. '
286362 msgid ""
@@ -287,6 +363,8 @@
287363 "To package your add-on manually, zip up (compress) your add-on folder as a ."
288364 "zip file, then rename the file extension to .nvda-addon."
289365 msgstr ""
366+"手動でアドオンをパッケージングするには、アドオンフォルダをzipファイルとして圧"
367+"縮したあと、そのファイルの拡張子を.zipから.nvda-addonにリネームしてください。"
290368
291369 #. type: Bullet: '2. '
292370 msgid ""
@@ -294,6 +372,9 @@
294372 "administrator mode (Windows Vista or later), change to your add-on folder "
295373 "and type `scons~."
296374 msgstr ""
375+"アドオンテンプレートとSConsを使って作成するには、まず管理者モード(Windows "
376+"Vistaまたはそれ以降の場合)でコマンドプロンプトを開き、アドオンフォルダに移動"
377+"して、 scons とタイプしてください。"
297378
298379 #. type: Plain text
299380 msgid ""
@@ -300,11 +381,12 @@
300381 "For more information on add-on management, see the management chapter in "
301382 "this guide."
302383 msgstr ""
384+"アドオン管理における詳細については、このガイドの管理の章をご覧ください。"
303385
304386 #. type: Title ##
305387 #, no-wrap
306388 msgid "Getting started: Hands-on examples"
307-msgstr ""
389+msgstr "さあ始めましょう:実際例"
308390
309391 #. type: Plain text
310392 msgid ""
@@ -313,6 +395,10 @@
313395 "it gives you basic information to get you started with add-ons and give you "
314396 "tips on writing code."
315397 msgstr ""
398+"それでは、あなたはアドオンの冒険の旅に出発する準備ができていると思いますが、"
399+"どのようにしてそれが蘇生させるかについてまだ確信していませんね?もしそうなら"
400+"どうぞ、アドオンの開発を始めるために、コードを書くことについての秘訣を与える"
401+"ために、それがあなたに基礎情報を与える時に、この章に目を通してください。"
316402
317403 #. type: Plain text
318404 msgid ""
@@ -321,6 +407,10 @@
321407 "configuration folder (available from Start Menu/Screen if NVDA is installed) "
322408 "to store our example Python files."
323409 msgstr ""
410+"メモ:この章では、実際のアドオンパッケージは使用しません。代わりに、プラグイ"
411+"ンフォルダを使います - 例Pythonファイルを格納するフォルダで、NVDAのユーザー設"
412+"定フォルダ中の多くのサブディレクトリ(NVDAがインストールされるならスタートメ"
413+"ニュー/スクリーンから入手可能です)。"
324414
325415 #. type: Plain text
326416 msgid ""
@@ -327,31 +417,33 @@
327417 "To edit .py files, you need a word processor which can handle .py files. The "
328418 "best one we recommend is Notepad++."
329419 msgstr ""
420+".pyファイルを編集するために、.pyファイルを処理することができるテキストエディ"
421+"タが必要です。我々が推奨する最もよいものはNotepad++です。"
330422
331423 #. type: Title ###
332424 #, no-wrap
333425 msgid "How add-on code is organized"
334-msgstr ""
426+msgstr "アドオンコードの作成方法"
335427
336428 #. type: Plain text
337429 #, no-wrap
338430 msgid " Your add-on code is stored in one or more Python files (.py file). Despite different kinds of add-ons out there, they all have similar layout.\n"
339-msgstr ""
431+msgstr "アドオンコードは1つまたは複数のPythonファイル(.pyファイル)に記述します。世の中にはさまざまな種類のアドオンが存在しますが、それらはみな同じようなレイアウトで記述されています。\n"
340432
341433 #. type: Plain text
342434 #, no-wrap
343435 msgid " First, you start by writing an optional header for your add-on, such as your name, a brief sentence or two on what the add-on is for and so on. Although this is optional, it is recommend that you write the header as a reminder to keep track of what you are doing with your add-on.\n"
344-msgstr ""
436+msgstr "まず最初に、アドオンがあるものの上のあなたの名前、1、2の短いセンテンスなどなどのあなたのアドオンのためにオプショナル・ヘッダを書くことから始めます。これはオプションですが、あなたのアドオンにさせたいことに絶えず注意するために、リマインダーとしてヘッダを書くことを勧めます。\n"
345437
346438 #. type: Plain text
347439 #, no-wrap
348440 msgid " Next, you tell NVDA the modules you need for your add-on file. This is done by writing `import module` where module is the name of the module you wish to use in your code. For example, if you want to hear tones while writing your add-on, write `import tones`. Typically you may need to import two or more modules for your specific add-on (see below on list of modules you need for the type of add-on module you are writing).\n"
349-msgstr ""
441+msgstr "次に、アドオンファイルに必要なNVDAモジュールを伝えます。あなたがコードの中で使うことを希望するモジュールの名前で、`import module` と記述することによって指定します。例えば、アドオンを書く間に、tonesを聞きたいならば、`import tones`と書いてください。一般に、具体的な、アドオン(あなたがアドオンモジュールのタイプのために必要なモジュールのリストの上で、あなたが書いていると下でわかってください).のために1つあるいは2つ以上のモジュールをインポートする必要があるかもしれません。\n"
350442
351443 #. type: Plain text
352444 #, no-wrap
353445 msgid " after declaring the modules you need or import, you write your add-on code (defining classes, variables, methods and so on). The most important section is the add-on class code, which will determine the type of add-on module your code will be assigned to.\n"
354-msgstr ""
446+msgstr "必要なモジュールをインポート宣言したあと、アドオンコード(定義するクラス、変数、手順など)を書きます。最も重要な節はアドオンクラスコードで、それは、あなたが作るアドオンモジュールの種類を決定づけます。\n"
355447
356448 #. type: Plain text
357449 #, no-wrap
Show on old repository browser