Ticket #20029

MIMIC_DCMをXilinxのライブラリが無くても動くようにする

Eröffnet am: 2009-12-28 00:02 Letztes Update: 2009-12-28 00:02

Auswertung:
Verantwortlicher:
Status:
Offen [Owner assigned]
Komponente:
(Keine)
Meilenstein:
(Keine)
Priorität:
5 - Mittel
Schweregrad:
5 - Mittel
Lösung:
Keine
Datei:
Keine

Details

ハードウェア技術者側で用意したtar.bz2ファイルを展開するだけで、ソフトウェア技術者向けの環境ができあがる、ということを実現したい。


その実現には、NOODLYBOXを「ライセンスの取得を必要とするソフトウェア」に依存せずに動作するように変えるのが望ましい。(ISEやModelSimはインストールサイズが巨大であり、また、ライセンスの取得には個人情報の提供が必要なので、自分のPCに入れたいと思うソフト屋はごく少数だろう)


シミュレータはModelSimの代わりにIcarus VerilogまたはGHDLを使えば問題ないが、シミュレートするHDLでXilinxのプリミティブを呼び出していると、ISEが必要になってしまう。(unisim以下のソースだけで十分なのだが、それだけ再配布するのはライセンス的にまずいだろう)


現在のmimic.rbはプリミティブ「DCM」を置き換えることができるが、IBUFGなどは残ったままになる。IBUFGなども一緒に置き換えれば、Xilinxのソースから独立できる。

Ticket-Verlauf (1/1 Historien)

2009-12-28 00:02 Aktualisiert von: molelord
  • New Ticket "MIMIC_DCMをXilinxのライブラリが無くても動くようにする" created

Dateianhangliste

Keine Anhänge

Bearbeiten

You are not logged in. I you are not logged in, your comment will be treated as an anonymous post. » Anmelden