2022年06月25日 - 現在の作業状況

総括

  • ドキュメントの仮訳: 残り 3000 文節・12ファイル
  • ウェブサイト: 不定期で改訳を進めています。

ドキュメントの仮訳状況 (mini ベース)

nim_20220625_wip.png

最新版は GitHub のリポジトリではなく、プロジェクトのウェブサイトにあります (不定期更新)。

通信容量節約のため、オフライン版の更新はあまりしないと思います。

追記: 2022/07/15 現在

  • ドキュメントの仮訳: 残り 2300 文節・06ファイル

nim_20220715_wip.png

※manual_experimental.html と同一内容である manual_experimental_strictnotnil.html は除外してあります

tut1 ~ tut?, manual は tauplus 氏と KTakahiro1729 氏のサイトを参照してください (v1.4.0 以前対応。保守は終了しています)

来月の予定

状況が良ければ来月下旬までに仮訳完了と全体確認と Nim v.1.6.8 への移行できるでしょう。

翻訳しづらいので過度な期待は禁物です。

最近のお悩み

Nim の翻訳は辞めたいとおもっています。なんだか、自分の仕事ではないような。

本来、 Nim は流行るぞと喧伝していた某氏の仕事なんじゃないかと思います。

ここ最近、自分の翻訳活動の流れを見ると、「(私を利用するだけ利用して何も対価を払わず身銭を切らない) 他人の役に立つより」も

「自分が楽しみたい (他人の役に立つってのは食玩のビスケット程度)」方向へ移行しつつあります。

とりあえず、辞めると決断したときは、そっくり Nim 翻訳の仕事をお返ししますので、そのつもりで覚悟しておいてください。

追記

この調子でいけば、八月中に仮訳完了 → リライトと再翻訳・検証など修正作業に入ることはできるでしょうが 仮訳完了まで行ったら、今年度の Nim 関連の活動は辞めます。そこまで進めれば馬鹿にされる理由もないでしょう。

それに理由からすると、楽しめてないし、本来することができてないもので。

  • 翻訳機材の老朽化。十年くらい使っているので、もうボロボロです。
  • COVID-19 BR.5 の蔓延でストレスたまりまくって、電車旅ができてない。
  • 作るぞといっておきながら、翻訳ばかりしてまったく成果の出ていない例のクローンプロジェクト。
  • OpenMPT, Twinery の翻訳はまともに出来ていない。
  • オープンソース翻訳では仕事は来ないし、食っていけない。
  • stand.fm など活動の主軸をポッドキャストへ移したい。

などです。これまで誰も翻訳に手を貸していただけなかった……失望もありますが……。

辞めた後は Nim 2.x (2023 ~ 2024) が正式に出るまで放っておくかもしれませんし、二度と戻ってこないかもしれません。 あるいは、その間は暇を見て全面改訳をするでしょう。とはいえ、変化の激しい時代ですから、どうなるかはわかりません。 もっと良い処理系があれば、そちらに行くかもしれませんし。