Downloadliste

Sponsored link

Projektbeschreibung

お知らせ

MiMic1.4以降はmbed.orgで開発をすすめています。コアライブラリのソースコードとバイナリファイルの配布はこちらで行いますが、アプリケーションのソースコードはmbed.orgから取得してください。
https://mbed.org/users/nyatla/

MiMic project at mbed.org https://mbed.org/users/nyatla/

MiMic

MiMicは、高速な組込向けHTTPDを核としたWebAPIサーバです。最小構成では、32KBのメモリ、64KBのROMで動作します。

MiMicの情報は、プロジェクトのWebsiteで配信しています。
http://nyatla.jp/mimic/wp/

ドキュメント

導入マニュアルを含むドキュメントは、文章一覧から閲覧できます。 http://sourceforge.jp/projects/mimic/docman/

Systemanforderungen

Die Systemvoraussetzungen sind nicht definiert

Veröffentlicht: 2011-12-11 11:55
MiMic for LPC1769(LPCXpresso1769/mbed) 1.2.0 (1 files Verstecken)

Versionsanmerkungen

MiMic/1.2.0 The new MiMic runs on the mbed Cortex-M3.

MiMicSDK

  • Update the MiMic TCP stack. RTO estimator is enabled. Improved the performance of retransmission of high load condition. #26688
  • Update Ethernet driver. The new driver detects type of PHL(DP83848C/LAN8720) in startup. MiMicSDK can handle mbed-M3 and LPCXpresso by same binary file.。#26688

MiMicRemoteMCU

JavascriptAPI

  • Change the namespace "LPCXpresso1769" to "LPC1769". The "LPCXpresso1769" is changed to delivered from "LPC1769".
  • Add LPCXpresso1769.LED (Pin ID)
  • Add the namespace of "MbedM3"
  • Add some demo program in demo. for mbed and LPCXpresso1769.

MiMicIL editor

  • nothing

Firmware update is needed to use new function of 1.2.0.

MiMic/1.2.0 mbedにも対応しました。

MiMicSDK

  • TCPスタックの更新。RTO予測の実装により、高負荷時のレテンシを改善しました。#26688
  • イーサネットドライバを更新。DP83848C/LAN8720を起動時に判別して、ドライバをロードするようなりました。LPCXpresso1769/mbedの両方で、同一なバイナリが、イーサネット込みで動作します。#26688

MiMicRemoteMCU

JavascriptAPI

  • LPCXpresso1769ネームスペースをLPC1769に変更。LPCXpresso1769は、LPC1769ネームスペースを継承する形に変更。
  • LPCXpresso1769にLEDメンバを追加。
  • MbedM3ネームスペースを追加。
  • demoにmbed/LPCXpresso1769専用のものを追加。

MiMicIL editor

  • 変更はありません。

1.2.0の機能を利用するには、ファームウェアアップデートが必要です。

Änderungsprotokoll

Keine Änderungsprotokoll