• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

jm: Commit

翻訳ドキュメント管理用


Commit MetaInfo

Revision90f93198a801d8bb4409012396b600e31671c4e9 (tree)
Zeit2022-06-21 15:38:13
AutorAkihiro Motoki <amotoki@gmai...>
CommiterAkihiro Motoki

Log Message

dblatex: workaround for unexpexted indent in HTML

When man2html converts dblatex.1, it seems that man2html misunderstood
"DB2LaTeX" word as some roff directive if it is placed at the beginning
of line. As a result, the generated HTML contains <DD> HTML tag without
a closing tag </DD>. This leads to a situation that lines below this are
indented unexpexted. Apparently this is a bug of man2html we used,
but as a quick look it is not easy to be fixed.
A dirty workaround is to wrap lines before "これは、 DB2LaTeX ..."
to avoid starting a line with "DB2LaTeX".

Ändern Zusammenfassung

Diff

--- a/manual/dblatex/draft/man1/dblatex.1
+++ b/manual/dblatex/draft/man1/dblatex.1
@@ -45,8 +45,8 @@ dblatex \- DocBook を LaTeX, DVI, PostScript, PDF に変換する
4545 この man ページでは、 \fBdblatex\fP コマンドについて簡単に説明します。 詳しくは、 以降に示している PDF マニュアルを読んでください。
4646 .PP
4747 \fBdblatex\fP は、 SGML/XML の DocBook 文書を DVI, PostScript, PDF に変換するプログラムです。
48-その最初の処理においては、 純粋な LaTeX 文書への変換を行います。 MathML 2\&.0 マークアップもサポートしています。 これは、
49-DB2LaTeX のクローンとして始まりました。
48+その最初の処理においては、 純粋な LaTeX 文書への変換を行います。 MathML 2\&.0 マークアップもサポートしています。
49+これは、 DB2LaTeX のクローンとして始まりました。
5050 .SH オプション
5151 .PP
5252 オプションの概要を以下に示します。 完全な説明は PDF マニュアルを参照してください。
--- a/manual/dblatex/po4a/ja.po
+++ b/manual/dblatex/po4a/ja.po
@@ -7,7 +7,7 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: dblatex 0.3.12\n"
99 "POT-Creation-Date: 2021-10-18 12:58+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2021-11-25 17:33+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2022-06-21 15:29+0900\n"
1111 "Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
1212 "Language-Team: Linux JM project <linuxjm-discuss@lists.osdn.me>\n"
1313 "Language: ja\n"
@@ -81,6 +81,9 @@ msgid ""
8181 msgstr ""
8282 "この man ページでは、 B<dblatex> コマンドについて簡単に説明します。 詳しくは、 以降に示している PDF マニュアルを読んでください。"
8383
84+# 意図的に、最後の文の前の改行 (\n) を入れています。これがないと man2html での
85+# 変換時に DB2LaTeX で始まる部分が <DD> 扱いされ、次の行の .SH 以降の字下げが
86+# おかしくなります。暫定対策として \n を挿入しています。
8487 #. type: Plain text
8588 #: original/man1/dblatex.1:58
8689 msgid ""
@@ -89,9 +92,8 @@ msgid ""
8992 "process\\&. MathML 2\\&.0 markups are supported, too\\&. It started as a "
9093 "clone of DB2LaTeX\\&."
9194 msgstr ""
92-"B<dblatex> は、 SGML/XML の DocBook 文書を DVI, PostScript, PDF に変換するプログラムです。 "
93-"その最初の処理においては、 純粋な LaTeX 文書への変換を行います。 MathML 2\\&.0 マークアップもサポートしています。 これは、 "
94-"DB2LaTeX のクローンとして始まりました。"
95+"B<dblatex> は、 SGML/XML の DocBook 文書を DVI, PostScript, PDF に変換するプログラムです。 その最初の処理においては、 純粋な LaTeX 文書への変換を行います。 MathML 2\\&.0 マークアップもサポートしています。\n"
96+"これは、 DB2LaTeX のクローンとして始まりました。"
9597
9698 #. type: SH
9799 #: original/man1/dblatex.1:58
--- a/manual/dblatex/release/man1/dblatex.1
+++ b/manual/dblatex/release/man1/dblatex.1
@@ -45,8 +45,8 @@ dblatex \- DocBook を LaTeX, DVI, PostScript, PDF に変換する
4545 この man ページでは、 \fBdblatex\fP コマンドについて簡単に説明します。 詳しくは、 以降に示している PDF マニュアルを読んでください。
4646 .PP
4747 \fBdblatex\fP は、 SGML/XML の DocBook 文書を DVI, PostScript, PDF に変換するプログラムです。
48-その最初の処理においては、 純粋な LaTeX 文書への変換を行います。 MathML 2\&.0 マークアップもサポートしています。 これは、
49-DB2LaTeX のクローンとして始まりました。
48+その最初の処理においては、 純粋な LaTeX 文書への変換を行います。 MathML 2\&.0 マークアップもサポートしています。
49+これは、 DB2LaTeX のクローンとして始まりました。
5050 .SH オプション
5151 .PP
5252 オプションの概要を以下に示します。 完全な説明は PDF マニュアルを参照してください。
Show on old repository browser