[Linux-ha-jp] monitorオペレーションの一時解除方法について

Zurück zum Archiv-Index

飯田 雄介 iiday****@intel*****
2016年 1月 6日 (水) 18:08:50 JST


nakaさま

お世話になります。
飯田と申します。

コマンドから変更する方法は見つからなかったので、
# crm configure edit
を実行してcrm編集モードに入り、該当のopを直接編集する方法はいかがでしょうか

# crm configure edit 
(一部抜粋)
primitive service_test lsb:pkg_test \
        op start interval="0s" timeout="90s" \
        op monitor interval="300s" timeout="20s" enabled="false" \ ←enabled="false"を追加して編集モードを抜ける。
        op stop interval="0s" timeout="100s" \
        meta is-managed="true"

以上、よろしくお願いいたします。
> -----Original Message-----
> From: linux****@lists*****
> [mailto:linux****@lists*****] On Behalf Of Keisuke Nakamura
> Sent: Wednesday, January 06, 2016 3:48 PM
> To: linux****@lists*****
> Subject: [Linux-ha-jp] monitorオペレーションの一時解除方法について
> 
> 関係者各位
> お世話になっております。nakaと申します。
> 遅ればせながら、本年も宜しくお願い致します。
> 
> crmのコマンドラインから、primitiveリソース内の
> monitorオペレーションのみを一時的に解除/再開したいです。
> 
> 環境:
> CentOS 6.2(x86_64)
> pacemaker-1.0.12-1.el6.x86_64
> 
> # crm configure show
> (一部抜粋)
> primitive service_test lsb:pkg_test \
>         op start interval="0s" timeout="90s" \
>         op monitor interval="300s" timeout="20s" \ ←ココを一時的に監視除
> 外としたい。
>         op stop interval="0s" timeout="100s" \
>         meta is-managed="true"
> 
> 適当に下記のコマンドを試してみましたが
> # crm configure primitive service_test lsb:pkg_test op monitor enabled="false"
> ERROR: monitor requires interval
> とおこられます。
> お手数おかけ致しますが、どなたがご存知でしたらご教授頂けますと幸いです。
> 
> 以上、宜しくお願い致します。
> 
> --
> 
> naka




Linux-ha-japan メーリングリストの案内
Zurück zum Archiv-Index