[Linux-ha-jp] PostgreSQLのRAにおけるSR時の同期Slave数について

Zurück zum Archiv-Index

NAKAHIRA Kazutomo nakahira_kazutomo_b1****@lab*****
2013年 11月 19日 (火) 14:02:30 JST


TO:松島さん

中平です。前回のOSC東京ではお世話になりました。

PostgreSQLのストリーミングレプリケーションで、sync状態の
Slaveが 1つである理由ですが、以下の MLでのやりとりに
書かれています。

http://www.gossamer-threads.com/lists/linuxha/pacemaker/85077?do=post_view_threaded#85077

確か同期レプリケーションの場合、Master側が受け付けた
DB書き込み結果をクライアント側に返却するタイミングが、
Master側の synchronous_standby_names の先頭に記述
された Slaveから応答が返されたときになるかと思います。
# 全ての Slaveからの応答を待ってはいなかったと思いますが
# もし間違っていればご指摘ください。

このため、synchronous_standby_names の先頭に記述された
Slaveについては同期が保証されますが、その他の Slaveに
ついては、きちんと WALが転送されたことが保障されない
まま Masterからクライアントに応答が返されてしまいます。

そのため、synchronous_standby_names の先頭に記述された
Slaveのみが "Sync Slave"として信用することができ、
その他は "Async Slave"の扱いになる、と理解しています。

以上です。
よろしくお願い致します。

(2013/11/18 23:02), Takehiro Matsushima wrote:
> 皆様
> 
> お世話になっております、松島と申します。
> この度、皆様に教えていただきたいことが御座います。
> 
> PostgreSQL9.3 + Pacemaker, Corosync(Nightly)で実験を行っています。
> 
> 3ノード構成で、ストリーミングレプリケーションを使ってMaster/Slave構成で
> 同期レプリケーションを行いたいのですが、実際の動作もpgsql RAの記述も
> 1 Master + 1 Sync Slave + 1 Async Slaveとなっています。
> 
> 1 Master + 2 Sync Slaveではなにか問題があるためにこのような動きを
> するようにしているように見えるのですが、この背景につきまして、なにか
> ご存知の方いらっしゃいましたら教えて頂けますでしょうか。
> 
> 恥ずかしながら、見当がつきませんでしたので、よろしくお願いいたします。
> 


-- 
NTTデータ先端技術株式会社
中平 和友
TEL: 03-5860-5135 FAX: 03-5463-6490
Mail: nakahira_kazutomo_b1****@lab*****





Linux-ha-japan メーリングリストの案内
Zurück zum Archiv-Index