[Linux-ha-jp] DRBDについて:片側を常に正とできるか?

Zurück zum Archiv-Index

Akiko Toriumi iriea****@hera*****
2013年 8月 21日 (水) 12:47:11 JST


こんにちわ。

少しだけ追加情報をお知らせします。

稼働系サーバ(AP1)側で、drbdのstatus確認したら下記のように
なっていました。

service drbd status
drbd driver loaded OK; device status:
version: 8.3.11 (api:88/proto:86-96)
srcversion: 2931F0123213F7DB1364EA7
m:res cs ro ds p mounted fstype
0:r0 Connected Primary/Secondary UpToDate/UpToDate C /mnt ext4

これは、正しくdrbdで冗長化されているという認識で良いのでしょうか?

ちなみに、LCMCの画面で見ると、AP1の方が「情報が利用できません」
「DRBD not installed(not loaded) 」となります。
確認するとSSH接続ができていない様子でした。
実はAP1へのSSH接続がteratermなどからできないことがときどきあり
ます。
関係しているでしょうか。。。ps確認すると必要以上にsshdのプロセスが
あるような感じで、teratermなどからは、sshを再起動するとつながること
があるので、一因のように思います。
ただ、LCMCの方は、sshを再起動しても接続NGになります。
また、下記のエラーメッセージが表示されます。
There was a problem while connecting to xxx.xxx.xxx.xxx
No supported authenticatoin methods available.

どこから手を付けてよいやら悩み中です。
drbd - ap - web と設定してあるのと、サービスが稼働中なだけに、一から
やり直すのは避けたいのですが。。

いずれにしてもSSH接続の問題を解消しないとどうにもならないような気がする
ので、その点から進めたいと思います。

いりえ


(2013/08/21 8:03), Akiko Toriumi wrote:
> こんにちわ。
>
> DRBDで2台のストレージを同期させているのですが、
> これを片側を常に正にすることは可能でしょうか?
>
> DRBD+PacemakerでAPサーバを2台構成にしている
> のですが、少し前から調子が悪くサービスの切り
> 替え、DRBDの同期がうまくいっていません。
>
> 稼働系のAPサーバをリブートしたところ、DRBD
> が待機系に切り替わりました。
> その後稼働系に戻したところ、稼働系にあった
> はずのデータ一部がディレクトリ毎なくなって
> しまいました。
> おそらく、待機系に切り替わった際に、待機系
> ⇒稼働系の同期が行われてしまったのではない
> 可と思われます。
> 稼働系⇒待機系の同期はされていれば問題なか
> ったと思うのですが、そちらはNGだっただと
> 思います。。。
>
> いずれにせよ、すぐに対応でいる余裕がないので
> 当面稼働系を正として強制稼働させたいのですが
> 可能でしょうか?
>
> 今朝事象が発生したため、DRBDなどについて
> 調べられていない状況で、申し訳ありませんが
> 何か情報をいただければ助かります。
>
> まずは、消えてしまったサービスを復旧させて
> から上記につき自力でも調べてみようと思って
> います。
>
> どうぞよろしくお願いします。
>
> いりえ
>
> _______________________________________________
> Linux-ha-japan mailing list
> Linux****@lists*****
> http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/linux-ha-japan
>
>





Linux-ha-japan メーリングリストの案内
Zurück zum Archiv-Index