[Linux-ha-jp] HeartBeatの挙動・設定について

Zurück zum Archiv-Index

fujioka fujio****@oss*****
2010年 7月 29日 (木) 18:18:23 JST


To:佐久本様

藤岡と申します。
残念ながら、監視処理にてタイムアウトが発生した主原因については、判りませ
んでした。経験的には、サーバの高負荷が疑われるのですが、それを示すような
別ログ等はございますでしょうか?。

また、質問内容と資材より判り兼ねる点が御座いましたので、
以下に、少し質問させていただきました。

◆ 質問1
 MySQLのリソース管理には既存のLSBスクリプトを利用したとありますが
 そのスクリプトは /etc/init.d/mysql を /etc/ha.d/resource.d/ に
 コピーしたと理解してよろしいでしょうか。
 それとも"mysqld"は自作でしょうか。

◆ 質問2
 syslog.txt より IPaddr2_5 と IPaddr2_4 の停止は成功しておりますが
 その次に umount 処理が記述されております。
 cib.xml を参照しますと、次に停止処理が行われるのは mysqld と推察
 しますが、mysqld の停止処理についてのログメッセージはありません
 でしたでしょうか。

◆ 質問3
 "G_SIG_dispatch"のログメッセージについて頻発していたとありますが
 どの程度の粒度で発生していたのでしょうか。

 お手元にログメッセージがありましたら、加工せずにご提示頂ければ
 参照させて頂きます。

◆ 要望1
 もし、下記ファイルも提示頂ければ、もう少し状況がわかるかもしれません。
 もちろん、問題がある部分については、処理内容をマスク頂いても構いません。

 ・/etc/ha.d/ha.cf   <- 両系で設定内容が異なる際は両系分
 ・/etc/ha.d/resource.d/mysqld
 ・/etc/ha.d/resource.d/drbddisk

 以上です。




On Thu, 29 Jul 2010 12:48:49 +0900
佐久本正太 <sakum****@wdwl*****> wrote:

> お世話になっております。
> 
> 佐久本と申します。
> ノード2台でHeartBeatをV2モードで利用し、リソースDRBD+MySQL+VIP(2)の環境にて不可思議な症状が起こったのでご質問させてください
> 
> 以下が主なミドルウェアのバージョンです。
> HeartBeat    : 2.1.2
> DRBD        : 8.2.6
> MySQL        : 4.1.22
> 
> 監視しているリソースは
> DRBD
> Filesystem ext3
> MySQL
> IPaddr2(ローカルIP)
> IPaddr2(グローバルIP)
> 
> 症状としては2か月運用していて今回初めての症状で内容としては以下1点です。
> ※MySQLのリソース管理には既存のLSBスクリプトを利用し、起動・停止のみの管理だが、急にMySQLのサービスにSIGTERMメッセージが送られた※
> 
> 別途syslog上に下記warnメッセージも頻発しています。
> ※G_SIG_dispatch: Dispatch function for SIGCHLD took too long to execute: 40
> ms (> 30 ms) (GSource: 0x1aa3b5c8)※
> 
> HeartBeatの設定の問題なのか。LSBスクリプトが起因しているのか。問題が分からず苦慮しております。
> 
> ご教示頂ければと存じます。
> 
> 情報の過不足があれば指摘して頂けると幸いです。以上、宜しくお願いします。
> 
> #タイムラインでのSyslog及びcib.xmlを添付致します。

-- 
----------------------------
NTT 研究企画部門 OSSセンタ
藤岡 健吾
fujioka <fujio****@oss*****>
03-5860-5135(代表)





Linux-ha-japan メーリングリストの案内
Zurück zum Archiv-Index