[Linux-ha-jp] Heartbeat通信の2系統併用について

Zurück zum Archiv-Index

Takashi Aoyagi svu00****@partn*****
2007年 11月 27日 (火) 12:09:22 JST


青柳です。

花島様
早速のご回答ありがとうございます。


> 同期信号用の系統が全て不通となった場合、スプリットブレインが発生します。
> 本系の系統も同期信号用に記述することができるので、それをいれたほうがスプ
> リットブレインの発生確率は下がります。

スプリットブレインという概念を理解していなかったので、
大変参考になりました。ありがとうございます。

別系統の通信に関しては、
通常はシリアルケーブルが推奨されているようですが、
今後のスケールアウトや、通信速度を考えて、
別系LANで構成してみようと思います。


On Tue, 27 Nov 2007 11:33:38 +0900
"HANASHIMA, Takeshi" <hanas****@valin*****> wrote:

> VA Linux 花島です。
> 
> > 青柳と申します。
> > 
> > 初めての投稿になります。
> > よろしくお願い致します。
> > 
> > 
> > 初歩的な質問なのですが、
> > Heartbeatの同期信号の通信として、
> > 必ず2系統を併用すべきなのでしょうか。
> > この判断基準が良く分かっていません。
> 
> 基本的には1系統でも問題なく動作しますが、下記の件で2系統以上あったほうが
> よいです。
> 
> > また、上記にも関連するのですが、
> > 本系のLANは正常にもかかわらず、
> > 別系のLAN(もしくは、シリアルケーブル)が
> > 断線した場合は、Heartbeatは
> > どういった状況認識になるのかも
> > 気になっています。
> 
> 同期信号用の系統が全て不通となった場合、スプリットブレインが発生します。
> 本系の系統も同期信号用に記述することができるので、それをいれたほうがスプ
> リットブレインの発生確率は下がります。
> 
> -- 
> HANASHIMA, Takeshi <hanas****@valin*****>
> 
> _______________________________________________
> Linux-ha-japan mailing list
> Linux****@lists*****
> http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/linux-ha-japan





Linux-ha-japan メーリングリストの案内
Zurück zum Archiv-Index