• R/O
  • SSH
  • HTTPS

hoge: Commit


Commit MetaInfo

Revision53 (tree)
Zeit2007-03-09 13:12:58
Autorgn64_jp

Log Message

(empty log message)

Ändern Zusammenfassung

Diff

--- hoge/tofu/Licence-en.txt (nonexistent)
+++ hoge/tofu/Licence-en.txt (revision 53)
@@ -0,0 +1,504 @@
1+ GNU LESSER GENERAL PUBLIC LICENSE
2+ Version 2.1, February 1999
3+
4+ Copyright (C) 1991, 1999 Free Software Foundation, Inc.
5+ 51 Franklin Street, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA
6+ Everyone is permitted to copy and distribute verbatim copies
7+ of this license document, but changing it is not allowed.
8+
9+[This is the first released version of the Lesser GPL. It also counts
10+ as the successor of the GNU Library Public License, version 2, hence
11+ the version number 2.1.]
12+
13+ Preamble
14+
15+ The licenses for most software are designed to take away your
16+freedom to share and change it. By contrast, the GNU General Public
17+Licenses are intended to guarantee your freedom to share and change
18+free software--to make sure the software is free for all its users.
19+
20+ This license, the Lesser General Public License, applies to some
21+specially designated software packages--typically libraries--of the
22+Free Software Foundation and other authors who decide to use it. You
23+can use it too, but we suggest you first think carefully about whether
24+this license or the ordinary General Public License is the better
25+strategy to use in any particular case, based on the explanations below.
26+
27+ When we speak of free software, we are referring to freedom of use,
28+not price. Our General Public Licenses are designed to make sure that
29+you have the freedom to distribute copies of free software (and charge
30+for this service if you wish); that you receive source code or can get
31+it if you want it; that you can change the software and use pieces of
32+it in new free programs; and that you are informed that you can do
33+these things.
34+
35+ To protect your rights, we need to make restrictions that forbid
36+distributors to deny you these rights or to ask you to surrender these
37+rights. These restrictions translate to certain responsibilities for
38+you if you distribute copies of the library or if you modify it.
39+
40+ For example, if you distribute copies of the library, whether gratis
41+or for a fee, you must give the recipients all the rights that we gave
42+you. You must make sure that they, too, receive or can get the source
43+code. If you link other code with the library, you must provide
44+complete object files to the recipients, so that they can relink them
45+with the library after making changes to the library and recompiling
46+it. And you must show them these terms so they know their rights.
47+
48+ We protect your rights with a two-step method: (1) we copyright the
49+library, and (2) we offer you this license, which gives you legal
50+permission to copy, distribute and/or modify the library.
51+
52+ To protect each distributor, we want to make it very clear that
53+there is no warranty for the free library. Also, if the library is
54+modified by someone else and passed on, the recipients should know
55+that what they have is not the original version, so that the original
56+author's reputation will not be affected by problems that might be
57+introduced by others.
58+
59+ Finally, software patents pose a constant threat to the existence of
60+any free program. We wish to make sure that a company cannot
61+effectively restrict the users of a free program by obtaining a
62+restrictive license from a patent holder. Therefore, we insist that
63+any patent license obtained for a version of the library must be
64+consistent with the full freedom of use specified in this license.
65+
66+ Most GNU software, including some libraries, is covered by the
67+ordinary GNU General Public License. This license, the GNU Lesser
68+General Public License, applies to certain designated libraries, and
69+is quite different from the ordinary General Public License. We use
70+this license for certain libraries in order to permit linking those
71+libraries into non-free programs.
72+
73+ When a program is linked with a library, whether statically or using
74+a shared library, the combination of the two is legally speaking a
75+combined work, a derivative of the original library. The ordinary
76+General Public License therefore permits such linking only if the
77+entire combination fits its criteria of freedom. The Lesser General
78+Public License permits more lax criteria for linking other code with
79+the library.
80+
81+ We call this license the "Lesser" General Public License because it
82+does Less to protect the user's freedom than the ordinary General
83+Public License. It also provides other free software developers Less
84+of an advantage over competing non-free programs. These disadvantages
85+are the reason we use the ordinary General Public License for many
86+libraries. However, the Lesser license provides advantages in certain
87+special circumstances.
88+
89+ For example, on rare occasions, there may be a special need to
90+encourage the widest possible use of a certain library, so that it becomes
91+a de-facto standard. To achieve this, non-free programs must be
92+allowed to use the library. A more frequent case is that a free
93+library does the same job as widely used non-free libraries. In this
94+case, there is little to gain by limiting the free library to free
95+software only, so we use the Lesser General Public License.
96+
97+ In other cases, permission to use a particular library in non-free
98+programs enables a greater number of people to use a large body of
99+free software. For example, permission to use the GNU C Library in
100+non-free programs enables many more people to use the whole GNU
101+operating system, as well as its variant, the GNU/Linux operating
102+system.
103+
104+ Although the Lesser General Public License is Less protective of the
105+users' freedom, it does ensure that the user of a program that is
106+linked with the Library has the freedom and the wherewithal to run
107+that program using a modified version of the Library.
108+
109+ The precise terms and conditions for copying, distribution and
110+modification follow. Pay close attention to the difference between a
111+"work based on the library" and a "work that uses the library". The
112+former contains code derived from the library, whereas the latter must
113+be combined with the library in order to run.
114+
115+ GNU LESSER GENERAL PUBLIC LICENSE
116+ TERMS AND CONDITIONS FOR COPYING, DISTRIBUTION AND MODIFICATION
117+
118+ 0. This License Agreement applies to any software library or other
119+program which contains a notice placed by the copyright holder or
120+other authorized party saying it may be distributed under the terms of
121+this Lesser General Public License (also called "this License").
122+Each licensee is addressed as "you".
123+
124+ A "library" means a collection of software functions and/or data
125+prepared so as to be conveniently linked with application programs
126+(which use some of those functions and data) to form executables.
127+
128+ The "Library", below, refers to any such software library or work
129+which has been distributed under these terms. A "work based on the
130+Library" means either the Library or any derivative work under
131+copyright law: that is to say, a work containing the Library or a
132+portion of it, either verbatim or with modifications and/or translated
133+straightforwardly into another language. (Hereinafter, translation is
134+included without limitation in the term "modification".)
135+
136+ "Source code" for a work means the preferred form of the work for
137+making modifications to it. For a library, complete source code means
138+all the source code for all modules it contains, plus any associated
139+interface definition files, plus the scripts used to control compilation
140+and installation of the library.
141+
142+ Activities other than copying, distribution and modification are not
143+covered by this License; they are outside its scope. The act of
144+running a program using the Library is not restricted, and output from
145+such a program is covered only if its contents constitute a work based
146+on the Library (independent of the use of the Library in a tool for
147+writing it). Whether that is true depends on what the Library does
148+and what the program that uses the Library does.
149+
150+ 1. You may copy and distribute verbatim copies of the Library's
151+complete source code as you receive it, in any medium, provided that
152+you conspicuously and appropriately publish on each copy an
153+appropriate copyright notice and disclaimer of warranty; keep intact
154+all the notices that refer to this License and to the absence of any
155+warranty; and distribute a copy of this License along with the
156+Library.
157+
158+ You may charge a fee for the physical act of transferring a copy,
159+and you may at your option offer warranty protection in exchange for a
160+fee.
161+
162+ 2. You may modify your copy or copies of the Library or any portion
163+of it, thus forming a work based on the Library, and copy and
164+distribute such modifications or work under the terms of Section 1
165+above, provided that you also meet all of these conditions:
166+
167+ a) The modified work must itself be a software library.
168+
169+ b) You must cause the files modified to carry prominent notices
170+ stating that you changed the files and the date of any change.
171+
172+ c) You must cause the whole of the work to be licensed at no
173+ charge to all third parties under the terms of this License.
174+
175+ d) If a facility in the modified Library refers to a function or a
176+ table of data to be supplied by an application program that uses
177+ the facility, other than as an argument passed when the facility
178+ is invoked, then you must make a good faith effort to ensure that,
179+ in the event an application does not supply such function or
180+ table, the facility still operates, and performs whatever part of
181+ its purpose remains meaningful.
182+
183+ (For example, a function in a library to compute square roots has
184+ a purpose that is entirely well-defined independent of the
185+ application. Therefore, Subsection 2d requires that any
186+ application-supplied function or table used by this function must
187+ be optional: if the application does not supply it, the square
188+ root function must still compute square roots.)
189+
190+These requirements apply to the modified work as a whole. If
191+identifiable sections of that work are not derived from the Library,
192+and can be reasonably considered independent and separate works in
193+themselves, then this License, and its terms, do not apply to those
194+sections when you distribute them as separate works. But when you
195+distribute the same sections as part of a whole which is a work based
196+on the Library, the distribution of the whole must be on the terms of
197+this License, whose permissions for other licensees extend to the
198+entire whole, and thus to each and every part regardless of who wrote
199+it.
200+
201+Thus, it is not the intent of this section to claim rights or contest
202+your rights to work written entirely by you; rather, the intent is to
203+exercise the right to control the distribution of derivative or
204+collective works based on the Library.
205+
206+In addition, mere aggregation of another work not based on the Library
207+with the Library (or with a work based on the Library) on a volume of
208+a storage or distribution medium does not bring the other work under
209+the scope of this License.
210+
211+ 3. You may opt to apply the terms of the ordinary GNU General Public
212+License instead of this License to a given copy of the Library. To do
213+this, you must alter all the notices that refer to this License, so
214+that they refer to the ordinary GNU General Public License, version 2,
215+instead of to this License. (If a newer version than version 2 of the
216+ordinary GNU General Public License has appeared, then you can specify
217+that version instead if you wish.) Do not make any other change in
218+these notices.
219+
220+ Once this change is made in a given copy, it is irreversible for
221+that copy, so the ordinary GNU General Public License applies to all
222+subsequent copies and derivative works made from that copy.
223+
224+ This option is useful when you wish to copy part of the code of
225+the Library into a program that is not a library.
226+
227+ 4. You may copy and distribute the Library (or a portion or
228+derivative of it, under Section 2) in object code or executable form
229+under the terms of Sections 1 and 2 above provided that you accompany
230+it with the complete corresponding machine-readable source code, which
231+must be distributed under the terms of Sections 1 and 2 above on a
232+medium customarily used for software interchange.
233+
234+ If distribution of object code is made by offering access to copy
235+from a designated place, then offering equivalent access to copy the
236+source code from the same place satisfies the requirement to
237+distribute the source code, even though third parties are not
238+compelled to copy the source along with the object code.
239+
240+ 5. A program that contains no derivative of any portion of the
241+Library, but is designed to work with the Library by being compiled or
242+linked with it, is called a "work that uses the Library". Such a
243+work, in isolation, is not a derivative work of the Library, and
244+therefore falls outside the scope of this License.
245+
246+ However, linking a "work that uses the Library" with the Library
247+creates an executable that is a derivative of the Library (because it
248+contains portions of the Library), rather than a "work that uses the
249+library". The executable is therefore covered by this License.
250+Section 6 states terms for distribution of such executables.
251+
252+ When a "work that uses the Library" uses material from a header file
253+that is part of the Library, the object code for the work may be a
254+derivative work of the Library even though the source code is not.
255+Whether this is true is especially significant if the work can be
256+linked without the Library, or if the work is itself a library. The
257+threshold for this to be true is not precisely defined by law.
258+
259+ If such an object file uses only numerical parameters, data
260+structure layouts and accessors, and small macros and small inline
261+functions (ten lines or less in length), then the use of the object
262+file is unrestricted, regardless of whether it is legally a derivative
263+work. (Executables containing this object code plus portions of the
264+Library will still fall under Section 6.)
265+
266+ Otherwise, if the work is a derivative of the Library, you may
267+distribute the object code for the work under the terms of Section 6.
268+Any executables containing that work also fall under Section 6,
269+whether or not they are linked directly with the Library itself.
270+
271+ 6. As an exception to the Sections above, you may also combine or
272+link a "work that uses the Library" with the Library to produce a
273+work containing portions of the Library, and distribute that work
274+under terms of your choice, provided that the terms permit
275+modification of the work for the customer's own use and reverse
276+engineering for debugging such modifications.
277+
278+ You must give prominent notice with each copy of the work that the
279+Library is used in it and that the Library and its use are covered by
280+this License. You must supply a copy of this License. If the work
281+during execution displays copyright notices, you must include the
282+copyright notice for the Library among them, as well as a reference
283+directing the user to the copy of this License. Also, you must do one
284+of these things:
285+
286+ a) Accompany the work with the complete corresponding
287+ machine-readable source code for the Library including whatever
288+ changes were used in the work (which must be distributed under
289+ Sections 1 and 2 above); and, if the work is an executable linked
290+ with the Library, with the complete machine-readable "work that
291+ uses the Library", as object code and/or source code, so that the
292+ user can modify the Library and then relink to produce a modified
293+ executable containing the modified Library. (It is understood
294+ that the user who changes the contents of definitions files in the
295+ Library will not necessarily be able to recompile the application
296+ to use the modified definitions.)
297+
298+ b) Use a suitable shared library mechanism for linking with the
299+ Library. A suitable mechanism is one that (1) uses at run time a
300+ copy of the library already present on the user's computer system,
301+ rather than copying library functions into the executable, and (2)
302+ will operate properly with a modified version of the library, if
303+ the user installs one, as long as the modified version is
304+ interface-compatible with the version that the work was made with.
305+
306+ c) Accompany the work with a written offer, valid for at
307+ least three years, to give the same user the materials
308+ specified in Subsection 6a, above, for a charge no more
309+ than the cost of performing this distribution.
310+
311+ d) If distribution of the work is made by offering access to copy
312+ from a designated place, offer equivalent access to copy the above
313+ specified materials from the same place.
314+
315+ e) Verify that the user has already received a copy of these
316+ materials or that you have already sent this user a copy.
317+
318+ For an executable, the required form of the "work that uses the
319+Library" must include any data and utility programs needed for
320+reproducing the executable from it. However, as a special exception,
321+the materials to be distributed need not include anything that is
322+normally distributed (in either source or binary form) with the major
323+components (compiler, kernel, and so on) of the operating system on
324+which the executable runs, unless that component itself accompanies
325+the executable.
326+
327+ It may happen that this requirement contradicts the license
328+restrictions of other proprietary libraries that do not normally
329+accompany the operating system. Such a contradiction means you cannot
330+use both them and the Library together in an executable that you
331+distribute.
332+
333+ 7. You may place library facilities that are a work based on the
334+Library side-by-side in a single library together with other library
335+facilities not covered by this License, and distribute such a combined
336+library, provided that the separate distribution of the work based on
337+the Library and of the other library facilities is otherwise
338+permitted, and provided that you do these two things:
339+
340+ a) Accompany the combined library with a copy of the same work
341+ based on the Library, uncombined with any other library
342+ facilities. This must be distributed under the terms of the
343+ Sections above.
344+
345+ b) Give prominent notice with the combined library of the fact
346+ that part of it is a work based on the Library, and explaining
347+ where to find the accompanying uncombined form of the same work.
348+
349+ 8. You may not copy, modify, sublicense, link with, or distribute
350+the Library except as expressly provided under this License. Any
351+attempt otherwise to copy, modify, sublicense, link with, or
352+distribute the Library is void, and will automatically terminate your
353+rights under this License. However, parties who have received copies,
354+or rights, from you under this License will not have their licenses
355+terminated so long as such parties remain in full compliance.
356+
357+ 9. You are not required to accept this License, since you have not
358+signed it. However, nothing else grants you permission to modify or
359+distribute the Library or its derivative works. These actions are
360+prohibited by law if you do not accept this License. Therefore, by
361+modifying or distributing the Library (or any work based on the
362+Library), you indicate your acceptance of this License to do so, and
363+all its terms and conditions for copying, distributing or modifying
364+the Library or works based on it.
365+
366+ 10. Each time you redistribute the Library (or any work based on the
367+Library), the recipient automatically receives a license from the
368+original licensor to copy, distribute, link with or modify the Library
369+subject to these terms and conditions. You may not impose any further
370+restrictions on the recipients' exercise of the rights granted herein.
371+You are not responsible for enforcing compliance by third parties with
372+this License.
373+
374+ 11. If, as a consequence of a court judgment or allegation of patent
375+infringement or for any other reason (not limited to patent issues),
376+conditions are imposed on you (whether by court order, agreement or
377+otherwise) that contradict the conditions of this License, they do not
378+excuse you from the conditions of this License. If you cannot
379+distribute so as to satisfy simultaneously your obligations under this
380+License and any other pertinent obligations, then as a consequence you
381+may not distribute the Library at all. For example, if a patent
382+license would not permit royalty-free redistribution of the Library by
383+all those who receive copies directly or indirectly through you, then
384+the only way you could satisfy both it and this License would be to
385+refrain entirely from distribution of the Library.
386+
387+If any portion of this section is held invalid or unenforceable under any
388+particular circumstance, the balance of the section is intended to apply,
389+and the section as a whole is intended to apply in other circumstances.
390+
391+It is not the purpose of this section to induce you to infringe any
392+patents or other property right claims or to contest validity of any
393+such claims; this section has the sole purpose of protecting the
394+integrity of the free software distribution system which is
395+implemented by public license practices. Many people have made
396+generous contributions to the wide range of software distributed
397+through that system in reliance on consistent application of that
398+system; it is up to the author/donor to decide if he or she is willing
399+to distribute software through any other system and a licensee cannot
400+impose that choice.
401+
402+This section is intended to make thoroughly clear what is believed to
403+be a consequence of the rest of this License.
404+
405+ 12. If the distribution and/or use of the Library is restricted in
406+certain countries either by patents or by copyrighted interfaces, the
407+original copyright holder who places the Library under this License may add
408+an explicit geographical distribution limitation excluding those countries,
409+so that distribution is permitted only in or among countries not thus
410+excluded. In such case, this License incorporates the limitation as if
411+written in the body of this License.
412+
413+ 13. The Free Software Foundation may publish revised and/or new
414+versions of the Lesser General Public License from time to time.
415+Such new versions will be similar in spirit to the present version,
416+but may differ in detail to address new problems or concerns.
417+
418+Each version is given a distinguishing version number. If the Library
419+specifies a version number of this License which applies to it and
420+"any later version", you have the option of following the terms and
421+conditions either of that version or of any later version published by
422+the Free Software Foundation. If the Library does not specify a
423+license version number, you may choose any version ever published by
424+the Free Software Foundation.
425+
426+ 14. If you wish to incorporate parts of the Library into other free
427+programs whose distribution conditions are incompatible with these,
428+write to the author to ask for permission. For software which is
429+copyrighted by the Free Software Foundation, write to the Free
430+Software Foundation; we sometimes make exceptions for this. Our
431+decision will be guided by the two goals of preserving the free status
432+of all derivatives of our free software and of promoting the sharing
433+and reuse of software generally.
434+
435+ NO WARRANTY
436+
437+ 15. BECAUSE THE LIBRARY IS LICENSED FREE OF CHARGE, THERE IS NO
438+WARRANTY FOR THE LIBRARY, TO THE EXTENT PERMITTED BY APPLICABLE LAW.
439+EXCEPT WHEN OTHERWISE STATED IN WRITING THE COPYRIGHT HOLDERS AND/OR
440+OTHER PARTIES PROVIDE THE LIBRARY "AS IS" WITHOUT WARRANTY OF ANY
441+KIND, EITHER EXPRESSED OR IMPLIED, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE
442+IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR
443+PURPOSE. THE ENTIRE RISK AS TO THE QUALITY AND PERFORMANCE OF THE
444+LIBRARY IS WITH YOU. SHOULD THE LIBRARY PROVE DEFECTIVE, YOU ASSUME
445+THE COST OF ALL NECESSARY SERVICING, REPAIR OR CORRECTION.
446+
447+ 16. IN NO EVENT UNLESS REQUIRED BY APPLICABLE LAW OR AGREED TO IN
448+WRITING WILL ANY COPYRIGHT HOLDER, OR ANY OTHER PARTY WHO MAY MODIFY
449+AND/OR REDISTRIBUTE THE LIBRARY AS PERMITTED ABOVE, BE LIABLE TO YOU
450+FOR DAMAGES, INCLUDING ANY GENERAL, SPECIAL, INCIDENTAL OR
451+CONSEQUENTIAL DAMAGES ARISING OUT OF THE USE OR INABILITY TO USE THE
452+LIBRARY (INCLUDING BUT NOT LIMITED TO LOSS OF DATA OR DATA BEING
453+RENDERED INACCURATE OR LOSSES SUSTAINED BY YOU OR THIRD PARTIES OR A
454+FAILURE OF THE LIBRARY TO OPERATE WITH ANY OTHER SOFTWARE), EVEN IF
455+SUCH HOLDER OR OTHER PARTY HAS BEEN ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH
456+DAMAGES.
457+
458+ END OF TERMS AND CONDITIONS
459+
460+ How to Apply These Terms to Your New Libraries
461+
462+ If you develop a new library, and you want it to be of the greatest
463+possible use to the public, we recommend making it free software that
464+everyone can redistribute and change. You can do so by permitting
465+redistribution under these terms (or, alternatively, under the terms of the
466+ordinary General Public License).
467+
468+ To apply these terms, attach the following notices to the library. It is
469+safest to attach them to the start of each source file to most effectively
470+convey the exclusion of warranty; and each file should have at least the
471+"copyright" line and a pointer to where the full notice is found.
472+
473+ <one line to give the library's name and a brief idea of what it does.>
474+ Copyright (C) <year> <name of author>
475+
476+ This library is free software; you can redistribute it and/or
477+ modify it under the terms of the GNU Lesser General Public
478+ License as published by the Free Software Foundation; either
479+ version 2.1 of the License, or (at your option) any later version.
480+
481+ This library is distributed in the hope that it will be useful,
482+ but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
483+ MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU
484+ Lesser General Public License for more details.
485+
486+ You should have received a copy of the GNU Lesser General Public
487+ License along with this library; if not, write to the Free Software
488+ Foundation, Inc., 51 Franklin Street, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA
489+
490+Also add information on how to contact you by electronic and paper mail.
491+
492+You should also get your employer (if you work as a programmer) or your
493+school, if any, to sign a "copyright disclaimer" for the library, if
494+necessary. Here is a sample; alter the names:
495+
496+ Yoyodyne, Inc., hereby disclaims all copyright interest in the
497+ library `Frob' (a library for tweaking knobs) written by James Random Hacker.
498+
499+ <signature of Ty Coon>, 1 April 1990
500+ Ty Coon, President of Vice
501+
502+That's all there is to it!
503+
504+
--- hoge/tofu/config.xml (nonexistent)
+++ hoge/tofu/config.xml (revision 53)
@@ -0,0 +1,9 @@
1+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
2+<extension version="1.0" group="music" style="jar" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
3+ <information name="hogemusic" version="0.0.1" author="gn64_jp">
4+ <filepath></filepath>
5+ <homepage>http://hoge.sourceforge.jp</homepage>
6+ <explanation>Mp3 Player Extention for RTSHoge.</explanation>
7+ <licence-name>LGPL</licence-name>
8+ </information>
9+</extension>
--- hoge/tofu/Licence-jp.txt (nonexistent)
+++ hoge/tofu/Licence-jp.txt (revision 53)
@@ -0,0 +1,217 @@
1+GNU 劣等一般公衆利用許諾契約書
2+
3+バージョン 2.1、1999年2月
4+日本語訳、2002年8月14日
5+
6+Copyright (C) 1991, 1999 Free Software Foundation, Inc.
7+59 Temple Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA
8+この利用許諾契約書を、一字一句そのままに複製し頒布することは許可する。
9+しかし改変は認めない。
10+
11+[これは劣等GPLとしては最初の公開版です。劣等GPLはGNU ライブラリ公衆利
12+用許諾契約書 バージョン2の後継とみなされるので、バージョン番号は2.1 と
13+なっています。]
14+
15+ This is an unofficial translation of the GNU Lesser General Public License into Japanese. It was not published by the Free Software Foundation, and does not legally state the distribution terms for software that uses the GNU LGPL--only the original English text of the GNU LGPL does that. However, we hope that this translation will help Japanese speakers understand the GNU LGPL better.
16+
17+ (訳: 以下はGNU Lesser General Public Licenseの非公式な日本語訳です。これはフリーソフトウェア財団(the Free Software Foundation)によって発表されたものではなく、GNU LGPLを適用したソフトウェアの頒布条件を法的に有効な形で述べたものではありません。頒布条件としてはGNU LGPLの英語版テキストで指定されているもののみが有効です。しかしながら、私たちはこの翻訳が、日本語を使用する人々にとってGNU LGPLをより良く理解する助けとなることを望んでいます。)
18+
19+ 翻訳は 八田真行<mhatta@gnu.org>が行った。原文はhttp://www.gnu.org/licenses/lgpl.html である。誤訳の指摘や改善案を歓迎する。
20+
21+はじめに
22+
23+ソフトウェア向けライセンスの大半は、あなたがそのソフトウェアを共有したり変更したりする自由を奪うよう設計されています。対照的に、各種のGNU 一般公衆利用許諾契約書は、あなたがフリーソフトウェアを共有したり改変したりする自由を保証する--すなわち、ソフトウェアがそのユーザすべてにとってフリーであることを保証することを目的としています。
24+
25+このライセンス、「劣等一般公衆利用許諾契約書」は、フリーソフトウェア財団やこの契約書を適用すると決めたフリーソフトウェア財団以外の作者による特定のソフトウェアパッケージ--典型的にはライブラリ--のいくつかに適用されます。あなたもこの契約書を適用することができますが、私たちとしてはまず最初に、ある特定の用途においてこの契約書と通常の一般公衆利用許諾契約書のどちらを適用するのが戦略としてより優れているかを、以下の説明に即して注意深く考えてみることをおすすめします。
26+
27+私たちがフリーソフトウェアと言うとき、それは利用の自由について言及しているのであって、価格は問題にしていません。私たちの提示する各種一般公衆利用許諾契約書は、あなたがフリーソフトウェアの複製を頒布する自由を保証するよう設計されています(希望に応じてその種のサービスに手数料を課す自由も保証されます)。また、あなたがソースコードを受け取るか、あるいは望めばそれを入手することが可能であるということ、あなたがソフトウェアを変更し、その一部を新たなフリーのプログラムで利用できるということ、そして、以上で述べたようなことができるということがあなたに知らされるということも保証されます。
28+
29+あなたの権利を守るため、私たちはライブラリを頒布する者があなたの有するこれらの権利を否定することや、これらの権利を放棄するよう要求することを禁止するという制限を加える必要があります。よって、あなたがライブラリの複製物を頒布したりそれを変更したりする場合には、そういった制限のためにあなたにある種の責任が発生することになります。
30+
31+例えば、もしあなたがライブラリの複製物を頒布する場合、有料か無料かに関わらず、あなたは私たちがあなたに与えた権利を全て受領者に与えなければなりません。また、あなたは彼らもソースコードを受け取るか手に入れることができるよう保証しなければなりません。もしあなたがライブラリと他のコードをリンクするならば、あなたは受け取る人がライブラリに変更を加えてそれを再コンパイルしたのちにそういったコードをライブラリと再リンクできるよう、彼らに完全なオブジェクトファイルを提供しなければなりません。そして、あなたは彼らに対して以下で述べる条件を示し、彼らに自らの持つ権利について知らしめるようにしなければなりません。
32+
33+私たちはあなたの権利を二段階の手順を踏んで保護します。(1) まずライブラリに対して著作権を主張し、そして (2) あなたに対して、ライブラリの複製や頒布または改変についての法的な許可を与えるこの契約書を提示します。
34+
35+個々の頒布者を保護するため、私たちはフリーなライブラリには何の保証も無いということを極めて明確にしておきたいと思います。また、ライブラリが誰か他人によって改変され、それが次々と頒布されていったとしても、その受領者は彼らが手に入れたライブラリがオリジナルのバージョンでは無いこと、そして原作者の名声は他人によって持ち込まれた可能性のある問題によって影響されることがないということが分かるようにしたいと思います。
36+
37+最後に、ソフトウェア特許がいかなるフリーのプログラムの存在にも不断の脅威を投げかけていますが、私たちは、一企業が特許保有者から制約の厳しいライセンスを得ることによって、フリーなプログラムのユーザを事実上制限するようなことがないよう保証したいと思います。そこで、私たちはあるライブラリ向けに得られたいかなる特許ライセンスも、このライセンスで規定されている利用の自由を完全に満たしていなければならないと要求します。
38+
39+いくつかのライブラリを含め、GNU ソフトウェアのほとんどは通常のGNU 一般公衆利用許諾契約書によって保護されています。このライセンス、「GNU 劣等一般公衆利用許諾契約書」は、ある種の特定のライブラリに適用されるもので、通常の一般公衆利用許諾書とはかなり異なっています。私たちはある種のライブラリについて、それを非フリーなプログラムとリンクすることを許可する場合にはこの契約書を適用しています。
40+
41+あるライブラリがあるプログラムとリンクされる場合、それが静的にリンクされるか共有ライブラリとして利用されるかは問わず、両者の結合したものは法的に言って結合著作物、すなわち元のライブラリの派生物となります。このような場合、通常の一般公衆利用許諾書では、全体としての結合物がライセンスの規定する自由の基準に適合する場合のみそのようなリンクを許可しています。いっぽう劣等一般公衆利用許諾書では、ライブラリを他のコードとリンクする許可に関して、より緩い基準で評価します。
42+
43+私たちはこのライセンスを「劣等」一般公衆利用許諾契約書と呼びますが、それはこのライセンスが、ユーザの自由を護るということについて通常の一般公衆利用許諾契約書よりも「劣る」からです。また、このライセンスは非フリーなプログラムと競争する上で、他のフリーソフトウェア開発者たちにより小さな優位しかもたらしません。こういった不利な点があるので、私たちは多くのライブラリに通常の一般公衆利用許諾契約書を適用しています。しかし、ある特殊な状況下では劣等ライセンスを適用した方が有利なこともあります。
44+
45+例えば、稀なこととは言え、あるライブラリがデファクトスタンダードになるように、そのライブラリの可能な限り広汎な利用を促進する特別な必要が生じることがあります。これを達成するためには、非フリーなプログラムでもライブラリが使えるよう許可しなければなりません。それほど珍しくない事例としては、フリーなライブラリが、広く使われている非フリーなライブラリと同じ機能を提供するという場合があります。この場合、フリーなライブラリをフリーソフトウェアにおける使用のみに制限しても得られるものはほとんどありませんから、私たちは劣等一般公衆許諾契約書を適用しています。
46+
47+他のケースとしては、ある特定のライブラリを非フリーなプログラムにおいても利用できるようにすると、より多くの人々が大多数としてのフリーソフトウェアを使うことが可能となる場合があります。例えば、GNU C ライブラリを非フリーなプログラムにおいて利用する許可を与えれば、より多くの人々がGNU オペレーティングシステム全体、あるいは同様にその変種である GNU/Linux オペレーティングシステムも使えるようになるのです。
48+
49+たとえ劣等一般公衆利用許諾書がユーザの自由を保護するという観点からは「劣る」ものであっても、LGPLで保護されたライブラリとリンクされているあるプログラムのユーザが、そのプログラムをライブラリの修正版を使って実行する自由とそのために必要な手段を有することは十分に保証されます。
50+
51+複製や頒布、改変についての正確な条件と制約は以下で述べていきます。「ライブラリを基にした著作物」と「ライブラリを利用する著作物」の違いによく注意してください。前者はライブラリから採られたコードを含んでおり、一方後者は実行するためにライブラリと結合されなければならないということを意味しています。
52+
53+複製、頒布、改変に関する条件と制約
54+
55+0. この利用許諾契約は、そのソフトウェアライブラリ(またはその他のプログラム)をこの劣等一般公衆利用許諾契約書(「この契約書」とも表記)の定める条件の下で頒布することができる、という告知が著作権者かその他正当な権利を有する団体によって記載されたソフトウェアライブラリまたはその他のプログラムに適用される。それぞれの契約者は「あなた」と表現される。
56+
57+「ライブラリ」とはソフトウェア関数やデータを集めたもので、(ライブラリに含まれるいくつかの関数やデータを利用する)アプリケーションプログラムとリンクして実行形式を作成するのに便利なよう準備されたものを意味する。
58+
59+以下で「『ライブラリ』」と表記した場合は、この契約書で指定された条件に従って頒布されているソフトウェアライブラリまたはそのような著作物全般を意味する。「ライブラリを基にした著作物」とは、『ライブラリ』か、著作権法が規定するその派生物すべてのどちらかを指す。すなわち、『ライブラリ』かその一部を、全く同一のままか、改変を加えたか、あるいは直接他の言語に翻訳された形で含む著作物のことである(「改変」という語の本来の意味からはずれるが、以下では翻訳も改変の一種と見なす)。
60+
61+ある著作物の「ソースコード」とは、それに対して改変を加える上で好ましいとされる著作物の形式を意味する。あるライブラリにとって完全なソースコードとは、それが含むモジュールすべてのソースコード全部に加え、関連するインターフェース定義ファイルのすべてとライブラリのコンパイルやインストールを制御するために使われるスクリプトをも加えたものを意味する。
62+
63+複製や頒布、改変以外の活動はこの契約書ではカバーされない。それらはこの契約書の対象外である。『ライブラリ』を利用するプログラムを実行する行為自体に制限はない。また、そのようなプログラムの出力結果は、その内容が『ライブラリ』を基にした著作物を構成する場合のみこの契約書によって保護される(プログラムを書くために使われるツールでの『ライブラリ』の利用は関係ない)。このような線引きの妥当性は、『ライブラリ』が何をするのか、そして『ライブラリ』を利用するプログラムが何をするのかに依存する。
64+
65+1. それぞれの複製物において適切な著作権表示と保証の否認声明(disclaimer of warranty)を目立つよう適切に掲載し、またこの契約書および一切の保証の不在に触れた告知すべてをそのまま残し、そしてこの契約書の複製物を『ライブラリ』と共に頒布する限り、あなたは『ライブラリ』の完全なソースコードの複製物を、あなたが受け取った通りの形で複製または頒布することができる。媒体は問わない。
66+
67+あなたは、複製を譲渡するという物理的行為について手数料を課しても良いし、希望によっては手数料を取って交換における保護の保証を提供しても良い。
68+
69+2. あなたは自分の『ライブラリ』の複製物かその一部を改変して『ライブラリ』を基にした著作物を形成し、そのような改変点や著作物を上記第1節の定める条件の下で複製または頒布することができる。ただし、そのためには以下の条件すべてを満たしていなければならない:
70+
71+ * a) 改変された著作物はそれ自身がソフトウェアライブラリでなければな らない。
72+ * b) あなたがそれらのファイルを変更したということと変更した日時が良 く分かるよう、改変されたファイルに告示しなければならない。
73+ * c) あなたはいかなる第三者に対しても、著作物全体をこの契約書の定め る条件に従って利用することを無償で許可しなければならない。
74+ * d) 改変された『ライブラリ』に含まれる機能が、その機能を利用するア プリケーションプログラムから提供される関数ないしデータのテーブ ルを参照している場合(機能が実行される際に引数として渡される場合 は除く)、あなたは、アプリケーションがそのような関数やテーブルを 提供しない場合でもその機能が依然動作し、その目的のどの一部分に ついても意味のある処理をこなし続けるよう保証するべく十分に誠実 な努力をしなければならない。
75+
76+ (例えば、あるライブラリに平方根を計算する関数が含まれているとす ると、その関数にはアプリケーションからは明確かつ完全に独立した 目的がある。そこで、小節2dではこの関数によって使われるいかなる アプリケーション提供の関数またはテーブルも必須のものであっては ならないと要求している。すなわち、アプリケーションがそれらを提 供しない場合でも、平方根関数は依然として平方根を計算できなけれ ばならない。)
77+
78+ 以上の必要条件は全体としての改変された著作物に適用される。著作 物の一部が『ライブラリ』から派生したものではないと確認でき、そ れら自身別の独立した著作物であると合理的に考えられるならば、あ なたがそれらを別の著作物として分けて頒布する場合、そういった部 分にはこの契約書とその条件は適用されない。しかし、あなたが同じ 部分を『ライブラリ』を基にした著作物全体の一部として頒布するな らば、全体としての頒布物は、この契約書が課す条件に従わなければ ならない。というのは、この契約書が他の契約者に与える許可は『ラ イブラリ』丸ごと全体に及び、誰が書いたかは関係なく各部分のすべ てを保護するからである。
79+
80+ よって、すべてあなたによって書かれた著作物に対し、権利を主張し たりあなたの権利に異議を申し立てることはこの節の意図するところ ではない。むしろ、その趣旨は『ライブラリ』を基にした派生物ない し集合著作物の頒布を管理する権利を行使するということにある。
81+
82+ また、『ライブラリ』を基にしたわけではないその他の著作物を『ラ イブラリ』(あるいは『ライブラリ』を基にした著作物)と一緒に集め ただけのものを一巻の保管装置ないし頒布媒体に収めても、その他の 著作物までこの契約書が保護する対象になるということにはならない。
83+
84+3. あなたは『ライブラリ』のあるコピーに対して、このライセンスの代わりに通常の GNU 一般公衆利用許諾契約書の条件を適用しても良い。そうするためには、あなたはこのライセンスに言及する告知をすべて、それらがこのライセンスではなく通常の GNU 一般公衆利用許諾書バージョン2を指すよう変更しなければならない。(もし通常の GNU 一般公衆利用許諾契約書のバージョン2よりも新しいバージョンが登場していたならば、あなたは希望によっては代わりにそのバージョンを指定することができる)。これらの告知には、その他のいかなる改変も加えてはならない。
85+
86+いったんあるコピーにこの改変が為されたならば、そのコピーに関してはそれを覆すことはできない。よって、そのコピーからその後作られたコピーと派生著作物のすべてには通常の GNU 一般公衆利用許諾契約書が適用されることになる。
87+
88+この選択肢は、あなたが『ライブラリ』のコードの一部をライブラリではないプログラムの一部としてコピーしたい場合に有用である。
89+
90+4. あなたは上記第1節および2節の条件に従い、『ライブラリ』(あるいはその一部、または第2節における派生物)をオブジェクトコードないし実行形式で複製または頒布することができる。ただし、その場合あなたはそれらに対応する完全かつ機械で読み取り可能なソースコードを添付し、上記第1節および2節の条件に従いソフトウェアの交換で習慣的に使われる媒体で頒布しなければならない。
91+
92+オブジェクトコードの頒布が、指定された場所からコピーするためのアクセス手段を提供することで為されるとして、その上でソースコードも同等のアクセス手段によって同じ場所からコピーできるようになっているならば、オブジェクトコードと一緒にソースも強制的にコピーされるようになっていなくてもソースコード頒布の条件を満たすものとする。
93+
94+5. 『ライブラリ』のいかなる部分の派生物も含まないが、それとコンパイルされるかリンクされることにより『ライブラリ』と共に動作するようデザインされているプログラムは、「『ライブラリ』を利用する著作物」と呼ばれる。そのような著作物は、単体では『ライブラリ』の派生著作物ではないので、この契約書の範囲外に置かれる。
95+
96+しかし、「『ライブラリ』を利用する著作物」に『ライブラリ』をリンクして実行形式を作成すると、それは「『ライブラリ』を利用する著作物」ではなく、『ライブラリ』の派生物となる(なぜならそれは『ライブラリ』の一部を含んでいるから)。そこで、実行形式はこのライセンスで保護される。第6節ではそのような実行形式の頒布の条件を述べる。
97+
98+「『ライブラリ』を利用する著作物」が、『ライブラリ』の一部であるヘッダファイルから採られたコード等を利用する場合、ソースコードはそうではなくても、その著作物をオブジェクトコードにしたものは『ライブラリ』の派生物になる可能性がある。これが真であるかは、その著作物が『ライブラリ』抜きでもリンクされうる場合、あるいは著作物がそれ自身ライブラリの場合特に重要である。これが真になるための閾値は法では正確には定義されていない。
99+
100+もしそのようなオブジェクトファイルが、数字のパラメタやデータ構造のレイアウト、アクセス機構または小さなマクロや小さなインライン関数(長さが 10 行かそれ以下)のみ利用するならば、そのオブジェクトファイルの利用は、それが法的に派生物とみなされようとみなされまいと制限されない。(このオブジェクトコードに加えて『ライブラリ』の一部を含む実行形式は依然として第 6節の条件下に置かれるであろう)。
101+
102+他の場合、著作物が『ライブラリ』の派生物ならば、あなたはその著作物をオブジェクトコードにしたものを第6節の条件に従って頒布することができる。そういったオブジェクトコードが直接『ライブラリ』自身とリンクされているかどうかは問わず、その著作物を含むいかなる実行形式の利用も第6節の条件に従わなければならない。
103+
104+6. 上記各節の例外として、あなたは「『ライブラリ』を利用する著作物」を『ライブラリ』と結合またはリンクして、『ライブラリ』の一部を含む著作物を作成し、その著作物をあなたが選んだ条件の下で頒布することもできる。ただしその場合、あなたの条件は顧客自身の利用のための著作物の改変を許可し、またそのような改変をデバッグするためのリバースエンジニアリングを許可していなければならない。
105+
106+あなたは著作物のそれぞれのコピーに、『ライブラリ』がその著作物の中で用いられていることと、その利用はこのライセンスで保護されていることを述べたはっきりとした告知を載せねばならない。また、あなたはこのライセンスのコピーを一部提供しなければならない。もし著作物が実行時に著作権表示を表示するならば、あなたはその中に『ライブラリ』の著作権表示を含めなければならず、更にユーザにこのライセンスのコピーの在処を示す参照文も含めなければならない。また、あなたは以下のうちどれか一つを実施しなければならない:
107+
108+ * a) 著作物に、著作物の中で行われたあらゆる改変 点(それらの改変点は上記第1節および2節の条件に従って頒布されなけれ ばならない)をすべて含む、『ライブラリ』の対応する完全かつ機械で読 み取り可能なソースコードを添付する。もし著作物が『ライブラリ』とリ ンクされた実行形式ならば、著作物を完全かつ機械読み取り可能な「『ラ イブラリ』を利用する著作物」のオブジェクトコードあるいはソースコー ド(どちらかでも可) と一緒にし、ユーザが『ライブラリ』を改変した後 に再リンクして、改変された『ライブラリ』を含む改変された実行形式を 作成できるようにする(ここでは、『ライブラリ』に含まれる定義ファイ ルの内容を改変したユーザは、改変された定義を利用するためにアプリケー ションを再コンパイルすることができる必要は必ずしも無いと理解されて いる)。
109+ * b)『ライブラリ』とのリンクに適切な共有ライブ ラリ機構を用いる。適切な機構とは (1) ライブラリの関数を実行形式に コピーするのではなく、実行時にすでにユーザのコンピュータシステム上 に存在するライブラリのコピーを利用し、そして (2) ユーザがライブラ リの修正版をインストールした場合でも、そのような修正版が著作物が作 られた版とインターフェース的に互換である限り、修正版のライブラリで も適切に動作するようになっているものである。
110+ * c) 著作物に、著作物を受け取ったユーザに対し、 上記小節6aで指定されたものを、頒布に要するコストを上回らない程度の 手数料と引き換えに提供する旨述べた少なくとも3年間は有効な書面になっ た申し出を添える。
111+ * d) 著作物の頒布が指定された場所からコピーする ためのアクセス手段の提供によって為される場合、上記で指定されたもの を同じ場所からコピーするのに要する同等のアクセス手段を提供する。
112+ * e) そのユーザが以上で指定されたもののコピーを すでに受け取っているか、あなたがすでにこのユーザにコピーを送ったか どうか確かめる。
113+
114+ある実行形式について、「『ライブラリ』を利用する著作物」は、それから実行形式を複製する際必要なデータまたはユーティリティプログラムをすべて含めた形で頒布されなければならない。しかし特別な例外として、その部分自体が実行形式に付随するのでは無い限り、頒布されるものの中に、実行形式が実行されるオペレーティングシステムの主要な部分(コンパイラやカーネル等) と通常一緒に(ソースかバイナリ形式のどちらかで)頒布されるものすべてを含んでいる必要はないとする。
115+
116+この必要条件が、オペレーティングシステムには通常付随しない、その他の独占的なライブラリのライセンスの制限と矛盾することがあるかもしれない。そのような矛盾が生じた場合、それはあなたがそういった独占的なライブラリと『ライブラリ』を、あなたが頒布する実行形式の中で両方とも使うことはできないということを意味する。
117+
118+ (訳注: 本契約書で「独占的(proprietary)」とは、ソフトウェアの利用や再頒布、改変が禁止されているか、許可を得ることが必要とされているか、あるいは厳しい制限が課せられていて自由にそうすることが事実上できなくなっている状態のことを指す。詳しくはhttp://www.gnu.org/philosophy/categories.ja.html#ProprietarySoftware を参照せよ。)
119+
120+7. あなたは、『ライブラリ』を基にした著作物であるライブラリの一部分を、このライセンスで保護されていない他のライブラリの一部分と一緒に一つのライブラリ中で併存させることができ、またそのような結合されたライブラリを頒布することができる。ただし、その場合『ライブラリ』を基にした著作物とその他のライブラリの部分を分離した頒布も許可されていなければならず、また以下の二点を行わなければならない:
121+
122+ * a) 結合されたライブラリに、同じ『ライブラリ』 を基にした著作物の、他のいかなるライブラリ機構とも結合していないコ ピーを添付する。これは上記各節の条件の下で頒布されなければならない。
123+ * b) 結合されたライブラリに、その一部が『ライブ ラリ』を基にした著作物であるという事実と、同じ著作物の対応する結合 されていない形式をどこで見つけられるか説明するはっきりとした告知を 載せる。
124+
125+8. あなたは『ライブラリ』を、この契約書において明確に提示された行為を除き複製や改変、サブライセンス、リンク、あるいは頒布してはならない。他に『ライブラリ』を複製や改変、サブライセンス、リンク、あるいは頒布する企てはすべて無効であり、この契約書の下でのあなたの権利を自動的に終結させることになろう。しかし、複製物や権利をこのライセンスに従ってあなたから得た人々に関しては、そのような人々がこの契約書に完全に従っている限り彼らのライセンスまで終結することはない。
126+
127+9. あなたはこの契約書を受諾する必要は無い。というのは、あなたはこれに署名していないからである。しかしながら、他にあなたに対して『ライブラリ』やその派生物を改変または頒布する許可を与えるものは存在しない。これらの行為は、あなたがこの契約書を受け入れない限り法によって禁じられている。そこで、『ライブラリ』(あるいは『ライブラリ』を基にした著作物全般)を改変ないし頒布することにより、あなたは自分がそのような行為を行うためにこの契約書を受諾したということ、そして『ライブラリ』とそれに基づく著作物の複製や頒布、改変についてこの契約書が課す制約と条件をすべて受け入れたということを示したものと見なす。
128+
129+10. あなたが『ライブラリ』(または『ライブラリ』を基にした著作物全般)を再頒布するたびに、その受領者は元々のライセンス許可者から、この契約書で指定された条件と制約の対象となっている『ライブラリ』を、複製や頒布、リンク、あるいは改変する許可を自動的に得るものとする。あなたは、受領者がここで認められた権利を行使することに関してこれ以上他のいかなる制限も課してはならない。あなたには、第三者がこの契約書に従うことを強制する責任はない。
130+
131+11. 特許侵害あるいはその他の理由(特許関係に限らない)から、裁判所の判決あるいは申し立ての結果としてあなたに(裁判所命令や契約など)このライセンスの条件と矛盾する制約が課された場合でも、あなたがこの契約書の条件を免除されるわけではない。もしこの契約書の下であなたに課せられた責任と他の関連する責任を同時に満たすような形で頒布できないならば、結果としてあなたは『ライブラリ』を頒布することが全くできないということである。例えば特許ライセンスが、あなたから直接間接を問わずコピーを受け取った人間が誰でも『ライブラリ』を使用料無料で再頒布することを認めていない場合、あなたがその制約とこのライセンスを両方とも満たすには『ライブラリ』の頒布を完全に中止するしかないだろう。
132+
133+この節の一部分が特定の状況の下で無効ないし実施不可能な場合でも、節の残りは適用されるよう意図されている。その他の状況では節が全体として適用されるよう意図されている。
134+
135+特許やその他の財産権を侵害したり、そのような権利の主張の効力に異議を唱えたりするようあなたを誘惑することがこの節の目的ではない。この節には、人々によってライセンス慣行として実現されてきた、フリーソフトウェア頒布のシステムの完全性を護るという目的しかない。多くの人々が、フリーソフトウェアの頒布システムが首尾一貫して適用されているという信頼に基づき、このシステムを通じて頒布される多様なソフトウェアに寛大な貢献をしてきたのは事実であるが、人がどのようなシステムを通じてソフトウェアを頒布したいと思うかはあくまでも作者/寄与者次第であり、あなたが選択を押しつけることはできない。
136+
137+この節は、この契約書のこの節以外の部分の一帰結になると考えられるケースを徹底的に明らかにすることを目的としている。
138+
139+12. 『ライブラリ』の頒布や利用が、ある国においては特許または著作権が主張されたインターフェースのいずれかによって制限されている場合、『ライブラリ』にこの契約書を適用した元の著作権者は、そういった国々を排除した明確な地理的頒布制限を加え、そこで排除されていない国の中やそれらの国々の間でのみ頒布が許可されるようにしても構わない。その場合、この制限はこの契約書本文で書かれているのと同様に見なされる。
140+
141+13. フリーソフトウェア財団は、時によって改訂または新版の劣等一般公衆利用許諾書を発表することができる。そのような新版は現在のバージョンとその精神においては似たものになるだろうが、新たな問題や懸念を解決するため細部では異なる可能性がある。
142+
143+それぞれのバージョンには、見分けが付くようにバージョン番号が振られている。『ライブラリ』においてそれに適用されるこの契約書のバージョン番号が指定されていて、更に「それ以降のいかなるバージョン(any later version)」も適用して良いとなっていた場合、あなたは従う条件と制約として、指定のバージョンか、フリーソフトウェア財団によって発行された指定のバージョン以降の版のどれか一つのどちらかを選ぶことが出来る。『ライブラリ』でライセンスのバージョン番号が指定されていないならば、あなたは今までにフリーソフトウェア財団から発行されたバージョンの中から好きに選んで構わない。
144+
145+14. もしあなたが『ライブラリ』の一部を、その頒布条件がこの契約書と矛盾する他のフリープログラムと統合したいならば、作者に連絡して許可を求めよ。フリーソフトウェア財団が著作権を保有するソフトウェアについては、フリーソフトウェア財団に連絡せよ。私たちは、このような場合のために特別な例外を設けることもある。私たちが決定を下すにあたっては、私たちのフリーソフトウェアの派生物すべてがフリーな状態に保たれるということと、一般的にソフトウェアの共有と再利用を促進するという二つの目標を規準に検討されるであろう。
146+
147+無保証について
148+
149+15. 『ライブラリ』は代価無しに利用が許可されるので、適切な法が認める限りにおいて、『ライブラリ』に関するいかなる保証も存在しない。書面で別に述べる場合を除いて、著作権者、またはその他の団体は『ライブラリ』を、表明されたか言外にかは問わず、商業的適性を保証するほのめかしやある特定の目的への適合性(に限られない)を含む一切の保証無しに「あるがまま」で提供する。『ライブラリ』の質と性能に関するリスクのすべてはあなたに帰属する。『ライブラリ』に欠陥があると判明した場合、あなたは必要な保守点検や補修、修正に要するコストのすべてを引き受けることになる。
150+
151+16. 適切な法か書面での同意によって命ぜられない限り、著作権者、または上記で許可されている通りに『ライブラリ』を改変または再頒布したその他の団体は、あなたに対して『ライブラリ』の利用ないし利用不能で生じた一般的、特別的、偶然的、必然的な損害(データの消失や不正確な処理、あなたか第三者が被った損失、あるいは『ライブラリ』が他のソフトウェアと一緒に動作しないという不具合などを含むがそれらに限らない)に一切の責任を負わない。そのような損害が生ずる可能性について彼らが忠告されていたとしても同様である。
152+
153+条件と制約終わり
154+以上の条件をあなたが書いた新しいライブラリに適用するには
155+
156+あなたが新しいライブラリを開発したとして、公衆によってそれが利用される可能性を最大にしたい場合には、そのライブラリを誰でも再頒布あるいは変更できるようフリーソフトウェアにすることをおすすめします。ライブラリの再頒布を以上で述べた条件(あるいは代わりに通常の一般公衆利用許諾契約書)の下で許可することによって、あなたはそのライブラリをフリーソフトウェアにすることができます。
157+
158+以上の条件を適用するには、以下で示す告知をライブラリに付け加えて下さい。保証が存在しないということを確実に伝達するという意味で、最も安全なのはそれぞれのソースファイルの先頭にこれらの告知を付け加えることです。また、それぞれのファイルには少なくとも「著作権」のくだりと完全な告知の在処へのポインタが含められているべきです。
159+
160+one line to give the library's name and an idea of what it does.
161+Copyright (C) year name of author
162+
163+This library is free software; you can redistribute it and/or
164+modify it under the terms of the GNU Lesser General Public
165+License as published by the Free Software Foundation; either
166+version 2.1 of the License, or (at your option) any later version.
167+
168+This library is distributed in the hope that it will be useful,
169+but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
170+MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU
171+Lesser General Public License for more details.
172+
173+You should have received a copy of the GNU Lesser General Public
174+License along with this library; if not, write to the Free Software
175+Foundation, Inc., 59 Temple Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA
176+
177+ (訳:
178+
179+ ライブラリの名前と、それが何をするのかについての簡単な説明。
180+ Copyright (C) 年 作者の名前
181+
182+ このライブラリはフリーソフトウェアです。あなたはこれを、フリーソフトウェ
183+ ア財団によって発行されたGNU 劣等一般公衆利用許諾契約書(バージョン2.1
184+ か、希望によってはそれ以降のバージョンのうちどれか)の定める条件の下で
185+ 再頒布または改変することができます。
186+
187+ このライブラリは有用であることを願って頒布されますが、*全くの無保証*
188+ です。商業可能性の保証や特定の目的への適合性は、言外に示されたものも含
189+ め全く存在しません。詳しくはGNU 劣等一般公衆利用許諾契約書をご覧くださ
190+ い。
191+
192+ あなたはこのライブラリと共に、GNU 劣等一般公衆利用許諾契約書の複製物を
193+ 一部受け取ったはずです。もし受け取っていなければ、フリーソフトウェア財
194+ 団まで請求してください(宛先は the Free Software Foundation, Inc., 59
195+ Temple Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA)。
196+
197+
198+また、電子ないし紙のメールであなたに問い合わせる方法についての情報も書き加えましょう。
199+
200+また、あなたは、必要ならば(プログラマーとして働いていたら)あなたの雇用主、あるいは場合によっては学校から、そのライブラリに関する「著作権放棄声明(copyright disclaimer)」に署名してもらうべきです。以下は例ですので、名前を変えてください:
201+
202+Yoyodyne, Inc., hereby disclaims all copyright interest in
203+the library `Frob' (a library for tweaking knobs) written
204+by James Random Hacker.
205+
206+signature of Ty Coon, 1 April 1990
207+Ty Coon, President of Vice
208+
209+ (訳:
210+
211+ Yoyodyne, Inc.,はここに、James Random Hacker氏が書いたライブラリ「Frob」
212+ (ノブをひねるためのライブラリ) に関するすべての著作権を放棄します。
213+
214+ Ty Coon氏の署名、1990年4月1日
215+ Ty Coon、副社長
216+
217+あなたがしなければならないことはこれで全部です!
--- hoge/tofu/extension_1.xsd (nonexistent)
+++ hoge/tofu/extension_1.xsd (revision 53)
@@ -0,0 +1,26 @@
1+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
2+<xsd:schema xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
3+<xsd:element name="extention">
4+ <xsd:complexType>
5+ <xsd:sequence>
6+ <xsd:element name="information">
7+ <xsd:complexType>
8+ <xsd:sequence>
9+ <xsd:element name="filepath" type="xsd:string"/>
10+ <xsd:element name="homepage" type="xsd:string" minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
11+ <xsd:element name="explanation" type="xsd:string" minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
12+ <xsd:element name="licence-name" type="xsd:string" minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
13+ <xsd:element name="licence" type="xsd:string" minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
14+ </xsd:sequence>
15+ <xsd:attribute name="name" type="xsd:string" use="required" />
16+ <xsd:attribute name="version" type="xsd:string" use="required" />
17+ <xsd:attribute name="author" type="xsd:string" use="required" />
18+ </xsd:complexType>
19+ </xsd:element>
20+ </xsd:sequence>
21+ <xsd:attribute name="version" type="xsd:string" use="required" fixed="1.0"/>
22+ <xsd:attribute name="group" type="xsd:string" use="required" />
23+ <xsd:attribute name="style" type="xsd:string" use="required" />
24+ </xsd:complexType>
25+</xsd:element>
26+</xsd:schema>
--- hoge/tofu/build.xml (nonexistent)
+++ hoge/tofu/build.xml (revision 53)
@@ -0,0 +1,69 @@
1+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
2+<!-- You may freely edit this file. See commented blocks below for -->
3+<!-- some examples of how to customize the build. -->
4+<!-- (If you delete it and reopen the project it will be recreated.) -->
5+<project name="TofuLibrary" default="default" basedir=".">
6+ <description>Builds, tests, and runs the project TofuLibrary.</description>
7+ <import file="nbproject/build-impl.xml"/>
8+ <!--
9+
10+ There exist several targets which are by default empty and which can be
11+ used for execution of your tasks. These targets are usually executed
12+ before and after some main targets. They are:
13+
14+ -pre-init: called before initialization of project properties
15+ -post-init: called after initialization of project properties
16+ -pre-compile: called before javac compilation
17+ -post-compile: called after javac compilation
18+ -pre-compile-single: called before javac compilation of single file
19+ -post-compile-single: called after javac compilation of single file
20+ -pre-compile-test: called before javac compilation of JUnit tests
21+ -post-compile-test: called after javac compilation of JUnit tests
22+ -pre-compile-test-single: called before javac compilation of single JUnit test
23+ -post-compile-test-single: called after javac compilation of single JUunit test
24+ -pre-jar: called before JAR building
25+ -post-jar: called after JAR building
26+ -post-clean: called after cleaning build products
27+
28+ (Targets beginning with '-' are not intended to be called on their own.)
29+
30+ Example of inserting an obfuscator after compilation could look like this:
31+
32+ <target name="-post-compile">
33+ <obfuscate>
34+ <fileset dir="${build.classes.dir}"/>
35+ </obfuscate>
36+ </target>
37+
38+ For list of available properties check the imported
39+ nbproject/build-impl.xml file.
40+
41+
42+ Another way to customize the build is by overriding existing main targets.
43+ The targets of interest are:
44+
45+ -init-macrodef-javac: defines macro for javac compilation
46+ -init-macrodef-junit: defines macro for junit execution
47+ -init-macrodef-debug: defines macro for class debugging
48+ -init-macrodef-java: defines macro for class execution
49+ -do-jar-with-manifest: JAR building (if you are using a manifest)
50+ -do-jar-without-manifest: JAR building (if you are not using a manifest)
51+ run: execution of project
52+ -javadoc-build: Javadoc generation
53+ test-report: JUnit report generation
54+
55+ An example of overriding the target for project execution could look like this:
56+
57+ <target name="run" depends="TofuLibrary-impl.jar">
58+ <exec dir="bin" executable="launcher.exe">
59+ <arg file="${dist.jar}"/>
60+ </exec>
61+ </target>
62+
63+ Notice that the overridden target depends on the jar target and not only on
64+ the compile target as the regular run target does. Again, for a list of available
65+ properties which you can use, check the target you are overriding in the
66+ nbproject/build-impl.xml file.
67+
68+ -->
69+</project>
Show on old repository browser