How to install Gparted

GpartedはもともとLinux上で動作するように開発されたものであるため、Linux以外の環境での利用はできないと理解されがちである。しかし、実際にはGpartedのプロジェクトからはソースコードの他に起動用のliveイメージ(Gparted live)が提供されておりこれを利用することで、CDやUSBメモリから起動しGpartedを利用することができる。ここでは、このGparted liveのインストールの仕方を説明する。
Gparted liveは[/ダウンロードページダウンロードできる。「gparted-live-stable」が最新の安定版で、CDイメージ版(拡張子.iso)とZIP版(拡張子.zip)が用意されている。CD-Rなどに書き込んで利用する場合はCDイメージ版を、USBメモリに書き込んで利用する場合はZIP版をダウンロードする。最新の安定版は、gparted-live-stableフォルダに置かれている。

ダウンロード

CDイメージ版のGparted liveは、一般的なCD/DVDライティングソフトで書き込めるISOイメージ形式になっている。これを適当なCD/DVDライティングソフトでCD-R等に書き込むと、Gparted liveを起動できるLiveCDとなる。
ZIP版のGparted liveを利用する場合は、まずダウンロードしたZIPファイルを展開し含まれるファイルすべてを適当なUSBメモリにコピーする。次にコピーしたUSBメモリを開き、「utils\win32」フォルダ内にある「makeboot.bat」を実行することでUSBメモリに起動用の情報が書き込まれ、ここからGparted liveが起動できるようになる。
(続きを読む...)