• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

ConsoleAdventure: Commit

ConsoleAdventure本体


Commit MetaInfo

Revision88669636ed485868e1b0ef5195223baa10352b42 (tree)
Zeit2020-08-30 20:14:08
Autoryumehiko <yumehik0@iclo...>
Commiteryumehiko

Log Message

Flag管理機能を追加
・SetFlagOR 指定されたフラグnをflagsに追加する
・GetFlag [flagC n,a,b]フラグnをチェックし、trueならaへ、falseならbへページ移動する。
BreakOrderをテキスト読み込み時の命令に変更
[ret]改行置き換え機能を削除

Ändern Zusammenfassung

Diff

Binary files a/.vs/Console_Adventure/DesignTimeBuild/.dtbcache.v2 and b/.vs/Console_Adventure/DesignTimeBuild/.dtbcache.v2 differ
Binary files a/.vs/Console_Adventure/v16/.suo and b/.vs/Console_Adventure/v16/.suo differ
--- a/Console_Adventure/Program.cs
+++ b/Console_Adventure/Program.cs
@@ -1,4 +1,5 @@
11 using System;
2+using System.Threading;
23 using System.Threading.Tasks;
34 using System.Text;
45
@@ -32,6 +33,7 @@ namespace Console_Adventure
3233 Scene myScene = new Scene();
3334 bool initializedGame = false;
3435 int speechSpeed = 20;
36+ uint flags = 0;
3537
3638 public enum GameStats
3739 {
@@ -59,7 +61,10 @@ namespace Console_Adventure
5961 }
6062
6163 const string gotoPage = "[goto ";
64+ const string flagOR = "[flagOR ";
65+ const string flagC = "[flagC ";
6266 const string writeName = "[write name ";
67+ const string breakOrder = "[break]";
6368 const string command = "[command]";
6469 const string gameEnd = "[game end]";
6570
@@ -72,8 +77,19 @@ namespace Console_Adventure
7277 WriteNameCommand(ref i);
7378 continue;
7479 }
80+ else if (myScene.myText[i].StartsWith(flagOR))
81+ {
82+ SetFlagOR(i);
83+ continue;
84+ }
85+ else if (myScene.myText[i].StartsWith(flagC)) return GetFlag(i);
7586 else if (myScene.myText[i] == command) return Command();
7687 else if (myScene.myText[i] == gameEnd) return GameEnd();
88+ else if (myScene.myText[i] == breakOrder)
89+ {
90+ BreakOrder();
91+ continue;
92+ }
7793 else
7894 {
7995 Task.Run(() => TextSpeech(myScene.myText[i]));
@@ -117,6 +133,7 @@ namespace Console_Adventure
117133
118134 void UserInputKey()
119135 {
136+ Thread.Sleep( speechSpeed * 2 + 1 );
120137 Console.ReadKey(true);
121138 switch (stat)
122139 {
@@ -154,6 +171,40 @@ namespace Console_Adventure
154171 int gotoNumber = int.Parse(gotostr);
155172 return myScene.GeneratePage(gotoNumber);
156173 }
174+ private int SetFlagOR(int i)
175+ {
176+ // [flagOR n]命令文で指定されたnフラグを1にする。
177+ int flagNumLength = myScene.myText[i].IndexOf("]") - 8;
178+ string flagstr = myScene.myText[i].Substring(8, flagNumLength);
179+ uint flagNumber = (uint)(1 << int.Parse(flagstr));
180+ flags |= flagNumber;
181+ return 0;
182+ }
183+
184+ private int GetFlag(int i)
185+ {
186+ // [flagC n]命令文で指定されたnフラグを1にする。
187+ int firstCommaPoint = myScene.myText[i].IndexOf(",");
188+ int secondCommaPoint = myScene.myText[i].IndexOf(",", firstCommaPoint+1);
189+ int cBPoint = myScene.myText[i].IndexOf("]");
190+ int flagNumLength = firstCommaPoint - 7;
191+ string flagstr = myScene.myText[i].Substring(7, flagNumLength);
192+
193+ int flagTrueGoto = int.Parse(myScene.myText[i].Substring(firstCommaPoint + 1, secondCommaPoint - (firstCommaPoint + 1)));
194+ int flagFalseGoto = int.Parse(myScene.myText[i].Substring(secondCommaPoint + 1, cBPoint - (secondCommaPoint + 1)));
195+
196+ uint flagNumber = (uint)(1 << int.Parse(flagstr));
197+ if ((flags & flagNumber) != 0) return myScene.GeneratePage(flagTrueGoto);
198+ else return myScene.GeneratePage(flagFalseGoto);
199+ }
200+
201+ private int BreakOrder()
202+ {
203+ Console.WriteLine();
204+ Console.WriteLine("――――――――――――――――――――――――");
205+ return 0;
206+ }
207+
157208 private int Command()
158209 {
159210 //コマンド(数値)を入力し、数値に応じたページへ飛ぶ。成功したら0を返す。
@@ -267,8 +318,6 @@ namespace Console_Adventure
267318 int startIndex = 0;
268319 int oBPoint, cBPoint, orderLength;
269320
270- const string retOrder = "[ret]";
271- const string breakOrder = "[break]";
272321 const string nameOrder = "[name ";
273322
274323 while (true)
@@ -288,7 +337,7 @@ namespace Console_Adventure
288337 orderLength = (cBPoint - oBPoint + 1);
289338 string order = genLine.Substring(oBPoint, orderLength);
290339
291- int result = -1;
340+ int result;
292341
293342 if (order.StartsWith(nameOrder))
294343 {
@@ -296,12 +345,7 @@ namespace Console_Adventure
296345 if (result == 0) continue;
297346 else return result;
298347 }
299- result = (order) switch
300- {
301- retOrder => ReplaceReturn(ref genLine, oBPoint),
302- breakOrder => ReplaceBreak(ref genLine),
303- _ => -1,
304- };
348+ else result = -1;
305349 if (result > 0) return result;
306350 if (result == -1) startIndex = cBPoint + 1;
307351 }
@@ -326,20 +370,5 @@ namespace Console_Adventure
326370 genLine = genLine.Insert(oBPoint, nameList[nameNum]);
327371 return 0;
328372 }
329-
330- private int ReplaceReturn(ref string genLine, int oBPoint)
331- {
332- //[ret]を改行に置き換え。
333- genLine = genLine.Remove(oBPoint, 5);
334- genLine = genLine.Insert(oBPoint, Environment.NewLine);
335- return 0;
336- }
337-
338- private int ReplaceBreak(ref string genLine)
339- {
340- //[break]を章区切りに置き換え。
341- genLine = Environment.NewLine + "――――――――――――――――――――――――" + Environment.NewLine;
342- return 0;
343- }
344373 }
345374 }
--- a/Console_Adventure/Properties/Resources.Designer.cs
+++ b/Console_Adventure/Properties/Resources.Designer.cs
@@ -1,699 +1,862 @@
1-//------------------------------------------------------------------------------
2-// <auto-generated>
3-// このコードはツールによって生成されました。
4-// ランタイム バージョン:4.0.30319.42000
5-//
6-// このファイルへの変更は、以下の状況下で不正な動作の原因になったり、
7-// コードが再生成されるときに損失したりします。
8-// </auto-generated>
9-//------------------------------------------------------------------------------
10-
11-namespace Console_Adventure.Properties {
12- using System;
13-
14-
15- /// <summary>
16- /// ローカライズされた文字列などを検索するための、厳密に型指定されたリソース クラスです。
17- /// </summary>
18- // このクラスは StronglyTypedResourceBuilder クラスが ResGen
19- // または Visual Studio のようなツールを使用して自動生成されました。
20- // メンバーを追加または削除するには、.ResX ファイルを編集して、/str オプションと共に
21- // ResGen を実行し直すか、または VS プロジェクトをビルドし直します。
22- [global::System.CodeDom.Compiler.GeneratedCodeAttribute("System.Resources.Tools.StronglyTypedResourceBuilder", "16.0.0.0")]
23- [global::System.Diagnostics.DebuggerNonUserCodeAttribute()]
24- [global::System.Runtime.CompilerServices.CompilerGeneratedAttribute()]
25- internal class Resources {
26-
27- private static global::System.Resources.ResourceManager resourceMan;
28-
29- private static global::System.Globalization.CultureInfo resourceCulture;
30-
31- [global::System.Diagnostics.CodeAnalysis.SuppressMessageAttribute("Microsoft.Performance", "CA1811:AvoidUncalledPrivateCode")]
32- internal Resources() {
33- }
34-
35- /// <summary>
36- /// このクラスで使用されているキャッシュされた ResourceManager インスタンスを返します。
37- /// </summary>
38- [global::System.ComponentModel.EditorBrowsableAttribute(global::System.ComponentModel.EditorBrowsableState.Advanced)]
39- internal static global::System.Resources.ResourceManager ResourceManager {
40- get {
41- if (object.ReferenceEquals(resourceMan, null)) {
42- global::System.Resources.ResourceManager temp = new global::System.Resources.ResourceManager("Console_Adventure.Properties.Resources", typeof(Resources).Assembly);
43- resourceMan = temp;
44- }
45- return resourceMan;
46- }
47- }
48-
49- /// <summary>
50- /// すべてについて、現在のスレッドの CurrentUICulture プロパティをオーバーライドします
51- /// 現在のスレッドの CurrentUICulture プロパティをオーバーライドします。
52- /// </summary>
53- [global::System.ComponentModel.EditorBrowsableAttribute(global::System.ComponentModel.EditorBrowsableState.Advanced)]
54- internal static global::System.Globalization.CultureInfo Culture {
55- get {
56- return resourceCulture;
57- }
58- set {
59- resourceCulture = value;
60- }
61- }
62-
63- /// <summary>
64- /// 型 System.Drawing.Bitmap のローカライズされたリソースを検索します。
65- /// </summary>
66- internal static System.Drawing.Bitmap image {
67- get {
68- object obj = ResourceManager.GetObject("image", resourceCulture);
69- return ((System.Drawing.Bitmap)(obj));
70- }
71- }
72-
73- /// <summary>
74- /// 西暦2026年 2月17日[ret]
75- ///真っ暗な海の世界を、大型の投光器が照らしている。
76- ///深度600メートル、深海熱水噴出域の調査のために、大深度有人潜水調査船は若手の操縦者である私と、研究者の渡部を乗せ、ゆっくりと潜行している。
77- ///視界いっぱいに広がる大きな崖。そのごつごつとした肌に穴がいくつも空いている。穴の中に丁寧に光を投げていく。
78- ///「この辺りのはずなんだけど……。マンタか何かが動かしたのかな」渡部がぼやいた。
79- ///やがて、崖の途中に、ひときわ大きな穴が見えた。その穴の淵にドロップカムがひっかかっている。
80- ///「あった、あった。これでよし。ねぇ、最後にこの穴を調べていきましょう」渡部が楽しそうに指示をした。[ret]
81- ///穴は調査艇よりも大きく、中は深い。調査艇が穴の中をゆっくりと進むと、あたりの様子が少し変わってきた。岩の表面が綺麗にならされているように見える。
82- ///「サカナが全然いない……。なんだか建物の中にいるみたい。見て! あの岩、すっごくまんまる……」
83- ///渡部の言う通り、正面にひときわ広い空間があり、まさにその中心に直径8メートルほどの、自然の岩とは思えないほど綺麗な球体が鎮座している。その球体に [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
84- /// </summary>
85- internal static string yume_001 {
86- get {
87- return ResourceManager.GetString("yume_001", resourceCulture);
88- }
89- }
90-
91- /// <summary>
92- /// 渡部の言う通り、私は奇妙な球体を後にした。調査艇が海上まで浮上していく。
93- ///これで今日の調査任務は終わりだ。さっそく調査結果をまとめなきゃいけない。
94- ///それにしても、あの卵のようなものはなんだったんだろう。それにあの場所。なんだか今日の調査は奇妙だった。
95- ///しかし、調査艇が浮上するに従って、私の興味はどんどん薄れていった。海上に昇ったころには、私も渡部も、あの穴のことはすっかり忘れ去っていた。
96- ///不思議なことに、カメラに収められたあの奇妙な球体や卵のようなものの映像も、誰の興味を引くことはなかった。それは誰にも触れられないまま、記録の山に埋もれてしまった。
97- ///そうして、そのことを知るものは、誰もいなくなったのである。[ret][ret]
98- ///--END--
99- ///[game end] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
100- /// </summary>
101- internal static string yume_002 {
102- get {
103- return ResourceManager.GetString("yume_002", resourceCulture);
104- }
105- }
106-
107- /// <summary>
108- /// [ret]渡部はそう言ったが、私はなんとなくその卵のようなものをつかもうと、マニピュレータを操作した。
109- ///先端がそれに触れようとした時、頭の中に閃光が発した。
110- ///地鳴りのような音が耳の中で響く。
111- ///その音がどんどん大きくなり、あまりの音に何も考えられなくなる。
112- ///視界全体が狂った万華鏡のような模様でいっぱいになり、何も見えなくなった。
113- ///[break]
114- ///視界が徐々に元に戻る。
115- ///何か妙だ。
116- ///周りはまぶしいくらい、明るくはっきりと見える。さっきまでシートに座っていたのに、今は砂だらけの石造りの床の上に立っている。
117- ///周囲には小さく、粗末な石造りの家がいくつもある。ボロくなった服を着た、痩せっぽちの人々がこちらを見ている。[ret]
118- ///「あなたったら! 大丈夫なの? 返事して!」
119- ///声のする方を見ると、そこには20代くらいの女性が、こちらへ向かってくるのが見えた。栗色の短い髪型で、透き通ったような薄い色の目には、心配の色が見える。
120- ///彼女は私の元へ駆け寄ると、私の頭を優しくさすり「ケガはしてないみたいね……。本当にびっくりしたわ。転んだかと思ったら、突然走り去って、返事もしないんだもの」と話した。[ret] /// [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
121- /// </summary>
122- internal static string yume_003 {
123- get {
124- return ResourceManager.GetString("yume_003", resourceCulture);
125- }
126- }
127-
128- /// <summary>
129- /// [ret]彼女は呆れたような、ほっとしたような顔で言う。「ほんとにもう……。タチの悪い冗談よ。ね、帰ってご飯にしましょ。おなか空いてるでしょ」
130- ///そうして、彼女と共に、彼女の言う「自宅」へと帰った。
131- ///[goto 5] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
132- /// </summary>
133- internal static string yume_004 {
134- get {
135- return ResourceManager.GetString("yume_004", resourceCulture);
136- }
137- }
138-
139- /// <summary>
140- /// [break]
141- ///それから、ちょっとした騒ぎになった。
142- ///私は本来の名前も、それまでの人生の記憶もすべて覚えている。しかし、それはかつての私のことであって、この世界での「私」は全くの別人だった。
143- ///そして、この別人、名は「ジーシャ」というらしいが、その記憶は全く持っていない。アルマのいう「自宅」も、今までの人生も、アルマが妻だということさえ、私には全く理解できなかった。
144- ///思い出せること、現実の日本での暮らしをどれだけ伝えても、アルマにとっては全く異世界の、空想か妄想の産物にしかとらえられなかった。
145- ///まるで、私が狂ってしまったかのように、アルマは取り乱してしまった。
146- ///[goto 6] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
147- /// </summary>
148- internal static string yume_005 {
149- get {
150- return ResourceManager.GetString("yume_005", resourceCulture);
151- }
152- }
153-
154- /// <summary>
155- /// [ret]それからしばらくして。
156- ///落ち着いて冷静に状況を見ても、やはり自分は「ジーシャ」という男に入れ替わってしまったらしい。にわかには信じがたいが、事実は受け入れなければならない。
157- ///今は「ガジ」という恰幅のよい男の診察を受けている。ガジはジーシャの同僚の男らしい。診察と言っても、小型の医療器具らしきもので、体調に関わる数値を計っているだけらしかったが。
158- ///「まったく……新婚のクセに嫁さんのことも忘れちまったってのかよ」
159- ///ガジは呆れたように言う。
160- ///「しかしまぁ、健康状態に問題はないと思う。どこにもケガはないし。言葉は忘れなくてよかったな」
161- ///すっかり泣き腫らした顔のアルマが言った「あの、記憶が戻るのはいつになるの?」
162- ///ガジは答えて言う。「悪いけど、わからないよ。こんなの初めて見たんだし。ホンモノの医者が居れば、もう少し何かわかったかもしれないけどさ」
163- ///ガジは冗談めかして続ける。
164- ///「まぁ、これはチャンスかもよ、奥さん。イチから教育するチャンス! おいジーシャ、よーく聞けよ。この村ではな、旦那は奥さんのゴキゲンとメンドーをきっちり見るのが仕事なんだぜ。まずはこの家の家事のルールから覚えなおしだ。それ [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
165- /// </summary>
166- internal static string yume_006 {
167- get {
168- return ResourceManager.GetString("yume_006", resourceCulture);
169- }
170- }
171-
172- /// <summary>
173- /// [ret]「もちろんあるわ」アルマが答えた。「と言っても、食べ物をやり取りするとき以外、滅多に会うことはないんだけど。でも、他の町の人たちとは、いつでもオンラインでつながっているわ。世界を元通りに戻すために、世界中の人が助け合っているの」
174- ///「それが、俺とお前の重要な仕事のひとつでもある」ガジが誇らしげに答えた。[ret]
175- ///「食べ物は、どうやってまかなってるんだ?」 8へ。
176- ///「今は西暦何年なんだ?」 9へ。
177- ///[command] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
178- /// </summary>
179- internal static string yume_007 {
180- get {
181- return ResourceManager.GetString("yume_007", resourceCulture);
182- }
183- }
184-
185- /// <summary>
186- /// [ret]「それは、この村にある小さな研究室のおかげだ」ガジが少し誇らしげに答えた。
187- ///アルマが話す。
188- ///「ここは、元々は出稼ぎや内職なんかでほそぼそと暮らしていた小さな村だったの。ある日、あなたとガジさんが研究者として、この村にやってきた」
189- ///「そう、俺たちはもともとこの村の住民じゃない。しかしあのウィルスが蔓延し始めてから、どこも封鎖されて、俺たちはここから出られなくなった。でも、俺たちは「新型の循環型水耕栽培機」の試験のためにここに来ていたんだ。それがあれば、食べ物はなんとかまかなえた。試験は大成功だ。報告する先もなくなっちまったが……」
190- ///「でも、そのおかげで私たちは生き延びられたのよ」アルマが言う。[ret]
191- ///「今は西暦何年なんだ?」 9へ。
192- ///[command] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
193- /// </summary>
194- internal static string yume_008 {
195- get {
196- return ResourceManager.GetString("yume_008", resourceCulture);
197- }
198- }
199-
200- /// <summary>
201- /// [ret]「セイレキ……? 暦のことか。今は2053年だ」
202- ///信じられないことだが、やはり「今」は未来なのだ。それも、たったの33年先の未来。こうしてはいられない。今すべきことは……。[ret]
203- ///なんとしても、元の時代の元の体へ戻らなければ。 10へ。
204- ///早くこの時代に馴染まなければ。 20へ。
205- ///[command] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
206- /// </summary>
207- internal static string yume_009 {
208- get {
209- return ResourceManager.GetString("yume_009", resourceCulture);
210- }
211- }
212-
213- /// <summary>
214- /// [ret]こうしては居られない。
215- ///彼らの話によれば、おそらく2030年代のどこかで、人類を滅ぼすようなウィルスが蔓延してしまうのだ。
216- ///いてもたってもいられなくなり、席を立ちあがり、玄関から飛び出した。
217- ///家の中から、私を制止する声が聞こえるが、それどころではない。[ret]
218- ///「どんなことでも試すんだ」まずは最初に気が付いたあの場所へ……。 11へ。
219- ///「落ち着け。冷静になるんだ」まずはウィルスについて調べないと……。 12へ。
220- ///[command] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
221- /// </summary>
222- internal static string yume_010 {
223- get {
224- return ResourceManager.GetString("yume_010", resourceCulture);
225- }
226- }
227-
228- /// <summary>
229- /// [ret]手がかりはたったひとつ。最初にこの体で目覚めたあの場所だ。
230- ///がむしゃらに走って、元の広場に戻った。
231- ///周囲には小さな家が建ち並び、こちらを心配そうに見つめる人が数人いる。
232- ///その場で必死に念じたり、目を瞑って、また開いてみたりしたが、何も変わる気配はない。[ret]
233- ///「外だ。ここから出るなら外に出なければ」村の外へ走る。 30へ。
234- ///「中だ。この村の中にヒントがあるはずだ」周囲を見渡す。 12へ。
235- ///[command] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
236- /// </summary>
237- internal static string yume_011 {
238- get {
239- return ResourceManager.GetString("yume_011", resourceCulture);
240- }
241- }
242-
243- /// <summary>
244- /// [ret]周囲を見渡すと、小さな家から少し離れて、ひときわ大きく、現代的な作りの建物が見えた。
245- ///あそこなら何かわかるかもしれない。
246- ///[goto 13] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
247- /// </summary>
248- internal static string yume_012 {
249- get {
250- return ResourceManager.GetString("yume_012", resourceCulture);
251- }
252- }
253-
254- /// <summary>
255- /// [break]
256- ///その建物の中は電気が通っているらしく、空調や電灯らしきものが動いている。
257- ///中は一つの大きな区画と、小さな二つの部屋、それと砂漠式のトイレらしきものだけがあった。
258- ///大きな区画の中には、大型の水耕栽培機らしきものが稼働している。モニターには栽培機や農作物の状態が映っている。作物の名前はわからないが、大根や人参、麦らしきものが育っているようだ。
259- ///残る二つの部屋は、資料室らしきものと、コンピュータがいくつか置かれた部屋だった。
260- ///コンピュータは見たこともない機種だった。ディスプレイと、キーボードのようなものはあるものの、刻印されているキーはアルファベットではなかった。[ret]
261- ///(そういえば、俺は今、どこの言葉を喋っているんだ……?)[ret]
262- ///机の上に置かれた資料にも、見たことのない文字が並んでいる。
263- ///しかし、その文字の意味は理解できた。
264- ///『TBof-15の根絶不可能性の証明』。
265- ///『遺伝情報保管について』。
266- ///『精神感応型生物防護装置』。[ret]
267- ///「やっぱり、ここにいたか」
268- ///振り向くと、そこにはガジが立っていた。
269- ///「ここが俺たちの職場だ。栽培機を整備する傍ら、オンラインで世 [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
270- /// </summary>
271- internal static string yume_013 {
272- get {
273- return ResourceManager.GetString("yume_013", resourceCulture);
274- }
275- }
276-
277- /// <summary>
278- /// [break]
279- ///9か月後。
280- ///あれから、ガジの研究の助手として働いている。といっても、全く知識の無いも同然の私にできることは、勉強くらいのものだったが。
281- ///この世界では、すべての端末の計算力がオンラインで集約され、単一の汎用人工知能「ファイニグン」が必要な計算を順番に解決している。
282- ///実験も、ほとんどの場合はシミュレーションで充分だったが、「ファイニグン」は「人間にとって何が有用か」を決める権限は持っていなかった。
283- ///だから、研究者の主な仕事は「次に何を計算すべきか」を話し合うことだった。[ret]
284- ///TBof-15の蔓延に対して、人類が初めに行った研究は「TBof-15の根絶」だったが、大量の試験と計算を重ねた結果、短期的な解法は無いことがわかったのだった。[ret]
285- ///ガジとの話を思い出す。
286- ///「それから、人類はだいたい二つの派閥に分かれた。『それでもTBof-15を根絶して、元の世界を取り戻す派』と、『TBof-15と共存する派』だ。お前と俺は前者だ」
287- ///私は少し考えて答えた。
288- ///「でも、そんな方法あるのか? 世界中の端末で計算しても、方法が無いってわかったんだろ?」
289- ///「短期的な方法は、な。治療薬と [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
290- /// </summary>
291- internal static string yume_020 {
292- get {
293- return ResourceManager.GetString("yume_020", resourceCulture);
294- }
295- }
296-
297- /// <summary>
298- /// [goto 24] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
299- /// </summary>
300- internal static string yume_021 {
301- get {
302- return ResourceManager.GetString("yume_021", resourceCulture);
303- }
304- }
305-
306- /// <summary>
307- /// [goto 24] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
308- /// </summary>
309- internal static string yume_022 {
310- get {
311- return ResourceManager.GetString("yume_022", resourceCulture);
312- }
313- }
314-
315- /// <summary>
316- /// [goto 24] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
317- /// </summary>
318- internal static string yume_023 {
319- get {
320- return ResourceManager.GetString("yume_023", resourceCulture);
321- }
322- }
323-
324- /// <summary>
325- /// [ret]「実は……子どもができたみたいなの」
326- ///歩みが止まる。
327- ///「名前、決めなきゃね」
328- ///[break]
329- ///それからアルマと、生まれてくる子どもが男なのか女なのか、どんな子になるのか、毎日話し合った。生まれてくる子が女の子だとわかり、ついにあと1か月以内に生まれるとなると、いよいよ名前を決めなければならなかった。
330- ///「ねぇ、たくさん候補はあったけど、やっぱりあなたに決めてほしいの」
331- ///[write name 0]娘の名前は……:
332- ///[goto 25] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
333- /// </summary>
334- internal static string yume_024 {
335- get {
336- return ResourceManager.GetString("yume_024", resourceCulture);
337- }
338- }
339-
340- /// <summary>
341- /// [ret]その女の子は、ふたりによって「[name 0]」と名づけられた。
342- ///[break]
343- ///それから、10年経った。
344- ///今日は[name 0]の10歳の誕生日だ。この村では、子供の10歳の誕生日を盛大に祝う慣習があり、ガジや村の住人が集まって、どんちゃん騒ぎになっている。
345- ///いつもは質素に食べ物や水も切り詰めてはいるが、この時ばかりはと、もはや手に入らなくなった酒や、長期保存用の缶詰などが村中からかき集められ、振る舞われた。
346- ///ささやかではあったが、村に住むものにとっては、本当に久しぶりの明るい出来事だった。誰もが笑顔で、夢中で騒いでいた。[ret]
347- ///「おい! お前の缶詰、中身が肉じゃないか! 俺のサカナの缶詰と交換しよう!」
348- ///ガジが目ざとく、私の分の缶詰に目をつけた。
349- ///サカナも肉も、ここでは滅多に食べられるものではない。しかし、ガジの缶詰はもう半分食べかけだった。
350- ///「バレたか。じゃあこうしよう。俺が今からこのフタを右手か左手に隠す。もし当てられたら、俺のサカナの缶詰をおまえに全部やろう。外れたら、俺の缶詰と交換だ。二分の一で、お前が負けても缶詰は食べられるから、ワリのいい賭けだろう?」
351- ///よーく [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
352- /// </summary>
353- internal static string yume_025 {
354- get {
355- return ResourceManager.GetString("yume_025", resourceCulture);
356- }
357- }
358-
359- /// <summary>
360- /// [ret]はたして。ガジが左手を開くと、そこにはフタは無かった。
361- ///しまった。ガジはやはり俺に譲る気で、右手にフタを持っていたのだ。
362- ///友人を信じてやれなかった。すまないガジ……。
363- ///「ヒャッホー! 俺の勝ちだ! いただき!」
364- ///ガジはあっという間に肉の缶詰をひったくり、目にも止まらぬ速さで食べ終えた。
365- ///「あぁ、もう無くなった! でもまだサカナがあるからな。あ、おいおっちゃん! その貝の缶詰と俺のサカナの缶詰で勝負を……」
366- ///……。
367- ///[goto 28] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
368- /// </summary>
369- internal static string yume_026 {
370- get {
371- return ResourceManager.GetString("yume_026", resourceCulture);
372- }
373- }
374-
375- /// <summary>
376- /// [ret]はたして。ガジが右手を開くと、そこにはフタは無かった。
377- ///しまった、騙された。いや別に騙されたわけではないが、ガジは賭け事となるとやはり本気だ。あるいは俺の心理の動きを読んで、有情の右手をフェイクとして仕込んだか……?
378- ///「ヒャッホー! 俺の勝ちだ! いただき!」
379- ///ガジは無情にも肉の缶詰をひったくり、意気揚々と次の獲物を狙いにいった。
380- ///しばらくして、ガジは缶詰の山を築き上げ、[name 0]に「誕生日プレゼント」だと言い張って缶詰を譲っていた。俺にも「お情け」で一缶譲ってくれたが、中身はキノコの缶詰だった。
381- ///[goto 28] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
382- /// </summary>
383- internal static string yume_027 {
384- get {
385- return ResourceManager.GetString("yume_027", resourceCulture);
386- }
387- }
388-
389- /// <summary>
390- /// [ret]「もう10歳だなんて、信じられないわね」騒ぎを楽しそうに眺めながら、アルマは愛おしげに[name 0]の頭をなでていた。
391- ///しかし[name 0]の表情はどこか寂しげだ。
392- ///どうかしたの。と[name 0]に聞いた。
393- ///「みんなが私のこと、もう大人ね、って言うの。でも私、大人になんてなりたくない」
394- ///アルマは、どうしてそう思うの、と娘に尋ねた。
395- ///「だって、どうすれば立派な大人になれるかなんて、わからないもの。毎日水が足りなくて、運ぶのは重くて大変なのに、ママはいつも私が飲む分を用意してくれる。パパだって、毎日研究して、たくさんお勉強してる。私、そんなにずっと頑張ったりできないよ」
396- ///泣きそうな娘に、アルマは優しく微笑みながら答えた。
397- ///「あなたのペースでいいのよ。パパも私も、自分ができることをやってるだけ。みんなのために、少しずつだけね」[ret]
398- ///そうか。
399- ///大人たちにとって、今のこの世界は過酷だ。元々文明の快適さを知っていたから、余計につらく感じるものも多いだろう。
400- ///インフラはほとんどが停止してしまって、使える電力もできる限り「計算」のために使っている。だから住民は、生活のために大部分の時 [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
401- /// </summary>
402- internal static string yume_028 {
403- get {
404- return ResourceManager.GetString("yume_028", resourceCulture);
405- }
406- }
407-
408- /// <summary>
409- /// きっと、ここはどこかの異世界の中だ。
410- ///だから、外の世界へ戻らなければ。
411- ///わたしは村から出て、がむしゃらに走った。[ret]
412- ///見渡す限りの砂と岩。そのどこかに現実の世界があるはずだ。[ret]
413- ///強烈な日光が私の皮膚を焼く。汗は一瞬で乾き、喉がへばりつくように乾く。
414- ///どのくらい走っただろう。1時間? 1日? あるいはたったの数分か。
415- ///視界はかすみ、強烈な耳鳴りで何も聞こえない。
416- ///私はどうやら狂っていた。五感は失われ、走っているのか、倒れているのかすらわからない。[ret]
417- ///ふいに、足元が崩れたような感覚がした。
418- ///足の下は崖のようになっていて、眼下にはごつごつとした岩が見える。
419- ///死の恐怖で五感がよみがえる。しかし体は思うように動かない。まるで崖に吸い込まれるようだ。
420- ///あぁ、ここで死ぬんだな。あるいは、やはりこれは夢だったのだろうか。[ret]
421- ///「危ない!」
422- ///ふいに、何か強い力で引っ張られた。
423- ///私は崖に落ちる寸前に、誰かに引き戻されたようだ。
424- ///そして、私を引き戻した反動で、その誰かが崖の外に投げ出されていくのが見えた。[ret]
425- ///長い金切り声、そして鈍い音に混じった、枯れ木のようなもの [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
426- /// </summary>
427- internal static string yume_030 {
428- get {
429- return ResourceManager.GetString("yume_030", resourceCulture);
430- }
431- }
432-
433- /// <summary>
434- /// [break]
435- ///この世界に来てから、ずっといろんなことを勉強し続けていた。
436- ///ウィルス蔓延以後、人口が密集した都市部はおそらくすべて破滅してしまったのだろう。オンライン上にあるデータはほとんど失われてしまっていた。
437- ///それでも、この村のようにほんの一部の人類が生き延びて、今のこの世界の状態や過去の歴史などを、少しずつ集めることに成功していたのだ。[ret]
438- ///初めは、元の時代の、元の体へ戻るための勉強だった。神隠しやタイムトラベルのようなSFじみたことでも、知れることなら何だって知ろうとした。
439- ///それが、娘が産まれてからは、この世界をよくするための勉強に変わった。ウィルスのこと、人間の体のこと。ガジの研究のこと。「元の自分」にもいなかった、実の子どもという存在が、自分の中でものすごく大きくなっていたからだ。
440- ///そんな中で、私が知っている国や言語が、全く残っていないことに気づいた。
441- ///この世界はひょっとしたら、私が思っていたよりも遥かに未来かもしれない。あるいは、私が知っている「地球」でさえないのかも。
442- ///[goto 41] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
443- /// </summary>
444- internal static string yume_040 {
445- get {
446- return ResourceManager.GetString("yume_040", resourceCulture);
447- }
448- }
449-
450- /// <summary>
451- /// [break]
452- ///それから、10年の月日が流れた。
453- ///人類は徐々に衰退していた。オンライン上でやり取りできる人は、私がここに来てからもう10分の1ほどに減っていた。
454- ///計算に使える端末も減り、その結果計算に必要な時間が伸び、問題を解決するまでの時間も伸びてしまった。
455- ///様々な解決案が提案されては、計算され、現実的には不可能であることが証明され、消えていった。[ret]
456- ///たった一つ残った解決案は、複雑で計算に長い時間が要するものだった。それは次のような計画だった。
457- ///1. 人類を外界から影響を受けない仮死状態して、長期間保存する。
458- ///2. 人工ウィルスを作り、地球上に蔓延させる。人工ウィルスに感染した個体はTBof-15を活性化させ、種を問わず個体を死亡させる。
459- ///3. すべてのTBof-15の感染個体が死亡したのち、人類を蘇生する。
460- ///一言で言えば「人類が暮らせる世界になるまで眠っていよう」という作戦だ。
461- ///人類が目覚めるとき、地上にいるTBof-15に感染している個体はすべて死んでいる。つまりTBof-15を媒介する個体は存在しなくなる。
462- ///これが、人類を滅ぼさずにTBof-15を根絶させる、最後に残った [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
463- /// </summary>
464- internal static string yume_041 {
465- get {
466- return ResourceManager.GetString("yume_041", resourceCulture);
467- }
468- }
469-
470- /// <summary>
471- /// [break]
472- ///すぐ近くなのに、家に帰るのは久しぶりだった。オンラインでの話し合いが過熱する一方だったからだ。
473- ///真っ暗な食卓に[name 0]が座っていた。星明りでかろうじて見えるものの、表情まではうかがえない。
474- ///「遅かったね。ねぇ、今日何の日か覚えてる?」
475- ///……今日は私の誕生日だった。すっかり忘れていたが。
476- ///「この間、私、結婚するかもって言ったよね。何度も話したいと思ったけど、父さんはここ最近ずっと研究所にこもりっきりだから、話せなかった。邪魔もできないしね。私、明日の朝に向こうの町に行くわ」[ret]
477- ///他の町との交流は、以前よりも増していた。小さくなりすぎたコミュニティ同士が、それだけでは生きていけなくなったので、寄り添う他に方法はなくなったのだ。
478- ///とはいえ、移動は簡単ではないし、安全でもない。生活上不可欠な理由か、あるいはよほど特別な理由でも無い限り、他の町へと実際に行くことはできなかった。
479- ///もしかしたら、[name 0]とは今生の別れになるかもしれない。[ret]
480- ///そうか、達者でな。
481- ///それしか言えなかった。[ret]
482- ///次の日、[name 0]は早々に準備を終え、アルマを抱きしめた [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
483- /// </summary>
484- internal static string yume_042 {
485- get {
486- return ResourceManager.GetString("yume_042", resourceCulture);
487- }
488- }
489-
490- /// <summary>
491- /// [goto 46] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
492- /// </summary>
493- internal static string yume_043 {
494- get {
495- return ResourceManager.GetString("yume_043", resourceCulture);
496- }
497- }
498-
499- /// <summary>
500- /// [goto 46] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
501- /// </summary>
502- internal static string yume_044 {
503- get {
504- return ResourceManager.GetString("yume_044", resourceCulture);
505- }
506- }
507-
508- /// <summary>
509- /// [goto 46] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
510- /// </summary>
511- internal static string yume_045 {
512- get {
513- return ResourceManager.GetString("yume_045", resourceCulture);
514- }
515- }
516-
517- /// <summary>
518- /// [ret]「……そう。わかった。ありがとう。じゃ、元気でね」
519- ///[name 0]は私を抱きしめて、家から出ていった。見えなくなるまで見送ったが、こちらに振り返ることはなかった。
520- ///ふと、食卓の上を見ると、見慣れない小さなオルゴールがひとつ置いてあった。
521- ///ぜんまいを巻くと、聞いたことのない、どこか物悲しい旋律が流れ始めた。[ret]
522- ///「あの子、いつも我慢してたのよ。私たちに甘えたかったり、怒りたかったりしても、ずっと黙ってた。どうしたの、って聞いてあげるまで、いつもそうしてたわ」アルマが言った。[ret]
523- ///あまりにもそっけない別れだった。
524- ///もしかすると、[name 0]が産まれてから20年間、私は親らしいことは何一つできなかったんじゃないだろうか。
525- ///「よう。おいおいなんだ、ひどいツラしてんなぁ」
526- ///研究所に戻ると、ガジが早速軽口を叩いてきた。[ret]
527- ///「……なるほど。それでへこんでたのか」意外にもガジは笑わずに愚痴を聞いてくれた。
528- ///「でもさ。俺たちなんて親にはもう会えないんだぜ。お前は忘れちゃってるかもしれないけど、俺の親は都会にいたからもう死んじゃったからな」
529- ///……言われてみれば、私は「ジー [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
530- /// </summary>
531- internal static string yume_046 {
532- get {
533- return ResourceManager.GetString("yume_046", resourceCulture);
534- }
535- }
536-
537- /// <summary>
538- /// [break]
539- ///毎朝起きて、アルマと話し、そして研究所へ向かう。
540- ///ずっと長い時間が経った。
541- ///私もアルマもすっかり老けたが、喧嘩もすることなくずっと暮らしてこれた。それはひとえに、この世界が大変で、喧嘩どころではないことにあるのか、あるいはアルマの人格の成せるところだったのかもしれない。[ret]
542- ///絶望的なことに、人類はもはや私たちの村と、その周囲のコミュニティしか生き延びていないらしかった。オンラインで繋がれる他のコミュニティは、すべて飢餓や病気、あるいはTBof-15によって全滅していた。[ret]
543- ///ある日、研究所に着くと、ガジがいつになく慌てていた。禿げ上がった頭の先まで真っ青になっていた。こんなガジは見たことがない。
544- ///「大変だ……。ついに循環装置がダメになった」
545- ///循環装置は、水耕栽培機の元素を調節・循環させる精密装置で、我々の食料を生産するために必要不可欠な装置だ。
546- ///ついにこの日が来たか。
547- ///循環装置を修理するための技術はもはや失われていた。そして、予備パーツももはや残っていない。循環装置の故障は、人類の絶滅を意味していた。[ret]
548- ///「計画を実行するしかない」ガジは決意を込めた口調で [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
549- /// </summary>
550- internal static string yume_047 {
551- get {
552- return ResourceManager.GetString("yume_047", resourceCulture);
553- }
554- }
555-
556- /// <summary>
557- /// [ret]ガジの言う計画とは、[name 0]がこの村を出た年に進めていた計画のことだ。
558- ///人間を仮死状態で保存し、外界から長い間守る。その間に人工ウィルスが哺乳類ごとTBof-15を根絶し、その後、TBof-15の無い新天地に人類は復活する。
559- ///しかし、計画には膨大な計算が必要で、まだ計算は完了していなかった。人間を保存する方法、その防護装置はできたものの、人工ウィルスはまだ完成していない。
560- ///「それでも、もうこれしか方法は無い。俺たちが眠ってる間に、人工ウィルスができて、それをばらまける状態を準備おけばいい。何年かかるがわからないが、人工ウィルスが完成するまで、眠り続けるんだ」
561- ///もしできなかったら?
562- ///「その時は、みんな仲良く眠ってるだけさ。永久にな。みんなを集めるぞ」
563- ///[goto 51] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
564- /// </summary>
565- internal static string yume_050 {
566- get {
567- return ResourceManager.GetString("yume_050", resourceCulture);
568- }
569- }
570-
571- /// <summary>
572- /// [break]
573- ///「父さん……」
574- ///久々にあった娘は、すっかりおばさんになっていた。それだけではなく、[name 0]の子どもたち、そのまた子どもまで居た。
575- ///端末で通信して、ひ孫ができたことまで知ってはいたものの、実際に会ってみると感慨深いものがある……。しかし、今はそれどころではない。
576- ///直径8メートルほどの、球状の防護装置の前に集まった「最後の人類」は、なんとたったの200人程度だった。
577- ///ガジがあわただしく叫ぶ。
578- ///「みんなよく聞いてくれ。そんなに難しいことじゃない。もう説明したが、これからみんなには、薬を飲んでこの装置の中に入ってもらう。みんなにいきわたってるはずだ。赤ん坊には水薬にしたやつがある」
579- ///「まず、ジーシャがみんなの前で実演する。その通りにやるんだ。ひとりずつな」
580- ///ガジが、私に粉薬を手渡してきた。
581- ///この薬を飲めば、次に起きられるかはわからない。
582- ///仮死状態になった我々を守る装置は、他ならぬ私とガジで設計した。しかし、それが完璧だとは断言できない。
583- ///これ以上ないほど入念に設計したが、不確定要素があまりにも多いのだ。
584- ///むしろ、無謀な賭けだとさえ思える。
585- ///私の不安を察したのか、ガジが [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
586- /// </summary>
587- internal static string yume_051 {
588- get {
589- return ResourceManager.GetString("yume_051", resourceCulture);
590- }
591- }
592-
593- /// <summary>
594- /// [break]
595- ///[ret]……。
596- ///…………。
597- ///「ねぇ……」
598- ///…………ここはどこだろう。
599- ///視点がうまく定まらない。防護装置はうまく動いたのか?
600- ///TBof-15の無い楽園のような世界に、私たちはこれたのだろうか。
601- ///アルマはどこだ? ガジは? [name 0]はどこに……。[ret]
602- ///視界が徐々に元に戻る。
603- ///何か妙だ。
604- ///目の前にはモニターのようなものがあり、そこにはピンポン球大の、透き通ったオレンジ色の卵のようなものがたくさん映っている。
605- ///保存された人類だ。卵状に還元され、目覚めるのを待っている。
606- ///「ねぇってば。聞いてるの?」
607- ///後ろから声をかけられた。振り向くと、白衣を着て眼鏡をかけた、黒髪の女性がいる。
608- ///……。
609- ///「…………ワタ……ベ?」
610- ///渡部だ。
611- ///私が「ジーシャ」になる前に、調査艇で同乗した研究者。
612- ///「え、ちょっと大丈夫……? もう帰ろうってホント」
613- ///[goto 53] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
614- /// </summary>
615- internal static string yume_052 {
616- get {
617- return ResourceManager.GetString("yume_052", resourceCulture);
618- }
619- }
620-
621- /// <summary>
622- /// [break]
623- ///ここは……「元の世界」だ。しかしなぜ?
624- ///何がきっかけで戻ってきたんだ? なぜ今さら?
625- ///もはや、本当の私は「ジーシャ」だった。そう思って生きてきた。
626- ///この世界よりも、「ジーシャ」として生きた時間の方が遥かに長い。[ret]
627- ///目の前にある球状の装置の中には、仮死状態のみんなが眠っている。ガジ、アルマ、[name 0]、私の孫やひ孫、村人たちが。
628- ///装置のチリを払うと、ランプが点灯しているのが見えた。まだ稼働している。
629- ///これが動いているということは、人工ウィルスを開発する端末や、ウィルスを散布するための装置も動いているということだ。
630- ///いったい、どれほどの時間動き続けていたんだ? なぜこんなところに?[ret]
631- ///計算は、まだ完了していないのだろう。その時がくれば、例え海底にいようと、人工知能が人類を目覚めさせるのに適当な場所まで、防護装置を移動させることができる。
632- ///もし計算が完了していれば、人工知能は人工ウィルスを散布し、TBof-15を哺乳類ごと絶滅させたあと、彼らを目覚めさせるはずだ。[ret]
633- ///待ち焦がれた楽園で。[ret]
634- ///……しかし、わからない。
635- ///ジーシャの世界と、私 [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
636- /// </summary>
637- internal static string yume_053 {
638- get {
639- return ResourceManager.GetString("yume_053", resourceCulture);
640- }
641- }
642-
643- /// <summary>
644- /// [ret]私はマニピュレータを操作し、かつての妻や娘、友人たちを潰し始めた。[ret]
645- ///卵が破れて、繊維の混じった液体が海の中へ溶け出す。
646- ///長い人生が走馬灯のように浮かび上がる。
647- ///アルマの優しい笑顔と、優しい声。
648- ///生まれたばかり[name 0]の泣き顔。
649- ///ガジの毎度のくだらない騒ぎ。
650- ///[name 0]が家を出た日のこと。
651- ///未来のためにできることを、考え続けた日々。[ret]
652- ///すべての卵が潰れると、装置のランプが消灯した。
653- ///装置の底に、錆びたオルゴールのような機械があった。
654- ///どこか物悲しい旋律が、あなたの頭に響き始めた。[ret]
655- ///この旋律は、生涯止むことはないだろう。[ret][ret]
656- ///--END--
657- ///[game end] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
658- /// </summary>
659- internal static string yume_060 {
660- get {
661- return ResourceManager.GetString("yume_060", resourceCulture);
662- }
663- }
664-
665- /// <summary>
666- /// [ret]調査艇は、ゆっくりと浮上していく。
667- ///「なんだか変なとこだったねぇ? なんだかちょっとボーっとしてて、うろ覚えなんだけど。何を見たんだっけ?」
668- ///渡部が何か独り言ちている。
669- ///「あーあ、帰ったら子どもたちのご飯作らないと。あたしって頑張り屋だよね。聞いてる? さっきから元気ないね」[ret]
670- ///私は、何を見たのか。
671- ///私は今、何を見ているのか。
672- ///あの村での人生は、確かにあったのだ。
673- ///私が見たものは、ジーシャの記憶をベースにした防護装置が見せた幻覚だったのか。
674- ///それとも、今見ているものこそが幻覚なのか……。[ret]
675- ///装置は今もまだ、海の底で動き続けている。
676- ///いつか地上の哺乳類を滅ぼし、彼らが楽園で目覚めるために。[ret][ret]
677- ///--END--
678- ///[game end] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
679- /// </summary>
680- internal static string yume_070 {
681- get {
682- return ResourceManager.GetString("yume_070", resourceCulture);
683- }
684- }
685-
686- /// <summary>
687- /// [ret]デバッグテキストだよ~ん
688- ///ね、[detarame]。[ret][ret][ret][ret]
689- ///どう?[ret][detarame]
690- ///[break]どう?
691- ///[command] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
692- /// </summary>
693- internal static string yume_100 {
694- get {
695- return ResourceManager.GetString("yume_100", resourceCulture);
696- }
697- }
698- }
699-}
1+//------------------------------------------------------------------------------
2+// <auto-generated>
3+// このコードはツールによって生成されました。
4+// ランタイム バージョン:4.0.30319.42000
5+//
6+// このファイルへの変更は、以下の状況下で不正な動作の原因になったり、
7+// コードが再生成されるときに損失したりします。
8+// </auto-generated>
9+//------------------------------------------------------------------------------
10+
11+namespace Console_Adventure.Properties {
12+ using System;
13+
14+
15+ /// <summary>
16+ /// ローカライズされた文字列などを検索するための、厳密に型指定されたリソース クラスです。
17+ /// </summary>
18+ // このクラスは StronglyTypedResourceBuilder クラスが ResGen
19+ // または Visual Studio のようなツールを使用して自動生成されました。
20+ // メンバーを追加または削除するには、.ResX ファイルを編集して、/str オプションと共に
21+ // ResGen を実行し直すか、または VS プロジェクトをビルドし直します。
22+ [global::System.CodeDom.Compiler.GeneratedCodeAttribute("System.Resources.Tools.StronglyTypedResourceBuilder", "16.0.0.0")]
23+ [global::System.Diagnostics.DebuggerNonUserCodeAttribute()]
24+ [global::System.Runtime.CompilerServices.CompilerGeneratedAttribute()]
25+ internal class Resources {
26+
27+ private static global::System.Resources.ResourceManager resourceMan;
28+
29+ private static global::System.Globalization.CultureInfo resourceCulture;
30+
31+ [global::System.Diagnostics.CodeAnalysis.SuppressMessageAttribute("Microsoft.Performance", "CA1811:AvoidUncalledPrivateCode")]
32+ internal Resources() {
33+ }
34+
35+ /// <summary>
36+ /// このクラスで使用されているキャッシュされた ResourceManager インスタンスを返します。
37+ /// </summary>
38+ [global::System.ComponentModel.EditorBrowsableAttribute(global::System.ComponentModel.EditorBrowsableState.Advanced)]
39+ internal static global::System.Resources.ResourceManager ResourceManager {
40+ get {
41+ if (object.ReferenceEquals(resourceMan, null)) {
42+ global::System.Resources.ResourceManager temp = new global::System.Resources.ResourceManager("Console_Adventure.Properties.Resources", typeof(Resources).Assembly);
43+ resourceMan = temp;
44+ }
45+ return resourceMan;
46+ }
47+ }
48+
49+ /// <summary>
50+ /// すべてについて、現在のスレッドの CurrentUICulture プロパティをオーバーライドします
51+ /// 現在のスレッドの CurrentUICulture プロパティをオーバーライドします。
52+ /// </summary>
53+ [global::System.ComponentModel.EditorBrowsableAttribute(global::System.ComponentModel.EditorBrowsableState.Advanced)]
54+ internal static global::System.Globalization.CultureInfo Culture {
55+ get {
56+ return resourceCulture;
57+ }
58+ set {
59+ resourceCulture = value;
60+ }
61+ }
62+
63+ /// <summary>
64+ /// 型 System.Drawing.Bitmap のローカライズされたリソースを検索します。
65+ /// </summary>
66+ internal static System.Drawing.Bitmap image {
67+ get {
68+ object obj = ResourceManager.GetObject("image", resourceCulture);
69+ return ((System.Drawing.Bitmap)(obj));
70+ }
71+ }
72+
73+ /// <summary>
74+ ///
75+ ///西暦2026年 2月17日[@]
76+ ///
77+ ///真っ暗な海の世界を、[@]大型の投光器が照らしている。[@]
78+ ///深度600メートル、[@]大深度有人潜水調査船は[@]若手の操縦者である私と、研究者の渡部を乗せ、ゆっくりと潜行している。[@]
79+ ///目的は、深海熱水噴出域の調査のためである。[@]
80+ ///視界いっぱいに広がる大きな崖。[@]そのごつごつとした肌に穴がいくつも空いている。[@]穴の中に丁寧に光を投げていく。[@]
81+ ///「この辺りのはずなんだけど……。[@]マンタか何かが動かしたのかな」[@]渡部がぼやいた。[@]
82+ ///やがて、崖の途中に、ひときわ大きな穴が見えた。[@]その穴の淵にドロップカムがひっかかっている。[@]
83+ ///「あった、あった。[@]これでよし。[@]ねぇ、最後にこの穴を調べていきましょう」[@]渡部が楽しそうに指示をした。[@]
84+ ///
85+ ///穴は調査艇よりも大きく、中は深い。[@]調査艇が穴の中をゆっくりと進むと、[@]あたりの様子が少し変わってきた。[@]岩の表面が綺麗にならされているように見える。[@]
86+ ///「サカナが全然いない……。[@]なんだか建物の中にいるみたい。[@]見て! あの岩、すっごくまん [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
87+ /// </summary>
88+ internal static string yume_001 {
89+ get {
90+ return ResourceManager.GetString("yume_001", resourceCulture);
91+ }
92+ }
93+
94+ /// <summary>
95+ ///
96+ ///渡部の言う通り、私は奇妙な球体を後にした。[@]調査艇が海上まで浮上していく。[@]
97+ ///これで今日の調査任務は終わりだ。[@]さっそく調査結果をまとめなきゃいけない。[@]
98+ ///それにしても、あの卵のようなものはなんだったんだろう。[@]それにあの場所。[@]なんだか今日の調査は奇妙だった。[@]
99+ ///しかし、調査艇が浮上するに従って、[@]私の興味はどんどん薄れていった。[@]海上に昇ったころには、[@]私も渡部も、あの穴のことはすっかり忘れ去っていた。[@]
100+ ///不思議なことに、カメラに収められたあの奇妙な球体や、[@]卵のようなものの映像も、誰の興味を引くことはなかった。[@]それは誰にも触れられないまま、記録の山に埋もれてしまった。[@]
101+ ///そうして、[@]そのことを知るものは、誰もいなくなったのである。[@]
102+ ///
103+ ///
104+ ///--END--[@]
105+ ///[@][game end] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
106+ /// </summary>
107+ internal static string yume_002 {
108+ get {
109+ return ResourceManager.GetString("yume_002", resourceCulture);
110+ }
111+ }
112+
113+ /// <summary>
114+ ///
115+ ///渡部はそう言ったが、[@]私はなんとなくその卵のようなものをつかもうと、[@]マニピュレータを操作した。[@]
116+ ///先端がそれに触れようとした時、[@]頭の中に閃光が発した。[@]
117+ ///地鳴りのような音が耳の中で響く。[@]
118+ ///その音がどんどん大きくなり、[@]あまりの音に何も考えられなくなる。[@]
119+ ///視界全体が狂った万華鏡のような模様でいっぱいになり、[@]何も見えなくなった。
120+ ///[@][break][@]
121+ ///視界が徐々に元に戻る。[@]
122+ ///何か妙だ。[@]
123+ ///周りはまぶしいくらい、明るくはっきりと見える。[@]さっきまでシートに座っていたのに、[@]今は砂だらけの石造りの床の上に立っている。[@]
124+ ///周囲には小さく、粗末な石造りの家がいくつもある。[@]ボロくなった服を着た、痩せっぽちの人々がこちらを見ている。[@]
125+ ///
126+ ///「あなたったら![@] 大丈夫なの? 返事して!」[@]
127+ ///声のする方を見ると、20代くらいの女性がこちらへ向かってくるのが見えた。[@]栗色の短い髪型で、[@]透き通ったような薄い色の目には心配の色が見える。[@]
128+ ///彼女は私の元へ駆け寄ると、私の頭を優しくさすり[@]「ケガはして [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
129+ /// </summary>
130+ internal static string yume_003 {
131+ get {
132+ return ResourceManager.GetString("yume_003", resourceCulture);
133+ }
134+ }
135+
136+ /// <summary>
137+ ///
138+ ///彼女は呆れたような、ほっとしたような顔で言う。[@]
139+ ///「ほんとにもう……。[@]タチの悪い冗談よ。[@]ね、帰ってご飯にしましょ。[@]おなか空いてるでしょ」[@]
140+ ///そうして、彼女と共に、彼女の言う「自宅」へと帰った。
141+ ///[@][goto 5] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
142+ /// </summary>
143+ internal static string yume_004 {
144+ get {
145+ return ResourceManager.GetString("yume_004", resourceCulture);
146+ }
147+ }
148+
149+ /// <summary>
150+ /// [break][@]
151+ ///それから、ちょっとした騒ぎになった。[@]
152+ ///私は本来の名前も、[@]それまでの人生の記憶もすべて覚えている。[@]しかし、それはかつての私のことであって、[@]この世界での「私」は全くの別人だった。[@]
153+ ///そして、この別人、[@]名は「ジーシャ」というらしいが、[@]その記憶は全く持っていない。[@]アルマのいう「自宅」も、[@]今までの人生も、[@]アルマが妻だということさえ、[@]私には全く理解できなかった。[@]
154+ ///思い出せること、[@]現実の日本での暮らしをどれだけ伝えても、[@]アルマにとっては全く異世界の、[@]空想か妄想の産物にしかとらえられなかった。[@]
155+ ///まるで、私が狂ってしまったかのように、[@]アルマは取り乱してしまった。
156+ ///[@][goto 6] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
157+ /// </summary>
158+ internal static string yume_005 {
159+ get {
160+ return ResourceManager.GetString("yume_005", resourceCulture);
161+ }
162+ }
163+
164+ /// <summary>
165+ ///
166+ ///それからしばらくして。[@]
167+ ///落ち着いて冷静に状況を見ても、[@]やはり自分は「ジーシャ」という男に入れ替わってしまったらしい。[@]にわかには信じがたいが、事実は受け入れなければならない。[@]
168+ ///今は「ガジ」という恰幅のよい男の診察を受けている。[@]ガジはジーシャの同僚の男らしい。[@]診察と言っても、小型の医療器具らしきもので、体調に関わる数値を計っているだけらしかったが。[@]
169+ ///「まったく……。[@]新婚のクセに嫁さんのことも忘れちまったってのかよ」[@]
170+ ///ガジは呆れたように言う。[@]
171+ ///「しかしまぁ、健康状態に問題はないと思う。[@]どこにもケガはないし。[@]言葉は忘れなくてよかったな」[@]
172+ ///すっかり泣き腫らした顔のアルマが言った[@]「あの、記憶が戻るのはいつになるの?」[@]
173+ ///ガジは答えて言う。[@]「悪いけど、わからないよ。[@]こんなの初めて見たんだし。[@]ホンモノの医者が居れば、もう少し何かわかったかもしれないけどさ」[@]
174+ ///ガジは冗談めかして続ける。[@]
175+ ///「まぁ、これはチャンスかもよ、奥さん。[@]イチから教育するチャンス![@] おいジーシャ、よーく聞けよ [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
176+ /// </summary>
177+ internal static string yume_006 {
178+ get {
179+ return ResourceManager.GetString("yume_006", resourceCulture);
180+ }
181+ }
182+
183+ /// <summary>
184+ ///
185+ ///「もちろんあるわ」[@]アルマが答えた。[@]「と言っても、食べ物をやり取りするとき以外、滅多に会うことはないんだけど。[@]でも、他の町の人たちとは、いつでもオンラインでつながっているわ。[@]世界を元通りに戻すために、世界中の人が助け合っているの」[@]
186+ ///「それが、俺とお前の重要な仕事のひとつでもある」[@]ガジが誇らしげに答えた。[@]
187+ ///
188+ ///「食べ物は、どうやってまかなってるんだ?」 8へ。[@]
189+ ///「今は西暦何年なんだ?」 9へ。
190+ ///[@][command] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
191+ /// </summary>
192+ internal static string yume_007 {
193+ get {
194+ return ResourceManager.GetString("yume_007", resourceCulture);
195+ }
196+ }
197+
198+ /// <summary>
199+ ///
200+ ///「それは、この村にある小さな研究室のおかげだ」[@]ガジが少し誇らしげに答えた。[@]
201+ ///アルマが話す。[@]
202+ ///「ここは、元々は出稼ぎや内職なんかでほそぼそと暮らしていた小さな村だったの。[@]ある日、あなたとガジさんが研究者として、この村にやってきた」[@]
203+ ///「そう、俺たちはもともとこの村の住民じゃない。[@]しかしあのウィルスが蔓延し始めてから、[@]どこも封鎖されて、俺たちはここから出られなくなった。[@]でも、俺たちは「新型の循環型水耕栽培機」の試験のためにここに来ていたんだ。[@]それがあれば、食べ物はなんとかまかなえた。[@]試験は大成功だ。[@]報告する先もなくなっちまったが……」[@]
204+ ///「でも、そのおかげで私たちは生き延びられたのよ」[@]アルマが言う。[@]
205+ ///
206+ ///「今は西暦何年なんだ?」 9へ。
207+ ///[@][command] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
208+ /// </summary>
209+ internal static string yume_008 {
210+ get {
211+ return ResourceManager.GetString("yume_008", resourceCulture);
212+ }
213+ }
214+
215+ /// <summary>
216+ ///
217+ ///「セイレキ……?[@] 暦のことか。今は2053年だ」[@]
218+ ///信じられないことだが、やはり「今」は未来なのだ。[@]それも、たったの33年先の未来。[@]こうしてはいられない。今すべきことは……。[@]
219+ ///
220+ ///なんとしても、元の時代の元の体へ戻らなければ。 10へ。[@]
221+ ///早くこの時代に馴染まなければ。 20へ。
222+ ///[@][command] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
223+ /// </summary>
224+ internal static string yume_009 {
225+ get {
226+ return ResourceManager.GetString("yume_009", resourceCulture);
227+ }
228+ }
229+
230+ /// <summary>
231+ ///
232+ ///こうしては居られない。[@]
233+ ///彼らの話によれば、[@]おそらく2030年代のどこかで、人類を滅ぼすようなウィルスが蔓延してしまうのだ。[@]
234+ ///いてもたってもいられなくなり、席を立ちあがり、玄関から飛び出した。[@]
235+ ///家の中から、私を制止する声が聞こえるが、それどころではない。[@]
236+ ///
237+ ///「どんなことでも試すんだ」まずは最初に気が付いたあの場所へ……。 11へ。[@]
238+ ///「落ち着け。冷静になるんだ」まずはウィルスについて調べないと……。 12へ。
239+ ///[@][command] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
240+ /// </summary>
241+ internal static string yume_010 {
242+ get {
243+ return ResourceManager.GetString("yume_010", resourceCulture);
244+ }
245+ }
246+
247+ /// <summary>
248+ ///
249+ ///手がかりはたったひとつ。最初にこの体で目覚めたあの場所だ。[@]
250+ ///がむしゃらに走って、元の広場に戻った。[@]
251+ ///周囲には小さな家が建ち並び、こちらを心配そうに見つめる人が数人いる。[@]
252+ ///その場で必死に念じたり、目を瞑って、また開いてみたりしたが、何も変わる気配はない。[@]
253+ ///
254+ ///「外だ。ここから出るなら外に出なければ」村の外へ走る。 30へ。[@]
255+ ///「中だ。この村の中にヒントがあるはずだ」周囲を見渡す。 12へ。
256+ ///[@][command] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
257+ /// </summary>
258+ internal static string yume_011 {
259+ get {
260+ return ResourceManager.GetString("yume_011", resourceCulture);
261+ }
262+ }
263+
264+ /// <summary>
265+ ///
266+ ///周囲を見渡すと、[@]小さな家から少し離れて、ひときわ大きく、現代的な作りの建物が見えた。[@]
267+ ///あそこなら何かわかるかもしれない。
268+ ///[@][goto 13] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
269+ /// </summary>
270+ internal static string yume_012 {
271+ get {
272+ return ResourceManager.GetString("yume_012", resourceCulture);
273+ }
274+ }
275+
276+ /// <summary>
277+ /// [break][@]
278+ ///その建物の中は電気が通っているらしく、[@]空調や電灯らしきものが動いている。[@]
279+ ///中は一つの大きな区画と、[@]小さな二つの部屋、[@]それと砂漠式のトイレらしきものだけがあった。[@]
280+ ///大きな区画の中には、大型の水耕栽培機らしきものが稼働している。[@]モニターには栽培機や農作物の状態が映っている。[@]作物の名前はわからないが、[@]大根や人参、麦らしきものが育っているようだ。[@]
281+ ///残る二つの部屋は、[@]資料室らしきものと、[@]コンピュータがいくつか置かれた部屋だった。[@]
282+ ///コンピュータは見たこともない機種だった。[@]ディスプレイと、キーボードのようなものはあるものの、[@]刻印されているキーはアルファベットではなかった。[@]
283+ ///
284+ ///(そういえば、俺は今、どこの言葉を喋っているんだ……?)[@]
285+ ///
286+ ///机の上に置かれた資料にも、見たことのない文字が並んでいる。[@]
287+ ///しかし、その文字の意味は理解できた。[@]
288+ ///『TBof-15の根絶不可能性の証明』。[@]
289+ ///『遺伝情報保管について』。[@]
290+ ///『精神感応型生物防護装置』。[@]
291+ ///
292+ ///「やっぱり、ここに [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
293+ /// </summary>
294+ internal static string yume_013 {
295+ get {
296+ return ResourceManager.GetString("yume_013", resourceCulture);
297+ }
298+ }
299+
300+ /// <summary>
301+ /// [flagC 0,31,81] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
302+ /// </summary>
303+ internal static string yume_020 {
304+ get {
305+ return ResourceManager.GetString("yume_020", resourceCulture);
306+ }
307+ }
308+
309+ /// <summary>
310+ /// [goto 24] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
311+ /// </summary>
312+ internal static string yume_021 {
313+ get {
314+ return ResourceManager.GetString("yume_021", resourceCulture);
315+ }
316+ }
317+
318+ /// <summary>
319+ /// [goto 24] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
320+ /// </summary>
321+ internal static string yume_022 {
322+ get {
323+ return ResourceManager.GetString("yume_022", resourceCulture);
324+ }
325+ }
326+
327+ /// <summary>
328+ /// [goto 24] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
329+ /// </summary>
330+ internal static string yume_023 {
331+ get {
332+ return ResourceManager.GetString("yume_023", resourceCulture);
333+ }
334+ }
335+
336+ /// <summary>
337+ /// [flagC 0,32,82] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
338+ /// </summary>
339+ internal static string yume_024 {
340+ get {
341+ return ResourceManager.GetString("yume_024", resourceCulture);
342+ }
343+ }
344+
345+ /// <summary>
346+ ///
347+ ///その女の子はふたりによって、[@]「[name 0]」と名づけられた。[@]
348+ ///[@][break][@]
349+ ///それから、10年経った。[@]
350+ ///今日は[name 0]の10歳の誕生日だ。[@]この村では、子供の10歳の誕生日を盛大に祝う慣習があり、[@]ガジや村の住人が集まって、どんちゃん騒ぎになっている。[@]
351+ ///いつもは質素に食べ物や水も切り詰めてはいるが、[@]この時ばかりはと、もはや手に入らなくなった酒や、[@]長期保存用の缶詰などが村中からかき集められ、振る舞われた。[@]
352+ ///ささやかではあったが、[@]村に住むものにとっては、本当に久しぶりの明るい出来事だった。[@]誰もが笑顔で、夢中で騒いでいた。[@]
353+ ///
354+ ///「おい! お前の缶詰、中身が肉じゃないか![@] 俺のサカナの缶詰と交換しよう!」[@]
355+ ///ガジが目ざとく、私の分の缶詰に目をつけた。[@]
356+ ///サカナも肉も、ここでは滅多に食べられるものではない。[@]しかし、ガジの缶詰はもう半分食べかけだった。[@]
357+ ///「バレたか。じゃあこうしよう。[@]俺が今からこのフタを右手か左手に隠す。[@]もし当てられたら、俺のサカナの缶詰をおまえに全部やろ [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
358+ /// </summary>
359+ internal static string yume_025 {
360+ get {
361+ return ResourceManager.GetString("yume_025", resourceCulture);
362+ }
363+ }
364+
365+ /// <summary>
366+ ///
367+ ///はたして。[@]
368+ ///ガジが左手を開くと、そこにはフタは無かった。[@]
369+ ///しまった。[@]ガジはやはり俺に譲る気で、右手にフタを持っていたのだ。[@]
370+ ///友人を信じてやれなかった。[@]すまないガジ……。[@]
371+ ///「ヒャッホー![@] 俺の勝ちだ! いただき!」[@]
372+ ///ガジはあっという間に肉の缶詰をひったくり、[@]目にも止まらぬ速さで食べ終えた。[@]
373+ ///「あぁ、もう無くなった![@] でもまだサカナがあるからな。[@]あ、おいじーさん![@] その貝の缶詰と俺のサカナの缶詰で勝負を……」[@]
374+ ///……。
375+ ///[@][goto 28] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
376+ /// </summary>
377+ internal static string yume_026 {
378+ get {
379+ return ResourceManager.GetString("yume_026", resourceCulture);
380+ }
381+ }
382+
383+ /// <summary>
384+ ///
385+ ///はたして。[@]
386+ ///ガジが右手を開くと、そこにはフタは無かった。[@]
387+ ///しまった、騙された。[@]いや別に騙されたわけではないが、ガジは賭け事となるとやはり本気だ。[@]あるいは俺の心理の動きを読んで、[@]有情の右手をフェイクとして仕込んだか……?[@]
388+ ///「ヒャッホー![@] 俺の勝ちだ! いただき!」[@]
389+ ///ガジは無情にも肉の缶詰をひったくり、[@]意気揚々と次の獲物を狙いにいった。[@]
390+ ///しばらくして、[@]ガジは缶詰の山を築き上げ、[name 0]に「誕生日プレゼント」だと言い張って缶詰を譲っていた。[@]俺にも「お情け」で一缶譲ってくれたが、[@]中身はキノコの缶詰だった。
391+ ///[@][goto 28] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
392+ /// </summary>
393+ internal static string yume_027 {
394+ get {
395+ return ResourceManager.GetString("yume_027", resourceCulture);
396+ }
397+ }
398+
399+ /// <summary>
400+ /// [flagC 0,33,83] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
401+ /// </summary>
402+ internal static string yume_028 {
403+ get {
404+ return ResourceManager.GetString("yume_028", resourceCulture);
405+ }
406+ }
407+
408+ /// <summary>
409+ /// [flagOR 0][@]
410+ ///きっと、ここはどこかの異世界の中だ。[@]
411+ ///だから、外の世界へ戻らなければ。[@]
412+ ///わたしは村から出て、がむしゃらに走った。[@]
413+ ///
414+ ///見渡す限りの砂と岩。[@]そのどこかに現実の世界があるはずだ。[@]
415+ ///
416+ ///強烈な日光が私の皮膚を焼く。[@]汗は一瞬で乾き、喉がへばりつくように乾く。[@]
417+ ///どのくらい走っただろう。[@]1時間?[@] 1日?[@] あるいはたったの数分か。[@]
418+ ///視界はかすみ、強烈な耳鳴りで何も聞こえない。[@]
419+ ///私はどうやら狂っていた。[@]五感は失われ、走っているのか、倒れているのかすらわからない。[@]
420+ ///
421+ ///ふいに、足元が崩れたような感覚がした。[@]
422+ ///足の下は崖のようになっていて、[@]眼下にはごつごつとした岩が見える。[@]
423+ ///死の恐怖で五感がよみがえる。[@]しかし体は思うように動かない。[@]まるで崖に吸い込まれるようだ。[@]
424+ ///あぁ、ここで死ぬんだな。[@]あるいは、やはりこれは夢だったのだろうか。[@]
425+ ///
426+ ///「危ない!」[@]
427+ ///ふいに、何か強い力で引っ張られた。[@]
428+ ///私は崖に落ちる寸前に、[@]誰かに引き戻されたよ [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
429+ /// </summary>
430+ internal static string yume_030 {
431+ get {
432+ return ResourceManager.GetString("yume_030", resourceCulture);
433+ }
434+ }
435+
436+ /// <summary>
437+ /// [break][@]
438+ ///9か月後。[@]
439+ ///あれから、私はガジの研究の助手として働いていた。[@]といっても、全く知識の無いも同然の私にできることは、[@]勉強くらいのものだったが。[@]
440+ ///この世界では、すべての端末の計算力がオンラインで集約され、[@]単一の汎用人工知能「ファイニグン」が必要な計算を順番に解決している。[@]
441+ ///実験も、ほとんどの場合はシミュレーションで充分だったが、[@]「ファイニグン」は「人間にとって何が有用か」を決める権限は持っていなかった。[@]
442+ ///だから、研究者の主な仕事は[@]「次に何を計算すべきか」を話し合うことだった。[@]
443+ ///
444+ ///TBof-15の蔓延に対して、[@]人類が初めに行った研究は「TBof-15の根絶」だったが、[@]大量の試験と計算を重ねた結果、[@]短期的な解法は無いことがわかったのだった。[@]
445+ ///
446+ ///ガジとの話を思い出す。[@]
447+ ///「それから、人類はだいたい二つの派閥に分かれた。[@]『それでもTBof-15を根絶して、元の世界を取り戻す派』と、[@]『TBof-15と共存する派』だ。お前と俺は前者だ」[@]
448+ ///私は少し考えて答えた。[@]
449+ ///「でも、そ [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
450+ /// </summary>
451+ internal static string yume_031 {
452+ get {
453+ return ResourceManager.GetString("yume_031", resourceCulture);
454+ }
455+ }
456+
457+ /// <summary>
458+ ///
459+ ///「実は……子どもができたみたいなの」[@]
460+ ///手が止まる。[@]
461+ ///「名前、決めなきゃね」
462+ ///[@][break][@]
463+ ///それからアルマと、生まれてくる子どもが男なのか女なのか、[@]どんな子になるのか、[@]毎日話し合った。[@]生まれてくる子が女の子だとわかり、[@]ついにあと1か月以内に生まれるとなると、[@]いよいよ名前を決めなければならなかった。[@]
464+ ///「ねぇ、[@]たくさん候補はあったけど、[@]やっぱりあなたに決めてほしいの」
465+ ///[@][write name 0]娘の名前は……:
466+ ///[@][goto 25] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
467+ /// </summary>
468+ internal static string yume_032 {
469+ get {
470+ return ResourceManager.GetString("yume_032", resourceCulture);
471+ }
472+ }
473+
474+ /// <summary>
475+ ///
476+ ///「もう10歳だなんて、信じられないわね」[@]騒ぎを楽しそうに眺めながら、[@]アルマは愛おしげに[name 0]の頭をなでていた。[@]
477+ ///しかし[name 0]の表情はどこか寂しげだ。[@]
478+ ///どうかしたの。と[name 0]に聞いた。[@]
479+ ///「みんなが私のこと、もう大人ね、って言うの。[@]でも私、大人になんてなりたくない」[@]
480+ ///アルマは、どうしてそう思うの、と娘に尋ねた。[@]
481+ ///「だって、[@]どうすれば立派な大人になれるかなんて、[@]わからないもの。[@]ママは足が動かないのに、私の勉強を手伝ったり、お世話をしてくれる。[@]パパだって、毎日研究して、[@]たくさんお勉強してる。[@]私、そんなにずっと頑張ったりできないよ」[@]
482+ ///泣きそうな娘に、アルマは優しく微笑みながら答えた。[@]
483+ ///「あなたのペースでいいのよ。[@]パパも私も、自分ができることをやってるだけ。[@]みんなのために、少しずつだけね」[@]
484+ ///
485+ ///そうか。[@]
486+ ///大人たちにとって、今のこの世界は過酷だ。[@]元々文明の快適さを知っていたから、[@]余計につらく感じるものも多いだろう。[@]
487+ ///インフラはほとんど [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
488+ /// </summary>
489+ internal static string yume_033 {
490+ get {
491+ return ResourceManager.GetString("yume_033", resourceCulture);
492+ }
493+ }
494+
495+ /// <summary>
496+ ///
497+ ///「……そう。[@]わかった。[@]ありがとう。[@]じゃ、元気でね」[@]
498+ ///[name 0]は私を抱きしめて、[@]母さんをよろしくね、とささやき、[@]家から出ていった。[@]見えなくなるまで見送ったが、こちらに振り返ることはなかった。[@]
499+ ///ふと、食卓の上を見ると、[@]見慣れない小さなオルゴールがひとつ置いてあった。[@]
500+ ///ぜんまいを巻くと、[@]聞いたことのない、どこか物悲しい旋律が流れ始めた。[@]
501+ ///
502+ ///「あの子、いつも我慢してたのよ。[@]私たちに甘えたかったり、[@]怒りたかったりしても、[@]ずっと黙ってた。[@]どうしたの、って聞いてあげるまで、[@]いつもそうしてたわ」[@]アルマが言った。[@]
503+ ///
504+ ///あまりにもそっけない別れだった。[@]
505+ ///もしかすると、[name 0]が産まれてから20年間、[@]私は親らしいことは何一つできなかったんじゃないだろうか。[@]
506+ ///「よう。[@]おいおいなんだ、[@]ひどいツラしてんなぁ」[@]
507+ ///研究所に戻ると、ガジが早速軽口を叩いてきた。[@]
508+ ///
509+ ///「……なるほど。[@]それでへこんでたのか」[@]意外にもガジは笑わずに愚痴を聞いてく [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
510+ /// </summary>
511+ internal static string yume_034 {
512+ get {
513+ return ResourceManager.GetString("yume_034", resourceCulture);
514+ }
515+ }
516+
517+ /// <summary>
518+ /// [break][@]
519+ ///この世界に来てから、[@]ずっといろんなことを勉強し続けていた。[@]
520+ ///ウィルス蔓延以後、[@]人口が密集した都市部はおそらくすべて破滅してしまったのだろう。[@]オンライン上にあるデータはほとんど失われてしまっていた。[@]
521+ ///それでも、この村のようにほんの一部の人類が生き延びて、[@]今のこの世界の状態や過去の歴史などを、[@]少しずつ集めることに成功していたのだ。[@]
522+ ///
523+ ///初めは、元の時代の、元の体へ戻るための勉強だった。[@]神隠しやタイムトラベルのようなSFじみたことでも、[@]知れることなら何だって知ろうとした。[@]
524+ ///それが、娘が産まれてからは、[@]この世界をよくするための勉強に変わった。[@]ウィルスのこと、[@]人間の体のこと、[@]ガジの研究のこと。[@]「元の自分」にもいなかった、実の子どもという存在が、[@]自分の中でものすごく大きくなっていた。[@]
525+ ///そんな中で、私が知っている国や言語が、[@]全く残っていないことに気づいた。[@]
526+ ///この世界はひょっとしたら、[@]私が思っていたよりも遥かに未来かもしれない。[@]あるいは、私が知っている「地球」 [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
527+ /// </summary>
528+ internal static string yume_040 {
529+ get {
530+ return ResourceManager.GetString("yume_040", resourceCulture);
531+ }
532+ }
533+
534+ /// <summary>
535+ /// [break][@]
536+ ///それから、10年の月日が流れた。[@]
537+ ///人類は徐々に衰退していた。[@]オンライン上でやり取りできる人は、[@]私がここに来てからもう10分の1ほどに減っていた。[@]
538+ ///計算に使える端末も減り、[@]その結果計算に必要な時間が伸び、[@]問題を解決するまでの時間も伸びてしまった。[@]
539+ ///様々な解決案が提案されては、[@]計算され、現実的には不可能であることが証明され、[@]消えていった。[@]
540+ ///
541+ ///たった一つ残った解決案は、[@]複雑で計算に長い時間が要するものだった。[@]それは次のような計画だった。[@]
542+ ///1. 人類を外界から影響を受けない仮死状態して、長期間保存する。[@]
543+ ///2. 人工ウィルスを作り、地球上に蔓延させる。人工ウィルスに感染した個体はTBof-15を活性化させ、種を問わず個体を死亡させる。[@]
544+ ///3. すべてのTBof-15の感染個体が死亡したのち、人類を蘇生する。[@]
545+ ///一言で言えば[@]「人類が暮らせる世界になるまで眠っていよう」という作戦だ。[@]
546+ ///人類が目覚めるとき、地上にいるTBof-15に感染している個体はすべて死んでいる。[@]つまり [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
547+ /// </summary>
548+ internal static string yume_041 {
549+ get {
550+ return ResourceManager.GetString("yume_041", resourceCulture);
551+ }
552+ }
553+
554+ /// <summary>
555+ /// [break][@]
556+ ///すぐ近くなのに、家に帰るのは久しぶりだった。[@]オンラインでの話し合いが過熱する一方だったからだ。[@]
557+ ///真っ暗な食卓に[name 0]が座っていた。[@]星明りでかろうじて見えるものの、[@]表情まではうかがえない。[@]
558+ ///「遅かったね。[@]ねぇ、今日何の日か覚えてる?」[@]
559+ ///……今日は私の誕生日だった。[@]すっかり忘れていたが。[@]
560+ ///「この間、[@]私、結婚するかもって言ったよね。[@]何度も話したいと思ったけど、[@]父さんはここ最近ずっと研究所にこもりっきりだから、話せなかった。[@]邪魔もできないしね。[@]私、明日の朝に向こうの町に行くわ」[@]
561+ ///
562+ ///他の町との交流は、以前よりも増していた。[@]小さくなりすぎたコミュニティ同士が、[@]それだけでは生きていけなくなったので、[@]寄り添う他に方法はなくなったのだ。[@]
563+ ///とはいえ、移動は簡単ではないし、安全でもない。[@]生活上不可欠な理由か、[@]あるいはよほど特別な理由でも無い限り、[@]他の町へと実際に行くことはできなかった。
564+ ///もしかしたら、[@][name 0]とは今生の別れになるかもしれな [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
565+ /// </summary>
566+ internal static string yume_042 {
567+ get {
568+ return ResourceManager.GetString("yume_042", resourceCulture);
569+ }
570+ }
571+
572+ /// <summary>
573+ /// [goto 46] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
574+ /// </summary>
575+ internal static string yume_043 {
576+ get {
577+ return ResourceManager.GetString("yume_043", resourceCulture);
578+ }
579+ }
580+
581+ /// <summary>
582+ /// [goto 46] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
583+ /// </summary>
584+ internal static string yume_044 {
585+ get {
586+ return ResourceManager.GetString("yume_044", resourceCulture);
587+ }
588+ }
589+
590+ /// <summary>
591+ /// [goto 46] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
592+ /// </summary>
593+ internal static string yume_045 {
594+ get {
595+ return ResourceManager.GetString("yume_045", resourceCulture);
596+ }
597+ }
598+
599+ /// <summary>
600+ /// [flagC 0,34,84] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
601+ /// </summary>
602+ internal static string yume_046 {
603+ get {
604+ return ResourceManager.GetString("yume_046", resourceCulture);
605+ }
606+ }
607+
608+ /// <summary>
609+ /// [break][@]
610+ ///毎朝起きて、アルマと話し、[@]そして研究所へ向かう。[@]
611+ ///ずっと長い時間が経った。[@]
612+ ///私もアルマもすっかり老けたが、[@]喧嘩もすることなくずっと暮らしてこれた。[@]それはひとえに、この世界が大変で、[@]喧嘩どころではないことにあるのか、[@]あるいはアルマの人格の成せるところだったのかもしれない。[@]
613+ ///
614+ ///絶望的なことに、[@]人類はもはや私たちの村と、その周囲のコミュニティしか生き延びていないらしかった。[@]オンラインで繋がれる他のコミュニティは、[@]すべて飢餓や病気、あるいはTBof-15によって全滅していた。[@]
615+ ///
616+ ///ある日、研究所に着くと、ガジがいつになく慌てていた。[@]禿げ上がった頭の先まで真っ青になっていた。[@]こんなガジは見たことがない。[@]
617+ ///「大変だ……。[@]ついに循環装置がダメになった」[@]
618+ ///循環装置は、水耕栽培機の元素を調節・循環させる精密装置で、[@]我々の食料を生産するために必要不可欠な装置だ。[@]
619+ ///ついにこの日が来たか。[@]
620+ ///循環装置を修理するための技術はもはや失われていた。[@]そして、予備パーツももはや残 [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
621+ /// </summary>
622+ internal static string yume_047 {
623+ get {
624+ return ResourceManager.GetString("yume_047", resourceCulture);
625+ }
626+ }
627+
628+ /// <summary>
629+ ///
630+ ///ガジの言う計画とは、[@][name 0]がこの村を出た年に進めていた計画のことだ。[@]
631+ ///人間を仮死状態で保存し、外界から長い間守る。[@]その間に人工ウィルスが哺乳類ごとTBof-15を根絶し、[@]その後、TBof-15の無い新天地に人類は復活する。[@]
632+ ///しかし、計画には膨大な計算が必要で、[@]まだ計算は完了していなかった。[@]人間を保存する方法、その防護装置はできたものの、[@]人工ウィルスはまだ完成していない。[@]
633+ ///「それでも、もうこれしか方法は無い。[@]俺たちが眠ってる間に人工ウィルスができて、[@]それをばらまける状態を準備おけばいい。[@]何年かかるがわからないが、[@]人工ウィルスが完成するまで、眠り続けるんだ」[@]
634+ ///もしできなかったら?[@]
635+ ///「その時は、みんな仲良く眠ってるだけさ。[@]永久にな。[@]みんなを集めるぞ」
636+ ///[@][goto 51] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
637+ /// </summary>
638+ internal static string yume_050 {
639+ get {
640+ return ResourceManager.GetString("yume_050", resourceCulture);
641+ }
642+ }
643+
644+ /// <summary>
645+ /// [break][@]
646+ ///「父さん……」[@]
647+ ///久々にあった娘は、すっかりおばさんになっていた。[@]それだけではなく、[name 0]の子どもたち、[@]そのまた子どもまで居た。[@]
648+ ///端末で通信して、ひ孫ができたことまで知ってはいたものの、[@]実際に会ってみると感慨深いものがある……。[@]しかし、今はそれどころではない。[@]
649+ ///直径8メートルほどの、[@]球状の防護装置の前に集まった「最後の人類」は、[@]なんとたったの200人程度だった。[@]
650+ ///ガジがあわただしく叫ぶ。[@]
651+ ///「みんなよく聞いてくれ。[@]そんなに難しいことじゃない。[@]もう説明したが、これからみんなには、薬を飲んでこの装置の中に入ってもらう。[@]薬はみんなにいきわたってるはずだ。[@]赤ん坊には水薬を飲ませてくれ」[@]
652+ ///「まず、ジーシャがみんなの前で実演する。[@]その通りにやるんだ。[@]ひとりずつな」[@]
653+ ///ガジが、私に粉薬を手渡してきた。[@]
654+ ///この薬を飲めば、[@]次に起きられるかはわからない。[@]
655+ ///仮死状態になった我々を守る装置は、[@]他ならぬ私とガジで設計した。[@]しかし、それが完璧だとは断 [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
656+ /// </summary>
657+ internal static string yume_051 {
658+ get {
659+ return ResourceManager.GetString("yume_051", resourceCulture);
660+ }
661+ }
662+
663+ /// <summary>
664+ /// [break][@]
665+ ///
666+ ///……。[@]
667+ ///…………。[@]
668+ ///「ねぇ……」[@]
669+ ///…………ここはどこだろう。[@]
670+ ///視点がうまく定まらない。[@]防護装置はうまく動いたのか?[@]
671+ ///TBof-15の無い楽園のような世界に、[@]私たちはこれたのだろうか。[@]
672+ ///アルマはどこだ?[@] ガジは?[@] [name 0]はどこに……。[@]
673+ ///
674+ ///視界が徐々に元に戻る。[@]
675+ ///何か妙だ。[@]
676+ ///目の前にはモニターのようなものがあり、[@]そこにはピンポン球大の、[@]透き通ったオレンジ色の卵のようなものがたくさん映っている。[@]
677+ ///保存された人類だ。[@]卵状に還元され、目覚めるのを待っている。[@]
678+ ///「ねぇってば。聞いてるの?」[@]
679+ ///後ろから声をかけられた。[@]振り向くと、白衣を着て眼鏡をかけた、黒髪の女性がいる。[@]
680+ ///……。[@]
681+ ///「…………ワタ……ベ?」[@]
682+ ///渡部だ。[@]
683+ ///私が「ジーシャ」になる前に、[@]調査艇で同乗した研究者。[@]
684+ ///「え、ちょっと大丈夫……?[@] もう帰ろうってホント」
685+ ///[@][goto 53] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
686+ /// </summary>
687+ internal static string yume_052 {
688+ get {
689+ return ResourceManager.GetString("yume_052", resourceCulture);
690+ }
691+ }
692+
693+ /// <summary>
694+ /// [break][@]
695+ ///ここは……「元の世界」だ。[@]しかしなぜ?[@]
696+ ///何がきっかけで戻ってきたんだ?[@] なぜ今さら?[@]
697+ ///もはや、本当の私は「ジーシャ」だった。[@]そう思って生きてきた。[@]
698+ ///この世界よりも、「ジーシャ」として生きた時間の方が遥かに長い。[@]
699+ ///
700+ ///目の前にある球状の装置の中には、[@]仮死状態のみんなが眠っている。[@]ガジ、アルマ、[name 0]、私の孫やひ孫、村人たちが。[@]
701+ ///装置のチリを払うと、ランプが点灯しているのが見えた。[@]まだ稼働している。[@]
702+ ///これが動いているということは、[@]人工ウィルスを開発する端末や、[@]ウィルスを散布するための装置も動いているということだ。[@]
703+ ///いったい、どれほどの時間動き続けていたんだ?[@] なぜこんなところに?[@]
704+ ///
705+ ///計算は、まだ完了していないのだろう。[@]その時がくれば、例え海底にいようと、人工知能が人類を目覚めさせるのに適当な場所まで、[@]防護装置を移動させることができる。[@]
706+ ///もし計算が完了していれば、[@]人工知能は人工ウィルスを散布し、[@]TBof-15を哺乳類ごと絶滅させたあ [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
707+ /// </summary>
708+ internal static string yume_053 {
709+ get {
710+ return ResourceManager.GetString("yume_053", resourceCulture);
711+ }
712+ }
713+
714+ /// <summary>
715+ ///
716+ ///私はマニピュレータを操作し、[@]かつての妻や娘、友人たちを潰し始めた。[@]
717+ ///
718+ ///卵が破れて、[@]繊維の混じった液体が海の中へ溶け出す。[@]
719+ ///長い人生が走馬灯のように浮かび上がる。[@]
720+ ///アルマの優しい笑顔と、優しい声。[@]
721+ ///生まれたばかり[name 0]の泣き顔。[@]
722+ ///ガジの毎度のくだらない騒ぎ。[@]
723+ ///[name 0]が家を出た日のこと。[@]
724+ ///未来のためにできることを、考え続けた日々。[@]
725+ ///
726+ ///すべての卵が潰れると、[@]装置のランプが消灯した。[@]
727+ ///装置の底に、[@]錆びたオルゴールのような機械があった。[@]
728+ ///どこか物悲しい旋律が、私の頭に響き始めた。[@]
729+ ///
730+ ///この旋律は、生涯止むことはないだろう。[@]
731+ ///
732+ ///
733+ ///--END--
734+ ///[@][game end] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
735+ /// </summary>
736+ internal static string yume_060 {
737+ get {
738+ return ResourceManager.GetString("yume_060", resourceCulture);
739+ }
740+ }
741+
742+ /// <summary>
743+ ///
744+ ///調査艇は、ゆっくりと浮上していく。[@]
745+ ///「なんだか変なとこだったねぇ?[@] なんだかちょっとボーっとしてて、うろ覚えなんだけど。[@]何を見たんだっけ?」[@]
746+ ///渡部が何か独り言ちている。[@]
747+ ///「あーあ、帰ったら子どもたちのご飯作らないと。[@]あたしって頑張り屋だよね。[@]聞いてる?[@] さっきから元気ないね」[@]
748+ ///
749+ ///私は、何を見たのか。[@]
750+ ///私は今、何を見ているのか。[@]
751+ ///あの村での人生は、確かにあったのだ。[@]
752+ ///私が見たものは、[@]ジーシャの記憶をベースにした防護装置が見せた幻覚だったのか。[@]
753+ ///それとも、[@]今見ているものこそが幻覚なのか……。[@]
754+ ///
755+ ///装置は今もまだ、海の底で動き続けている。[@]
756+ ///いつか地上の哺乳類を滅ぼし、[@]彼らが楽園で目覚めるために。[@]
757+ ///
758+ ///
759+ ///--END--
760+ ///[@][game end] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
761+ /// </summary>
762+ internal static string yume_070 {
763+ get {
764+ return ResourceManager.GetString("yume_070", resourceCulture);
765+ }
766+ }
767+
768+ /// <summary>
769+ /// [break][@]
770+ ///9か月後。[@]
771+ ///あれから、私はガジの研究の助手として働いていた。[@]といっても、全く知識の無いも同然の私にできることは、[@]勉強くらいのものだったが。[@]
772+ ///この世界では、すべての端末の計算力がオンラインで集約され、[@]単一の汎用人工知能「ファイニグン」が必要な計算を順番に解決している。[@]
773+ ///実験も、ほとんどの場合はシミュレーションで充分だったが、[@]「ファイニグン」は「人間にとって何が有用か」を決める権限は持っていなかった。[@]
774+ ///だから、研究者の主な仕事は[@]「次に何を計算すべきか」を話し合うことだった。[@]
775+ ///
776+ ///TBof-15の蔓延に対して、[@]人類が初めに行った研究は「TBof-15の根絶」だったが、[@]大量の試験と計算を重ねた結果、[@]短期的な解法は無いことがわかったのだった。[@]
777+ ///
778+ ///ガジとの話を思い出す。[@]
779+ ///「それから、人類はだいたい二つの派閥に分かれた。[@]『それでもTBof-15を根絶して、元の世界を取り戻す派』と、[@]『TBof-15と共存する派』だ。お前と俺は前者だ」[@]
780+ ///私は少し考えて答えた。[@]
781+ ///「でも、そ [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
782+ /// </summary>
783+ internal static string yume_081 {
784+ get {
785+ return ResourceManager.GetString("yume_081", resourceCulture);
786+ }
787+ }
788+
789+ /// <summary>
790+ ///
791+ ///「実は……子どもができたみたいなの」[@]
792+ ///歩みが止まる。[@]
793+ ///「名前、決めなきゃね」
794+ ///[@][break][@]
795+ ///それからアルマと、生まれてくる子どもが男なのか女なのか、[@]どんな子になるのか、[@]毎日話し合った。[@]生まれてくる子が女の子だとわかり、[@]ついにあと1か月以内に生まれるとなると、[@]いよいよ名前を決めなければならなかった。[@]
796+ ///「ねぇ、[@]たくさん候補はあったけど、[@]やっぱりあなたに決めてほしいの」
797+ ///[@][write name 0]娘の名前は……:
798+ ///[@][goto 25] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
799+ /// </summary>
800+ internal static string yume_082 {
801+ get {
802+ return ResourceManager.GetString("yume_082", resourceCulture);
803+ }
804+ }
805+
806+ /// <summary>
807+ ///
808+ ///「もう10歳だなんて、信じられないわね」[@]騒ぎを楽しそうに眺めながら、[@]アルマは愛おしげに[name 0]の頭をなでていた。[@]
809+ ///しかし[name 0]の表情はどこか寂しげだ。[@]
810+ ///どうかしたの。と[name 0]に聞いた。[@]
811+ ///「みんなが私のこと、もう大人ね、って言うの。[@]でも私、大人になんてなりたくない」[@]
812+ ///アルマは、どうしてそう思うの、と娘に尋ねた。[@]
813+ ///「だって、[@]どうすれば立派な大人になれるかなんて、[@]わからないもの。[@]毎日水が足りなくて、[@]運ぶのは重くて大変なのに、[@]ママはいつも私が飲む分を用意してくれる。[@]パパだって、毎日研究して、[@]たくさんお勉強してる。[@]私、そんなにずっと頑張ったりできないよ」[@]
814+ ///泣きそうな娘に、アルマは優しく微笑みながら答えた。[@]
815+ ///「あなたのペースでいいのよ。[@]パパも私も、自分ができることをやってるだけ。[@]みんなのために、少しずつだけね」[@]
816+ ///
817+ ///そうか。[@]
818+ ///大人たちにとって、今のこの世界は過酷だ。[@]元々文明の快適さを知っていたから、[@]余計につらく感じるものも多いだろ [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
819+ /// </summary>
820+ internal static string yume_083 {
821+ get {
822+ return ResourceManager.GetString("yume_083", resourceCulture);
823+ }
824+ }
825+
826+ /// <summary>
827+ ///
828+ ///「……そう。[@]わかった。[@]ありがとう。[@]じゃ、元気でね」[@]
829+ ///[name 0]は私を抱きしめて、[@]母さんと仲良くね、とささやき、[@]家から出ていった。[@]見えなくなるまで見送ったが、こちらに振り返ることはなかった。[@]
830+ ///ふと、食卓の上を見ると、[@]見慣れない小さなオルゴールがひとつ置いてあった。[@]
831+ ///ぜんまいを巻くと、[@]聞いたことのない、どこか物悲しい旋律が流れ始めた。[@]
832+ ///
833+ ///「あの子、いつも我慢してたのよ。[@]私たちに甘えたかったり、[@]怒りたかったりしても、[@]ずっと黙ってた。[@]どうしたの、って聞いてあげるまで、[@]いつもそうしてたわ」[@]アルマが言った。[@]
834+ ///
835+ ///あまりにもそっけない別れだった。[@]
836+ ///もしかすると、[name 0]が産まれてから20年間、[@]私は親らしいことは何一つできなかったんじゃないだろうか。[@]
837+ ///「よう。[@]おいおいなんだ、[@]ひどいツラしてんなぁ」[@]
838+ ///研究所に戻ると、ガジが早速軽口を叩いてきた。[@]
839+ ///
840+ ///「……なるほど。[@]それでへこんでたのか」[@]意外にもガジは笑わずに愚痴を聞いてくれ [残りの文字列は切り詰められました]&quot;; に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
841+ /// </summary>
842+ internal static string yume_084 {
843+ get {
844+ return ResourceManager.GetString("yume_084", resourceCulture);
845+ }
846+ }
847+
848+ /// <summary>
849+ /// [flagC 0,32,64][@]
850+ ///デバッグてきすと。[@]デバッグてきすと。[@]デバッグてきすと。[@]
851+ ///デバッグてきすと。[@]デバッグてきすと。[@]デバッグてきすと。[@]
852+ ///
853+ ///デバッグてきすと。[@]デバッグてきすと。[@]デバッグてきすと。[@]
854+ ///[@][command] に類似しているローカライズされた文字列を検索します。
855+ /// </summary>
856+ internal static string yume_100 {
857+ get {
858+ return ResourceManager.GetString("yume_100", resourceCulture);
859+ }
860+ }
861+ }
862+}
--- a/Console_Adventure/Properties/Resources.resx
+++ b/Console_Adventure/Properties/Resources.resx
@@ -161,7 +161,7 @@
161161 <value>..\txt\yume_013.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
162162 </data>
163163 <data name="yume_020" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
164- <value>..\txt\yume_020.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
164+ <value>..\txt\yume_020.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;shift_jis</value>
165165 </data>
166166 <data name="yume_021" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
167167 <value>..\txt\yume_021.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;shift_jis</value>
@@ -173,7 +173,7 @@
173173 <value>..\txt\yume_023.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;shift_jis</value>
174174 </data>
175175 <data name="yume_024" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
176- <value>..\txt\yume_024.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
176+ <value>..\txt\yume_024.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;shift_jis</value>
177177 </data>
178178 <data name="yume_025" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
179179 <value>..\txt\yume_025.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
@@ -185,11 +185,23 @@
185185 <value>..\txt\yume_027.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
186186 </data>
187187 <data name="yume_028" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
188- <value>..\txt\yume_028.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
188+ <value>..\txt\yume_028.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;shift_jis</value>
189189 </data>
190190 <data name="yume_030" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
191191 <value>..\txt\yume_030.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
192192 </data>
193+ <data name="yume_031" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
194+ <value>..\txt\yume_031.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
195+ </data>
196+ <data name="yume_032" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
197+ <value>..\txt\yume_032.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
198+ </data>
199+ <data name="yume_033" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
200+ <value>..\txt\yume_033.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
201+ </data>
202+ <data name="yume_034" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
203+ <value>..\txt\yume_034.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
204+ </data>
193205 <data name="yume_040" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
194206 <value>..\txt\yume_040.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
195207 </data>
@@ -232,6 +244,18 @@
232244 <data name="yume_070" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
233245 <value>..\txt\yume_070.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
234246 </data>
247+ <data name="yume_081" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
248+ <value>..\txt\yume_081.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
249+ </data>
250+ <data name="yume_082" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
251+ <value>..\txt\yume_082.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
252+ </data>
253+ <data name="yume_083" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
254+ <value>..\txt\yume_083.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
255+ </data>
256+ <data name="yume_084" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
257+ <value>..\txt\yume_084.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
258+ </data>
235259 <data name="yume_100" type="System.Resources.ResXFileRef, System.Windows.Forms">
236260 <value>..\txt\yume_100.txt;System.String, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089;utf-8</value>
237261 </data>
Binary files a/Console_Adventure/bin/Debug/netcoreapp3.1/Console_Adventure.dll and b/Console_Adventure/bin/Debug/netcoreapp3.1/Console_Adventure.dll differ
Binary files a/Console_Adventure/bin/Debug/netcoreapp3.1/Console_Adventure.pdb and b/Console_Adventure/bin/Debug/netcoreapp3.1/Console_Adventure.pdb differ
Binary files a/Console_Adventure/obj/Debug/netcoreapp3.1/Console_Adventure.Properties.Resources.resources and b/Console_Adventure/obj/Debug/netcoreapp3.1/Console_Adventure.Properties.Resources.resources differ
Binary files a/Console_Adventure/obj/Debug/netcoreapp3.1/Console_Adventure.csproj.GenerateResource.cache and b/Console_Adventure/obj/Debug/netcoreapp3.1/Console_Adventure.csproj.GenerateResource.cache differ
Binary files a/Console_Adventure/obj/Debug/netcoreapp3.1/Console_Adventure.dll and b/Console_Adventure/obj/Debug/netcoreapp3.1/Console_Adventure.dll differ
Binary files a/Console_Adventure/obj/Debug/netcoreapp3.1/Console_Adventure.pdb and b/Console_Adventure/obj/Debug/netcoreapp3.1/Console_Adventure.pdb differ
Binary files a/Console_Adventure/obj/Debug/netcoreapp3.1/TempPE/Properties.Resources.Designer.cs.dll and b/Console_Adventure/obj/Debug/netcoreapp3.1/TempPE/Properties.Resources.Designer.cs.dll differ
--- a/Console_Adventure/txt/yume_003.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_003.txt
@@ -3,8 +3,8 @@
33 先端がそれに触れようとした時、[@]頭の中に閃光が発した。[@]
44 地鳴りのような音が耳の中で響く。[@]
55 その音がどんどん大きくなり、[@]あまりの音に何も考えられなくなる。[@]
6-視界全体が狂った万華鏡のような模様でいっぱいになり、[@]何も見えなくなった。[@]
7-[@][break]
6+視界全体が狂った万華鏡のような模様でいっぱいになり、[@]何も見えなくなった。
7+[@][break][@]
88 視界が徐々に元に戻る。[@]
99 何か妙だ。[@]
1010 周りはまぶしいくらい、明るくはっきりと見える。[@]さっきまでシートに座っていたのに、[@]今は砂だらけの石造りの床の上に立っている。[@]
--- a/Console_Adventure/txt/yume_020.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_020.txt
@@ -1,23 +1 @@
1-[break]
2-9か月後。
3-あれから、ガジの研究の助手として働いている。といっても、全く知識の無いも同然の私にできることは、勉強くらいのものだったが。
4-この世界では、すべての端末の計算力がオンラインで集約され、単一の汎用人工知能「ファイニグン」が必要な計算を順番に解決している。
5-実験も、ほとんどの場合はシミュレーションで充分だったが、「ファイニグン」は「人間にとって何が有用か」を決める権限は持っていなかった。
6-だから、研究者の主な仕事は「次に何を計算すべきか」を話し合うことだった。[ret]
7-TBof-15の蔓延に対して、人類が初めに行った研究は「TBof-15の根絶」だったが、大量の試験と計算を重ねた結果、短期的な解法は無いことがわかったのだった。[ret]
8-ガジとの話を思い出す。
9-「それから、人類はだいたい二つの派閥に分かれた。『それでもTBof-15を根絶して、元の世界を取り戻す派』と、『TBof-15と共存する派』だ。お前と俺は前者だ」
10-私は少し考えて答えた。
11-「でも、そんな方法あるのか? 世界中の端末で計算しても、方法が無いってわかったんだろ?」
12-「短期的な方法は、な。治療薬とか、ワクチンや接触の制限だけではダメだ。そこで検討された手段が「媒介生物の根絶」だが、媒介生物の種類はあまりにも多い。ある試算では、人類以外の哺乳類にとって、TBof-15はすでに常在ウィルスと化しているらしい。そこで――」[ret]
13-「おいっ」後ろからガジの声がした。
14-「ぼーっとしてんなぁ。もう今日は上がろうぜ」それから、ガジは私の肩を抱き、耳打ちしてきた。
15-「奥さんが迎えに来てるぞ。何か悪いことしたんだろ?」素直に謝っとけよ、とつぶやいて、ガジはそそくさと資料室へ入っていった。ガジはそこで寝泊まりしているのだ。[ret]
16-研究所の外で、アルマがうつむいて待っていた。とりあえず自宅の方へ一緒に歩き始める。
17-アルマが口を開いた。
18-「あのね、実は……」
19-続きを待ったが、なかなか話さない。[ret]
20-「どうしたの。言ってみなよ」言わないとわからないじゃないか。 21へ。
21-アルマが話すまで待つ。 22へ。
22-「実は……魔法少女だったとか?」いまいちな冗談だ。 23へ。
23-[command]
\ No newline at end of file
1+[flagC 0,31,81]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_024.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_024.txt
@@ -1,8 +1 @@
1-[ret]「実は……子どもができたみたいなの」
2-歩みが止まる。
3-「名前、決めなきゃね」
4-[break]
5-それからアルマと、生まれてくる子どもが男なのか女なのか、どんな子になるのか、毎日話し合った。生まれてくる子が女の子だとわかり、ついにあと1か月以内に生まれるとなると、いよいよ名前を決めなければならなかった。
6-「ねぇ、たくさん候補はあったけど、やっぱりあなたに決めてほしいの」
7-[write name 0]娘の名前は……:
8-[goto 25]
\ No newline at end of file
1+[flagC 0,32,82]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_025.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_025.txt
@@ -1,23 +1,28 @@
1-[ret]その女の子は、ふたりによって「[name 0]」と名づけられた。
2-[break]
3-それから、10年経った。
4-今日は[name 0]の10歳の誕生日だ。この村では、子供の10歳の誕生日を盛大に祝う慣習があり、ガジや村の住人が集まって、どんちゃん騒ぎになっている。
5-いつもは質素に食べ物や水も切り詰めてはいるが、この時ばかりはと、もはや手に入らなくなった酒や、長期保存用の缶詰などが村中からかき集められ、振る舞われた。
6-ささやかではあったが、村に住むものにとっては、本当に久しぶりの明るい出来事だった。誰もが笑顔で、夢中で騒いでいた。[ret]
7-「おい! お前の缶詰、中身が肉じゃないか! 俺のサカナの缶詰と交換しよう!」
8-ガジが目ざとく、私の分の缶詰に目をつけた。
9-サカナも肉も、ここでは滅多に食べられるものではない。しかし、ガジの缶詰はもう半分食べかけだった。
10-「バレたか。じゃあこうしよう。俺が今からこのフタを右手か左手に隠す。もし当てられたら、俺のサカナの缶詰をおまえに全部やろう。外れたら、俺の缶詰と交換だ。二分の一で、お前が負けても缶詰は食べられるから、ワリのいい賭けだろう?」
11-よーく見てろよ。と言ってガジは酒瓶についていた、真っ赤なフタを空中に投げ、さっと両手を交差し、握りこぶしを向けてきた。[ret]
12-ガジは賭け事が滅法強い。さらに言えば、人の心を読む力にも長けている。
13-(一瞬だが、やつが投げたフタは右手に握ったように見えた。しかし、ここまで分の悪い賭けを、タダでする男ではない)
14-(一枚穿って見るならば、右手に握ったように見えたのは「フェイク」で、分の良い賭けに焦って、安直に右手を選ぶのを見越して、実は巧妙に左手に隠し持っている……というのはありえそうな話だ)
15-(となると、やはり左か……? あるいは、その裏のウラをかいて、やはり左。それが、いつものガジとの勝負のよいバランスだ。何枚も裏を読んでは却って自滅してしまう。)
16-(いや、しかし待てよ)
17-(もしかすると、めったに食べられないサカナの缶詰を、俺に分けようと思って、でも素直に分けるのは照れ臭いので、賭け事に乗じてわざと負けようとしている……?)
18-(その可能性を考慮すると、むしろ右手の可能性は強くなる。しかしそこまでかわいいやつだっただろうか……?)
19-ガジの視線が、ほんの一瞬だけ右手に動いたように見えた。
20-(フェイクか? それとも……)[ret]
21-「見えた。こっちの手だろう」ガジは本物の勝負師だ。左手を選ぶ。 26へ。
1+
2+その女の子はふたりによって、[@]「[name 0]」と名づけられた。[@]
3+[@][break][@]
4+それから、10年経った。[@]
5+今日は[name 0]の10歳の誕生日だ。[@]この村では、子供の10歳の誕生日を盛大に祝う慣習があり、[@]ガジや村の住人が集まって、どんちゃん騒ぎになっている。[@]
6+いつもは質素に食べ物や水も切り詰めてはいるが、[@]この時ばかりはと、もはや手に入らなくなった酒や、[@]長期保存用の缶詰などが村中からかき集められ、振る舞われた。[@]
7+ささやかではあったが、[@]村に住むものにとっては、本当に久しぶりの明るい出来事だった。[@]誰もが笑顔で、夢中で騒いでいた。[@]
8+
9+「おい! お前の缶詰、中身が肉じゃないか![@] 俺のサカナの缶詰と交換しよう!」[@]
10+ガジが目ざとく、私の分の缶詰に目をつけた。[@]
11+サカナも肉も、ここでは滅多に食べられるものではない。[@]しかし、ガジの缶詰はもう半分食べかけだった。[@]
12+「バレたか。じゃあこうしよう。[@]俺が今からこのフタを右手か左手に隠す。[@]もし当てられたら、俺のサカナの缶詰をおまえに全部やろう。[@]外れたら、俺の缶詰と交換だ。[@]二分の一で、お前が負けても缶詰は食べられるから、ワリのいい賭けだろう?」[@]
13+よーく見てろよ。と言って、[@]ガジは酒瓶についていた真っ赤なフタを空中に投げ、[@]さっと両手を交差し、握りこぶしを向けてきた。[@]
14+
15+ガジは賭け事が滅法強い。[@]さらに言えば、人の心を読む力にも長けている。[@]
16+(一瞬だが、やつが投げたフタは右手に握ったように見えた。[@]しかし、ここまで分の悪い賭けを、タダでする男ではない)[@]
17+(一枚穿って見るならば、[@]右手に握ったように見えたのは「フェイク」で、[@]分の良い賭けに焦って、安直に右手を選ぶのを見越して、[@]実は巧妙に左手に隠し持っている……[@]というのはありえそうな話だ)[@]
18+(となると、やはり左か……?[@] あるいは、その裏のウラをかいて、やはり左。[@]それが、いつものガジとの勝負のよいバランスだ。[@]何枚も裏を読んでは却って自滅してしまう。)[@]
19+(いや、しかし待てよ)[@]
20+(もしかすると、[@]めったに食べられないサカナの缶詰を、俺に分けようと思って、[@]でも素直に分けるのは照れ臭いので、[@]賭け事に乗じてわざと負けようとしている……?)[@]
21+(祝いの主人公は[name 0]だが、[@]私やアルマもこの祝いにおいては主人公の一人と言ってもいいだろう。)[@]
22+(その可能性を考慮すると、むしろ右手の可能性は強くなる。[@]しかしそこまでかわいいやつだっただろうか……?)[@]
23+ガジの視線が、ほんの一瞬だけ右手に動いたように見えた。[@]
24+(フェイクか? それとも……)[@]
25+
26+「見えた。こっちの手だろう」ガジは本物の勝負師だ。左手を選ぶ。 26へ。[@]
2227 「わかったよ。こっちの手だ」ガジは本当はいい奴だ。右手を選ぶ。 27へ。
23-[command]
\ No newline at end of file
28+[@][command]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_026.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_026.txt
@@ -1,8 +1,10 @@
1-[ret]はたして。ガジが左手を開くと、そこにはフタは無かった。
2-しまった。ガジはやはり俺に譲る気で、右手にフタを持っていたのだ。
3-友人を信じてやれなかった。すまないガジ……。
4-「ヒャッホー! 俺の勝ちだ! いただき!」
5-ガジはあっという間に肉の缶詰をひったくり、目にも止まらぬ速さで食べ終えた。
6-「あぁ、もう無くなった! でもまだサカナがあるからな。あ、おいおっちゃん! その貝の缶詰と俺のサカナの缶詰で勝負を……」
1+
2+はたして。[@]
3+ガジが左手を開くと、そこにはフタは無かった。[@]
4+しまった。[@]ガジはやはり俺に譲る気で、右手にフタを持っていたのだ。[@]
5+友人を信じてやれなかった。[@]すまないガジ……。[@]
6+「ヒャッホー![@] 俺の勝ちだ! いただき!」[@]
7+ガジはあっという間に肉の缶詰をひったくり、[@]目にも止まらぬ速さで食べ終えた。[@]
8+「あぁ、もう無くなった![@] でもまだサカナがあるからな。[@]あ、おいじーさん![@] その貝の缶詰と俺のサカナの缶詰で勝負を……」[@]
79 ……。
8-[goto 28]
\ No newline at end of file
10+[@][goto 28]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_027.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_027.txt
@@ -1,6 +1,8 @@
1-[ret]はたして。ガジが右手を開くと、そこにはフタは無かった。
2-しまった、騙された。いや別に騙されたわけではないが、ガジは賭け事となるとやはり本気だ。あるいは俺の心理の動きを読んで、有情の右手をフェイクとして仕込んだか……?
3-「ヒャッホー! 俺の勝ちだ! いただき!」
4-ガジは無情にも肉の缶詰をひったくり、意気揚々と次の獲物を狙いにいった。
5-しばらくして、ガジは缶詰の山を築き上げ、[name 0]に「誕生日プレゼント」だと言い張って缶詰を譲っていた。俺にも「お情け」で一缶譲ってくれたが、中身はキノコの缶詰だった。
6-[goto 28]
\ No newline at end of file
1+
2+はたして。[@]
3+ガジが右手を開くと、そこにはフタは無かった。[@]
4+しまった、騙された。[@]いや別に騙されたわけではないが、ガジは賭け事となるとやはり本気だ。[@]あるいは俺の心理の動きを読んで、[@]有情の右手をフェイクとして仕込んだか……?[@]
5+「ヒャッホー![@] 俺の勝ちだ! いただき!」[@]
6+ガジは無情にも肉の缶詰をひったくり、[@]意気揚々と次の獲物を狙いにいった。[@]
7+しばらくして、[@]ガジは缶詰の山を築き上げ、[name 0]に「誕生日プレゼント」だと言い張って缶詰を譲っていた。[@]俺にも「お情け」で一缶譲ってくれたが、[@]中身はキノコの缶詰だった。
8+[@][goto 28]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_028.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_028.txt
@@ -1,14 +1 @@
1-[ret]「もう10歳だなんて、信じられないわね」騒ぎを楽しそうに眺めながら、アルマは愛おしげに[name 0]の頭をなでていた。
2-しかし[name 0]の表情はどこか寂しげだ。
3-どうかしたの。と[name 0]に聞いた。
4-「みんなが私のこと、もう大人ね、って言うの。でも私、大人になんてなりたくない」
5-アルマは、どうしてそう思うの、と娘に尋ねた。
6-「だって、どうすれば立派な大人になれるかなんて、わからないもの。毎日水が足りなくて、運ぶのは重くて大変なのに、ママはいつも私が飲む分を用意してくれる。パパだって、毎日研究して、たくさんお勉強してる。私、そんなにずっと頑張ったりできないよ」
7-泣きそうな娘に、アルマは優しく微笑みながら答えた。
8-「あなたのペースでいいのよ。パパも私も、自分ができることをやってるだけ。みんなのために、少しずつだけね」[ret]
9-そうか。
10-大人たちにとって、今のこの世界は過酷だ。元々文明の快適さを知っていたから、余計につらく感じるものも多いだろう。
11-インフラはほとんどが停止してしまって、使える電力もできる限り「計算」のために使っている。だから住民は、生活のために大部分の時間と労力を割かなければならない。電気もなく、気候はきびしく、地下から水を汲み上げられる場所は村から遠く、食料も乏しい。安全も、健康も、もはや過去のものだった。
12-「私たちはこんなにも苦労しているのだから、世界を直した暁には、せめて次の世代には、あの快適な暮らしを取り戻してほしい。それにふさわしい苦労をしているのだから、当然そうあるべきだ……」
13-そういう期待を、[name 0]は重圧として感じていたのかもしれない。
14-[goto 40]
\ No newline at end of file
1+[flagC 0,33,83]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_030.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_030.txt
@@ -1,26 +1,30 @@
1-[ret]きっと、ここはどこかの異世界の中だ。
2-だから、外の世界へ戻らなければ。
3-わたしは村から出て、がむしゃらに走った。[ret]
4-見渡す限りの砂と岩。そのどこかに現実の世界があるはずだ。[ret]
5-強烈な日光が私の皮膚を焼く。汗は一瞬で乾き、喉がへばりつくように乾く。
6-どのくらい走っただろう。1時間? 1日? あるいはたったの数分か。
7-視界はかすみ、強烈な耳鳴りで何も聞こえない。
8-私はどうやら狂っていた。五感は失われ、走っているのか、倒れているのかすらわからない。[ret]
9-ふいに、足元が崩れたような感覚がした。
10-足の下は崖のようになっていて、眼下にはごつごつとした岩が見える。
11-死の恐怖で五感がよみがえる。しかし体は思うように動かない。まるで崖に吸い込まれるようだ。
12-あぁ、ここで死ぬんだな。あるいは、やはりこれは夢だったのだろうか。[ret]
13-「危ない!」
14-ふいに、何か強い力で引っ張られた。
15-私は崖に落ちる寸前に、誰かに引き戻されたようだ。
16-そして、私を引き戻した反動で、その誰かが崖の外に投げ出されていくのが見えた。[ret]
17-長い金切り声、そして鈍い音に混じった、枯れ木のようなものが折れた音が聞こえた。
18-「アルマ!」
19-私の後ろから、ガジの大きな声が聞こえた。
20-「なんてこった。おいジーシャ! すぐに人を呼んで来い! 村はすぐそこだ。なるべくたくさん呼ぶんだ」
21-[break]
22-私の身代わりに崖から落ちたのは、アルマだった。
23-幸いにも、アルマは一命をとりとめたが、私を救った代償として、一生歩けない体になった。
1+[flagOR 0][@]
2+きっと、ここはどこかの異世界の中だ。[@]
3+だから、外の世界へ戻らなければ。[@]
4+わたしは村から出て、がむしゃらに走った。[@]
245
25---続く--
26-[game end]
\ No newline at end of file
6+見渡す限りの砂と岩。[@]そのどこかに現実の世界があるはずだ。[@]
7+
8+強烈な日光が私の皮膚を焼く。[@]汗は一瞬で乾き、喉がへばりつくように乾く。[@]
9+どのくらい走っただろう。[@]1時間?[@] 1日?[@] あるいはたったの数分か。[@]
10+視界はかすみ、強烈な耳鳴りで何も聞こえない。[@]
11+私はどうやら狂っていた。[@]五感は失われ、走っているのか、倒れているのかすらわからない。[@]
12+
13+ふいに、足元が崩れたような感覚がした。[@]
14+足の下は崖のようになっていて、[@]眼下にはごつごつとした岩が見える。[@]
15+死の恐怖で五感がよみがえる。[@]しかし体は思うように動かない。[@]まるで崖に吸い込まれるようだ。[@]
16+あぁ、ここで死ぬんだな。[@]あるいは、やはりこれは夢だったのだろうか。[@]
17+
18+「危ない!」[@]
19+ふいに、何か強い力で引っ張られた。[@]
20+私は崖に落ちる寸前に、[@]誰かに引き戻されたようだ。[@]
21+そして、私を引き戻した反動で、[@]その誰かが崖の外に投げ出されていくのが見えた。[@]
22+
23+長い金切り声、[@]そして鈍い音に混じった、[@]枯れ木のようなものが折れた音が聞こえた。[@]
24+「アルマ!」[@]
25+私の後ろから、ガジの大きな声が聞こえた。[@]
26+「なんてこった。おいジーシャ![@] すぐに人を呼んで来い![@] 村はすぐそこだ。なるべくたくさん呼ぶんだ」
27+[@][break][@]
28+私の身代わりに崖から落ちたのは、[@]アルマだった。[@]
29+幸いにも、アルマは一命をとりとめたが、[@]私を救った代償として、一生歩けない体になった。
30+[@][goto 20]
\ No newline at end of file
--- /dev/null
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_031.txt
@@ -0,0 +1,32 @@
1+[break][@]
2+9か月後。[@]
3+あれから、私はガジの研究の助手として働いていた。[@]といっても、全く知識の無いも同然の私にできることは、[@]勉強くらいのものだったが。[@]
4+この世界では、すべての端末の計算力がオンラインで集約され、[@]単一の汎用人工知能「ファイニグン」が必要な計算を順番に解決している。[@]
5+実験も、ほとんどの場合はシミュレーションで充分だったが、[@]「ファイニグン」は「人間にとって何が有用か」を決める権限は持っていなかった。[@]
6+だから、研究者の主な仕事は[@]「次に何を計算すべきか」を話し合うことだった。[@]
7+
8+TBof-15の蔓延に対して、[@]人類が初めに行った研究は「TBof-15の根絶」だったが、[@]大量の試験と計算を重ねた結果、[@]短期的な解法は無いことがわかったのだった。[@]
9+
10+ガジとの話を思い出す。[@]
11+「それから、人類はだいたい二つの派閥に分かれた。[@]『それでもTBof-15を根絶して、元の世界を取り戻す派』と、[@]『TBof-15と共存する派』だ。お前と俺は前者だ」[@]
12+私は少し考えて答えた。[@]
13+「でも、そんな方法あるのか?[@] 世界中の端末で計算しても、方法が無いってわかったんだろ?」[@]
14+「短期的な方法は、な。[@]治療薬とか、ワクチンや接触の制限だけではダメだ。[@]そこで検討された手段が「媒介生物の根絶」だが、[@]媒介生物の種類はあまりにも多い。[@]ある試算では、人類以外の哺乳類にとって、[@]TBof-15はすでに常在ウィルスと化しているらしい。[@]そこで――」[@]
15+
16+「おいっ」[@]後ろからガジの声がした。[@]
17+「ぼーっとしてんなぁ。[@]もう今日は上がろうぜ」[@]
18+お先、と言ってガジはそそくさと資料室へ入っていった。[@]ガジはそこで寝泊まりしているのだ。[@]
19+
20+家に帰ると、アルマが食卓に座って出迎えてくれた。[@]
21+あの事件以来、[@]アルマの身の回りの世話も私の仕事だった。[@]
22+アルマは、私のせいで歩けなくなったことについて、[@]私を責めたりはしなかった。[@]
23+むしろ、私が世話をすることを、申し訳なく思っているようだった。[@]
24+
25+食事を準備していると、アルマが口を開いた。[@]
26+「あのね、実は……」[@]
27+続きを待ったが、なかなか話さない。[@]
28+
29+「どうしたの。言ってみて」何か困りごとだろうか。 21へ。[@]
30+アルマが話すまで待つ。 22へ。[@]
31+「実は……魔法少女だったとか?」いまいちな冗談だ。 23へ。
32+[@][command]
\ No newline at end of file
--- /dev/null
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_032.txt
@@ -0,0 +1,9 @@
1+
2+「実は……子どもができたみたいなの」[@]
3+手が止まる。[@]
4+「名前、決めなきゃね」
5+[@][break][@]
6+それからアルマと、生まれてくる子どもが男なのか女なのか、[@]どんな子になるのか、[@]毎日話し合った。[@]生まれてくる子が女の子だとわかり、[@]ついにあと1か月以内に生まれるとなると、[@]いよいよ名前を決めなければならなかった。[@]
7+「ねぇ、[@]たくさん候補はあったけど、[@]やっぱりあなたに決めてほしいの」
8+[@][write name 0]娘の名前は……:
9+[@][goto 25]
\ No newline at end of file
--- /dev/null
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_033.txt
@@ -0,0 +1,16 @@
1+
2+「もう10歳だなんて、信じられないわね」[@]騒ぎを楽しそうに眺めながら、[@]アルマは愛おしげに[name 0]の頭をなでていた。[@]
3+しかし[name 0]の表情はどこか寂しげだ。[@]
4+どうかしたの。と[name 0]に聞いた。[@]
5+「みんなが私のこと、もう大人ね、って言うの。[@]でも私、大人になんてなりたくない」[@]
6+アルマは、どうしてそう思うの、と娘に尋ねた。[@]
7+「だって、[@]どうすれば立派な大人になれるかなんて、[@]わからないもの。[@]ママは足が動かないのに、私の勉強を手伝ったり、お世話をしてくれる。[@]パパだって、毎日研究して、[@]たくさんお勉強してる。[@]私、そんなにずっと頑張ったりできないよ」[@]
8+泣きそうな娘に、アルマは優しく微笑みながら答えた。[@]
9+「あなたのペースでいいのよ。[@]パパも私も、自分ができることをやってるだけ。[@]みんなのために、少しずつだけね」[@]
10+
11+そうか。[@]
12+大人たちにとって、今のこの世界は過酷だ。[@]元々文明の快適さを知っていたから、[@]余計につらく感じるものも多いだろう。[@]
13+インフラはほとんどが停止してしまって、[@]使える電力もできる限り「計算」のために使っている。[@]だから住民は、生活のために大部分の時間と労力を割かなければならない。[@]電気もなく、気候はきびしく、[@]地下から水を汲み上げられる場所は村から遠く、食料も乏しい。[@]安全も、健康も、もはや過去のものだった。[@]
14+「私たちはこんなにも苦労しているのだから、[@]世界を直した暁には、せめて次の世代には、[@]あの快適な暮らしを取り戻してほしい。[@]それにふさわしい苦労をしているのだから、[@]当然そうあるべきだ……」[@]
15+そういう期待を、[name 0]は重圧として感じていたのかもしれない。
16+[@][goto 40]
\ No newline at end of file
--- /dev/null
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_034.txt
@@ -0,0 +1,22 @@
1+
2+「……そう。[@]わかった。[@]ありがとう。[@]じゃ、元気でね」[@]
3+[name 0]は私を抱きしめて、[@]母さんをよろしくね、とささやき、[@]家から出ていった。[@]見えなくなるまで見送ったが、こちらに振り返ることはなかった。[@]
4+ふと、食卓の上を見ると、[@]見慣れない小さなオルゴールがひとつ置いてあった。[@]
5+ぜんまいを巻くと、[@]聞いたことのない、どこか物悲しい旋律が流れ始めた。[@]
6+
7+「あの子、いつも我慢してたのよ。[@]私たちに甘えたかったり、[@]怒りたかったりしても、[@]ずっと黙ってた。[@]どうしたの、って聞いてあげるまで、[@]いつもそうしてたわ」[@]アルマが言った。[@]
8+
9+あまりにもそっけない別れだった。[@]
10+もしかすると、[name 0]が産まれてから20年間、[@]私は親らしいことは何一つできなかったんじゃないだろうか。[@]
11+「よう。[@]おいおいなんだ、[@]ひどいツラしてんなぁ」[@]
12+研究所に戻ると、ガジが早速軽口を叩いてきた。[@]
13+
14+「……なるほど。[@]それでへこんでたのか」[@]意外にもガジは笑わずに愚痴を聞いてくれた。[@]
15+「でもさ。俺たちなんて親にはもう会えないんだぜ。[@]お前は忘れちゃってるかもしれないけど、[@]俺の親は都会にいたからもう死んじゃったからな」[@]
16+……言われてみれば、[@]私は「ジーシャ」の両親に会ったことがない。[@]名前すら知らない。[@]
17+「言いたいのは、生きてるだけで充分サイコーってこと。[@]親子が離れ離れになるなんて、当たり前のことだよ。[@]どうしても絶対に会えない、ってわけでもないなら、[@]むしろ恵まれてる方だと思えるよな」[@]
18+
19+そういえば。[@]ここに来る前の「私」の両親はどうしているだろうか。[@]今となってはもう会えない、というのはガジと同じだが。[@]
20+もしまた会えるなら。[@]自分が拙いながらも、娘をこれまで育ててこれたように、[@]私を育ててくれたことを、両親に感謝したい……。[@]そんな気持ちもある。[@]
21+それも、もはや叶うことではないが。
22+[@][goto 47]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_040.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_040.txt
@@ -1,9 +1,10 @@
1-[break]
2-この世界に来てから、ずっといろんなことを勉強し続けていた。
3-ウィルス蔓延以後、人口が密集した都市部はおそらくすべて破滅してしまったのだろう。オンライン上にあるデータはほとんど失われてしまっていた。
4-それでも、この村のようにほんの一部の人類が生き延びて、今のこの世界の状態や過去の歴史などを、少しずつ集めることに成功していたのだ。[ret]
5-初めは、元の時代の、元の体へ戻るための勉強だった。神隠しやタイムトラベルのようなSFじみたことでも、知れることなら何だって知ろうとした。
6-それが、娘が産まれてからは、この世界をよくするための勉強に変わった。ウィルスのこと、人間の体のこと。ガジの研究のこと。「元の自分」にもいなかった、実の子どもという存在が、自分の中でものすごく大きくなっていたからだ。
7-そんな中で、私が知っている国や言語が、全く残っていないことに気づいた。
8-この世界はひょっとしたら、私が思っていたよりも遥かに未来かもしれない。あるいは、私が知っている「地球」でさえないのかも。
9-[goto 41]
\ No newline at end of file
1+[break][@]
2+この世界に来てから、[@]ずっといろんなことを勉強し続けていた。[@]
3+ウィルス蔓延以後、[@]人口が密集した都市部はおそらくすべて破滅してしまったのだろう。[@]オンライン上にあるデータはほとんど失われてしまっていた。[@]
4+それでも、この村のようにほんの一部の人類が生き延びて、[@]今のこの世界の状態や過去の歴史などを、[@]少しずつ集めることに成功していたのだ。[@]
5+
6+初めは、元の時代の、元の体へ戻るための勉強だった。[@]神隠しやタイムトラベルのようなSFじみたことでも、[@]知れることなら何だって知ろうとした。[@]
7+それが、娘が産まれてからは、[@]この世界をよくするための勉強に変わった。[@]ウィルスのこと、[@]人間の体のこと、[@]ガジの研究のこと。[@]「元の自分」にもいなかった、実の子どもという存在が、[@]自分の中でものすごく大きくなっていた。[@]
8+そんな中で、私が知っている国や言語が、[@]全く残っていないことに気づいた。[@]
9+この世界はひょっとしたら、[@]私が思っていたよりも遥かに未来かもしれない。[@]あるいは、私が知っている「地球」でさえないのかも。
10+[@][goto 41]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_041.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_041.txt
@@ -1,19 +1,21 @@
1-[break]
2-それから、10年の月日が流れた。
3-人類は徐々に衰退していた。オンライン上でやり取りできる人は、私がここに来てからもう10分の1ほどに減っていた。
4-計算に使える端末も減り、その結果計算に必要な時間が伸び、問題を解決するまでの時間も伸びてしまった。
5-様々な解決案が提案されては、計算され、現実的には不可能であることが証明され、消えていった。[ret]
6-たった一つ残った解決案は、複雑で計算に長い時間が要するものだった。それは次のような計画だった。
7-1. 人類を外界から影響を受けない仮死状態して、長期間保存する。
8-2. 人工ウィルスを作り、地球上に蔓延させる。人工ウィルスに感染した個体はTBof-15を活性化させ、種を問わず個体を死亡させる。
9-3. すべてのTBof-15の感染個体が死亡したのち、人類を蘇生する。
10-一言で言えば「人類が暮らせる世界になるまで眠っていよう」という作戦だ。
11-人類が目覚めるとき、地上にいるTBof-15に感染している個体はすべて死んでいる。つまりTBof-15を媒介する個体は存在しなくなる。
12-これが、人類を滅ぼさずにTBof-15を根絶させる、最後に残ったアイデアだった。[ret]
13-ガジが珍しく神妙な顔で言う。
14-「恐ろしく陰惨な計画だが、ウィルスを根絶させる手段はもう他には残っていない。この解決法の一番の問題は、俺たちをどうやって外界から守るか、だ」
15-地球上の端末は、現在すべてが人類を保存可能な状態に戻す方法の計算に使われている。
16-つまり、保存された人類を守る装置は、残った人類だけで作らなければならない。天候や災害、そして生物から、無防備になった人類を守る装置を。
17-途方もない道のりだが、やらなければ滅ぶだけだ。
18-「大丈夫だ。絶対うまくいく。賭けたっていいぜ」
19-[goto 42]
\ No newline at end of file
1+[break][@]
2+それから、10年の月日が流れた。[@]
3+人類は徐々に衰退していた。[@]オンライン上でやり取りできる人は、[@]私がここに来てからもう10分の1ほどに減っていた。[@]
4+計算に使える端末も減り、[@]その結果計算に必要な時間が伸び、[@]問題を解決するまでの時間も伸びてしまった。[@]
5+様々な解決案が提案されては、[@]計算され、現実的には不可能であることが証明され、[@]消えていった。[@]
6+
7+たった一つ残った解決案は、[@]複雑で計算に長い時間が要するものだった。[@]それは次のような計画だった。[@]
8+1. 人類を外界から影響を受けない仮死状態して、長期間保存する。[@]
9+2. 人工ウィルスを作り、地球上に蔓延させる。人工ウィルスに感染した個体はTBof-15を活性化させ、種を問わず個体を死亡させる。[@]
10+3. すべてのTBof-15の感染個体が死亡したのち、人類を蘇生する。[@]
11+一言で言えば[@]「人類が暮らせる世界になるまで眠っていよう」という作戦だ。[@]
12+人類が目覚めるとき、地上にいるTBof-15に感染している個体はすべて死んでいる。[@]つまりTBof-15を媒介する個体は存在しなくなる。[@]
13+これが、人類を滅ぼさずにTBof-15を根絶させる、[@]最後に残ったアイデアだった。[@]
14+
15+ガジが珍しく神妙な顔で言う。[@]
16+「恐ろしく陰惨な計画だが、[@]ウィルスを根絶させる手段はもう他には残っていない。[@]この解決法の一番の問題は、[@]俺たちをどうやって外界から守るか、だ」[@]
17+地球上の端末は、現在すべてが人類を保存可能な状態に戻す方法の計算に使われている。[@]
18+つまり、保存された人類を守る装置は、[@]残った人類だけで作らなければならない。[@]天候や災害、そして生物から、[@]無防備になった人類を守る装置を。[@]
19+途方もない道のりだが、[@]やらなければ滅ぶだけだ。[@]
20+「大丈夫だ。絶対うまくいく。[@]賭けたっていいぜ」
21+[@][goto 42]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_042.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_042.txt
@@ -1,17 +1,21 @@
1-[break]
2-すぐ近くなのに、家に帰るのは久しぶりだった。オンラインでの話し合いが過熱する一方だったからだ。
3-真っ暗な食卓に[name 0]が座っていた。星明りでかろうじて見えるものの、表情まではうかがえない。
4-「遅かったね。ねぇ、今日何の日か覚えてる?」
5-……今日は私の誕生日だった。すっかり忘れていたが。
6-「この間、私、結婚するかもって言ったよね。何度も話したいと思ったけど、父さんはここ最近ずっと研究所にこもりっきりだから、話せなかった。邪魔もできないしね。私、明日の朝に向こうの町に行くわ」[ret]
7-他の町との交流は、以前よりも増していた。小さくなりすぎたコミュニティ同士が、それだけでは生きていけなくなったので、寄り添う他に方法はなくなったのだ。
8-とはいえ、移動は簡単ではないし、安全でもない。生活上不可欠な理由か、あるいはよほど特別な理由でも無い限り、他の町へと実際に行くことはできなかった。
9-もしかしたら、[name 0]とは今生の別れになるかもしれない。[ret]
10-そうか、達者でな。
11-それしか言えなかった。[ret]
12-次の日、[name 0]は早々に準備を終え、アルマを抱きしめたあと、私に向き直って言った。
13-「ねぇ父さん、ひとつだけ教えて。父さんにとって、一番大切なものって何?」[ret]
14-自分だ。 43へ。
15-家族だ。 44へ。
1+[break][@]
2+すぐ近くなのに、家に帰るのは久しぶりだった。[@]オンラインでの話し合いが過熱する一方だったからだ。[@]
3+真っ暗な食卓に[name 0]が座っていた。[@]星明りでかろうじて見えるものの、[@]表情まではうかがえない。[@]
4+「遅かったね。[@]ねぇ、今日何の日か覚えてる?」[@]
5+……今日は私の誕生日だった。[@]すっかり忘れていたが。[@]
6+「この間、[@]私、結婚するかもって言ったよね。[@]何度も話したいと思ったけど、[@]父さんはここ最近ずっと研究所にこもりっきりだから、話せなかった。[@]邪魔もできないしね。[@]私、明日の朝に向こうの町に行くわ」[@]
7+
8+他の町との交流は、以前よりも増していた。[@]小さくなりすぎたコミュニティ同士が、[@]それだけでは生きていけなくなったので、[@]寄り添う他に方法はなくなったのだ。[@]
9+とはいえ、移動は簡単ではないし、安全でもない。[@]生活上不可欠な理由か、[@]あるいはよほど特別な理由でも無い限り、[@]他の町へと実際に行くことはできなかった。
10+もしかしたら、[@][name 0]とは今生の別れになるかもしれない。[@]
11+
12+そうか、達者でな。[@]
13+それしか言えなかった。[@]
14+
15+次の日、[name 0]は早々に準備を終え、[@]アルマを抱きしめたあと、私に向き直って言った。[@]
16+「ねぇ父さん、[@]ひとつだけ教えて。[@]父さんにとって、[@]一番大切なものって何?」[@]
17+
18+自分だ。 43へ。[@]
19+家族だ。 44へ。[@]
1620 人類だ。 45へ。
17-[command]
\ No newline at end of file
21+[@][command]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_046.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_046.txt
@@ -1,17 +1 @@
1-[ret]「……そう。わかった。ありがとう。じゃ、元気でね」
2-[name 0]は私を抱きしめて、家から出ていった。見えなくなるまで見送ったが、こちらに振り返ることはなかった。
3-ふと、食卓の上を見ると、見慣れない小さなオルゴールがひとつ置いてあった。
4-ぜんまいを巻くと、聞いたことのない、どこか物悲しい旋律が流れ始めた。[ret]
5-「あの子、いつも我慢してたのよ。私たちに甘えたかったり、怒りたかったりしても、ずっと黙ってた。どうしたの、って聞いてあげるまで、いつもそうしてたわ」アルマが言った。[ret]
6-あまりにもそっけない別れだった。
7-もしかすると、[name 0]が産まれてから20年間、私は親らしいことは何一つできなかったんじゃないだろうか。
8-「よう。おいおいなんだ、ひどいツラしてんなぁ」
9-研究所に戻ると、ガジが早速軽口を叩いてきた。[ret]
10-「……なるほど。それでへこんでたのか」意外にもガジは笑わずに愚痴を聞いてくれた。
11-「でもさ。俺たちなんて親にはもう会えないんだぜ。お前は忘れちゃってるかもしれないけど、俺の親は都会にいたからもう死んじゃったからな」
12-……言われてみれば、私は「ジーシャ」の両親に会ったことがない。名前すら知らない。
13-「言いたいのは、生きてるだけで充分サイコーってこと。親子が離れ離れになるなんて、当たり前のことだよ。どうしても絶対に会えない、ってわけでもないなら、むしろ恵まれてる方だと思えるよな」[ret]
14-そういえば。ここに来る前の「私」の両親はどうしているだろうか。今となってはもう会えない、というのはガジと同じだが。
15-もしまた会えるなら。自分が拙いながらも、娘をこれまで育ててこれたように、私を育ててくれたことを、両親に感謝したい……という気持ちもある。
16-それも、もはや叶うことではないが。
17-[goto 47]
\ No newline at end of file
1+[flagC 0,34,84]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_047.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_047.txt
@@ -1,12 +1,15 @@
1-[break]
2-毎朝起きて、アルマと話し、そして研究所へ向かう。
3-ずっと長い時間が経った。
4-私もアルマもすっかり老けたが、喧嘩もすることなくずっと暮らしてこれた。それはひとえに、この世界が大変で、喧嘩どころではないことにあるのか、あるいはアルマの人格の成せるところだったのかもしれない。[ret]
5-絶望的なことに、人類はもはや私たちの村と、その周囲のコミュニティしか生き延びていないらしかった。オンラインで繋がれる他のコミュニティは、すべて飢餓や病気、あるいはTBof-15によって全滅していた。[ret]
6-ある日、研究所に着くと、ガジがいつになく慌てていた。禿げ上がった頭の先まで真っ青になっていた。こんなガジは見たことがない。
7-「大変だ……。ついに循環装置がダメになった」
8-循環装置は、水耕栽培機の元素を調節・循環させる精密装置で、我々の食料を生産するために必要不可欠な装置だ。
9-ついにこの日が来たか。
10-循環装置を修理するための技術はもはや失われていた。そして、予備パーツももはや残っていない。循環装置の故障は、人類の絶滅を意味していた。[ret]
11-「計画を実行するしかない」ガジは決意を込めた口調で言った。
12-[goto 50]
\ No newline at end of file
1+[break][@]
2+毎朝起きて、アルマと話し、[@]そして研究所へ向かう。[@]
3+ずっと長い時間が経った。[@]
4+私もアルマもすっかり老けたが、[@]喧嘩もすることなくずっと暮らしてこれた。[@]それはひとえに、この世界が大変で、[@]喧嘩どころではないことにあるのか、[@]あるいはアルマの人格の成せるところだったのかもしれない。[@]
5+
6+絶望的なことに、[@]人類はもはや私たちの村と、その周囲のコミュニティしか生き延びていないらしかった。[@]オンラインで繋がれる他のコミュニティは、[@]すべて飢餓や病気、あるいはTBof-15によって全滅していた。[@]
7+
8+ある日、研究所に着くと、ガジがいつになく慌てていた。[@]禿げ上がった頭の先まで真っ青になっていた。[@]こんなガジは見たことがない。[@]
9+「大変だ……。[@]ついに循環装置がダメになった」[@]
10+循環装置は、水耕栽培機の元素を調節・循環させる精密装置で、[@]我々の食料を生産するために必要不可欠な装置だ。[@]
11+ついにこの日が来たか。[@]
12+循環装置を修理するための技術はもはや失われていた。[@]そして、予備パーツももはや残っていない。[@]循環装置の故障は、人類の絶滅を意味していた。[@]
13+
14+「計画を実行するしかない」[@]ガジは決意を込めた口調で言った。
15+[@][goto 50]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_050.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_050.txt
@@ -1,7 +1,8 @@
1-[ret]ガジの言う計画とは、[name 0]がこの村を出た年に進めていた計画のことだ。
2-人間を仮死状態で保存し、外界から長い間守る。その間に人工ウィルスが哺乳類ごとTBof-15を根絶し、その後、TBof-15の無い新天地に人類は復活する。
3-しかし、計画には膨大な計算が必要で、まだ計算は完了していなかった。人間を保存する方法、その防護装置はできたものの、人工ウィルスはまだ完成していない。
4-「それでも、もうこれしか方法は無い。俺たちが眠ってる間に、人工ウィルスができて、それをばらまける状態を準備おけばいい。何年かかるがわからないが、人工ウィルスが完成するまで、眠り続けるんだ」
5-もしできなかったら?
6-「その時は、みんな仲良く眠ってるだけさ。永久にな。みんなを集めるぞ」
7-[goto 51]
\ No newline at end of file
1+
2+ガジの言う計画とは、[@][name 0]がこの村を出た年に進めていた計画のことだ。[@]
3+人間を仮死状態で保存し、外界から長い間守る。[@]その間に人工ウィルスが哺乳類ごとTBof-15を根絶し、[@]その後、TBof-15の無い新天地に人類は復活する。[@]
4+しかし、計画には膨大な計算が必要で、[@]まだ計算は完了していなかった。[@]人間を保存する方法、その防護装置はできたものの、[@]人工ウィルスはまだ完成していない。[@]
5+「それでも、もうこれしか方法は無い。[@]俺たちが眠ってる間に人工ウィルスができて、[@]それをばらまける状態を準備おけばいい。[@]何年かかるがわからないが、[@]人工ウィルスが完成するまで、眠り続けるんだ」[@]
6+もしできなかったら?[@]
7+「その時は、みんな仲良く眠ってるだけさ。[@]永久にな。[@]みんなを集めるぞ」
8+[@][goto 51]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_051.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_051.txt
@@ -1,24 +1,26 @@
1-[break]
2-「父さん……」
3-久々にあった娘は、すっかりおばさんになっていた。それだけではなく、[name 0]の子どもたち、そのまた子どもまで居た。
4-端末で通信して、ひ孫ができたことまで知ってはいたものの、実際に会ってみると感慨深いものがある……。しかし、今はそれどころではない。
5-直径8メートルほどの、球状の防護装置の前に集まった「最後の人類」は、なんとたったの200人程度だった。
6-ガジがあわただしく叫ぶ。
7-「みんなよく聞いてくれ。そんなに難しいことじゃない。もう説明したが、これからみんなには、薬を飲んでこの装置の中に入ってもらう。みんなにいきわたってるはずだ。赤ん坊には水薬にしたやつがある」
8-「まず、ジーシャがみんなの前で実演する。その通りにやるんだ。ひとりずつな」
9-ガジが、私に粉薬を手渡してきた。
10-この薬を飲めば、次に起きられるかはわからない。
11-仮死状態になった我々を守る装置は、他ならぬ私とガジで設計した。しかし、それが完璧だとは断言できない。
12-これ以上ないほど入念に設計したが、不確定要素があまりにも多いのだ。
13-むしろ、無謀な賭けだとさえ思える。
14-私の不安を察したのか、ガジが小声でささやいた。
15-「いまさらなんだ。大丈夫だ。きっと目覚められる。食べ物と水と、安全と健康にあふれたサイコーの世界が待ってる。賭けたっていいぜ」[ret]
16-意を決して薬を飲み、装置に入った。装置の中は真っ暗だ。
17-薬の効き目で、早くも頭がぼんやりとしてくる。[ret]
18-防護装置は、物理的損傷、温度、天候や気候、地殻変動、微生物、動物など、あらゆる脅威から我々を守る装置だ。物理的な防護だけでなく、周囲に精神的な干渉さえできる。
19-つまり、動物はこの装置に近づこうとさえ思わない……そうなっているはずだ。
20-ガジの声が聞こえた。
21-「そうだ、ジーシャ。言い忘れてたけど、精神干渉装置のテスト結果、お前の人格ソースの方が成績がいいから、そう設定しておくよ。俺は独り身だから、成績が悪いのかもな。聞こえてる? もう薬が効いて……」
22-ガジの声が遠くなる。人格ソース……。精神干渉装置が、基準として使う記憶のことだ。人の記憶を人格に見立てて、近づいてくる動物の敵意や好奇心に干渉する……。
23-意識が無くなっていくのがわかる。装置のブーンといううなりだけが聞こえる。
24-[goto 52]
\ No newline at end of file
1+[break][@]
2+「父さん……」[@]
3+久々にあった娘は、すっかりおばさんになっていた。[@]それだけではなく、[name 0]の子どもたち、[@]そのまた子どもまで居た。[@]
4+端末で通信して、ひ孫ができたことまで知ってはいたものの、[@]実際に会ってみると感慨深いものがある……。[@]しかし、今はそれどころではない。[@]
5+直径8メートルほどの、[@]球状の防護装置の前に集まった「最後の人類」は、[@]なんとたったの200人程度だった。[@]
6+ガジがあわただしく叫ぶ。[@]
7+「みんなよく聞いてくれ。[@]そんなに難しいことじゃない。[@]もう説明したが、これからみんなには、薬を飲んでこの装置の中に入ってもらう。[@]薬はみんなにいきわたってるはずだ。[@]赤ん坊には水薬を飲ませてくれ」[@]
8+「まず、ジーシャがみんなの前で実演する。[@]その通りにやるんだ。[@]ひとりずつな」[@]
9+ガジが、私に粉薬を手渡してきた。[@]
10+この薬を飲めば、[@]次に起きられるかはわからない。[@]
11+仮死状態になった我々を守る装置は、[@]他ならぬ私とガジで設計した。[@]しかし、それが完璧だとは断言できない。[@]
12+これ以上ないほど入念に設計したが、[@]不確定要素があまりにも多いのだ。[@]
13+むしろ、無謀な賭けだとさえ思える。[@]
14+私の不安を察したのか、[@]ガジが小声でささやいた。[@]
15+「いまさらなんだ。[@]大丈夫だ。きっと目覚められる。[@]食べ物と水と、安全と健康にあふれたサイコーの世界が待ってる。[@]賭けたっていいぜ」[@]
16+
17+意を決して薬を飲み、装置に入った。[@]装置の中は真っ暗だ。[@]
18+薬の効き目で、早くも頭がぼんやりとしてくる。[@]
19+
20+防護装置は、[@]物理的損傷、温度、天候や気候、地殻変動、微生物、動物など、[@]あらゆる脅威から我々を守る装置だ。[@]物理的な防護だけでなく、周囲に精神的な干渉さえできる。[@]
21+つまり、動物はこの装置に近づこうとさえ思わない……。[@]そうなっているはずだ。[@]
22+ガジの声が聞こえた。[@]
23+「そうだ、ジーシャ。[@]言い忘れてたけど、精神干渉装置のテスト結果、[@]お前の人格ソースの方が成績がいいから、そう設定しておくよ。[@]俺は独り身だから、成績が悪いのかもな。[@]聞こえてるか?[@] もう薬が効いて……」[@]
24+ガジの声が遠くなる。[@]人格ソース……。[@]精神干渉装置が、基準として使う記憶のことだ。[@]人の記憶を人格に見立てて、[@]近づいてくる動物の敵意や好奇心に干渉する……。[@]
25+意識が無くなっていくのがわかる。[@]装置のブーンといううなりだけが聞こえる。
26+[@][goto 52]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_052.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_052.txt
@@ -1,20 +1,21 @@
1-[break]
2-[ret]……。
3-…………。
4-「ねぇ……」
5-…………ここはどこだろう。
6-視点がうまく定まらない。防護装置はうまく動いたのか?
7-TBof-15の無い楽園のような世界に、私たちはこれたのだろうか。
8-アルマはどこだ? ガジは? [name 0]はどこに……。[ret]
9-視界が徐々に元に戻る。
10-何か妙だ。
11-目の前にはモニターのようなものがあり、そこにはピンポン球大の、透き通ったオレンジ色の卵のようなものがたくさん映っている。
12-保存された人類だ。卵状に還元され、目覚めるのを待っている。
13-「ねぇってば。聞いてるの?」
14-後ろから声をかけられた。振り向くと、白衣を着て眼鏡をかけた、黒髪の女性がいる。
15-……。
16-「…………ワタ……ベ?」
17-渡部だ。
18-私が「ジーシャ」になる前に、調査艇で同乗した研究者。
19-「え、ちょっと大丈夫……? もう帰ろうってホント」
20-[goto 53]
\ No newline at end of file
1+[break][@]
2+……。[@]
3+…………。[@]
4+「ねぇ……」[@]
5+…………ここはどこだろう。[@]
6+視点がうまく定まらない。[@]防護装置はうまく動いたのか?[@]
7+TBof-15の無い楽園のような世界に、[@]私たちはこれたのだろうか。[@]
8+アルマはどこだ?[@] ガジは?[@] [name 0]はどこに……。[@]
9+
10+視界が徐々に元に戻る。[@]
11+何か妙だ。[@]
12+目の前にはモニターのようなものがあり、[@]そこにはピンポン球大の、[@]透き通ったオレンジ色の卵のようなものがたくさん映っている。[@]
13+保存された人類だ。[@]卵状に還元され、目覚めるのを待っている。[@]
14+「ねぇってば。聞いてるの?」[@]
15+後ろから声をかけられた。[@]振り向くと、白衣を着て眼鏡をかけた、黒髪の女性がいる。[@]
16+……。[@]
17+「…………ワタ……ベ?」[@]
18+渡部だ。[@]
19+私が「ジーシャ」になる前に、[@]調査艇で同乗した研究者。[@]
20+「え、ちょっと大丈夫……?[@] もう帰ろうってホント」
21+[@][goto 53]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_053.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_053.txt
@@ -1,29 +1,36 @@
1-[break]
2-ここは……「元の世界」だ。しかしなぜ?
3-何がきっかけで戻ってきたんだ? なぜ今さら?
4-もはや、本当の私は「ジーシャ」だった。そう思って生きてきた。
5-この世界よりも、「ジーシャ」として生きた時間の方が遥かに長い。[ret]
6-目の前にある球状の装置の中には、仮死状態のみんなが眠っている。ガジ、アルマ、[name 0]、私の孫やひ孫、村人たちが。
7-装置のチリを払うと、ランプが点灯しているのが見えた。まだ稼働している。
8-これが動いているということは、人工ウィルスを開発する端末や、ウィルスを散布するための装置も動いているということだ。
9-いったい、どれほどの時間動き続けていたんだ? なぜこんなところに?[ret]
10-計算は、まだ完了していないのだろう。その時がくれば、例え海底にいようと、人工知能が人類を目覚めさせるのに適当な場所まで、防護装置を移動させることができる。
11-もし計算が完了していれば、人工知能は人工ウィルスを散布し、TBof-15を哺乳類ごと絶滅させたあと、彼らを目覚めさせるはずだ。[ret]
12-待ち焦がれた楽園で。[ret]
13-……しかし、わからない。
14-ジーシャの世界と、私たちの世界が繋がっているなら、今の時代においても、すべての哺乳類はTBof-15に感染しているはずだ。TBof-15が変異する可能性もあるが、元のウィルス株が絶滅する積極的な理由は見当たらない。
15-なのに、なぜ我々人類は死なずにすんでいる?
16-ジーシャたちと、今の人類は、本質的には違う存在なのだろうか。同じ哺乳類から分化したが、ジーシャたちはTBof-15によって死んでしまう種で、今の人類はそうではない、また別の種なのかもしれない。[ret]
17-……だとしたら。
18-ジーシャだった私たちが研究していた人工ウィルスがもし散布されれば、地上の哺乳類は間違いなく絶滅する。
19-それがいつになるかはわからない。
20-今日かもしれないし、100年後かもしれない。ひょっとすれば、1万年以上もかかるのかもしれない。
21-……しかし、もしその時が来たら。[ret]
22-装置を止めるのは簡単だ。
23-ここにあるすべての卵が破壊されたら、人類再生の道は無いと判断し、人工知能は計算を止める。「私」が自然を守るためにかけたセーフティだった。
24-本来なら、装置はあらゆる脅威から防護されているはずだった。
25-しかし、私は今ここにいて、マニピュレーターを少し動かせば、この卵を潰すことができる。
26-私は……。[ret]
27-「人類」のために、卵を潰した。 60へ。
1+[break][@]
2+ここは……「元の世界」だ。[@]しかしなぜ?[@]
3+何がきっかけで戻ってきたんだ?[@] なぜ今さら?[@]
4+もはや、本当の私は「ジーシャ」だった。[@]そう思って生きてきた。[@]
5+この世界よりも、「ジーシャ」として生きた時間の方が遥かに長い。[@]
6+
7+目の前にある球状の装置の中には、[@]仮死状態のみんなが眠っている。[@]ガジ、アルマ、[name 0]、私の孫やひ孫、村人たちが。[@]
8+装置のチリを払うと、ランプが点灯しているのが見えた。[@]まだ稼働している。[@]
9+これが動いているということは、[@]人工ウィルスを開発する端末や、[@]ウィルスを散布するための装置も動いているということだ。[@]
10+いったい、どれほどの時間動き続けていたんだ?[@] なぜこんなところに?[@]
11+
12+計算は、まだ完了していないのだろう。[@]その時がくれば、例え海底にいようと、人工知能が人類を目覚めさせるのに適当な場所まで、[@]防護装置を移動させることができる。[@]
13+もし計算が完了していれば、[@]人工知能は人工ウィルスを散布し、[@]TBof-15を哺乳類ごと絶滅させたあと、[@]彼らを目覚めさせるはずだ。[@]
14+
15+待ち焦がれた楽園で。[@]
16+
17+……しかし、わからない。[@]
18+ジーシャの世界と、私たちの世界が繋がっているなら、[@]今の時代においても、すべての哺乳類はTBof-15に感染しているはずだ。[@]TBof-15が変異する可能性もあるが、[@]元のウィルス株が絶滅する積極的な理由は見当たらない。[@]
19+なのに、なぜ我々人類は死なずにすんでいる?[@]
20+ジーシャたちと、今の人類は、本質的には違う存在なのだろうか。[@]同じ哺乳類から分化したが、ジーシャたちはTBof-15によって死んでしまう種で、[@]今の人類はそうではない、また別の種なのかもしれない。[@]
21+
22+……だとしたら。[@]
23+ジーシャだった私たちが研究していた人工ウィルスがもし散布されれば、[@]地上の哺乳類は間違いなく絶滅する。[@]
24+それがいつになるかはわからない。[@]
25+今日かもしれないし、100年後かもしれない。[@]ひょっとすれば、1万年以上もかかるのかもしれない。[@]
26+……しかし、[@]もしその時が来たら。[@]
27+
28+装置を止めるのは簡単だ。[@]
29+ここにあるすべての卵が破壊されたら、[@]人類再生の道は無いと判断し、[@]人工知能は計算を止める。[@]「私」が自然を守るためにかけたセーフティだった。[@]
30+本来なら、装置はあらゆる脅威から防護されているはずだった。[@]
31+しかし、私は今ここにいて、[@]マニピュレーターを少し動かせば、[@]この卵を潰すことができる。[@]
32+私は……。[@]
33+
34+「人類」のために、卵を潰した。 60へ。[@]
2835 「人類」のために、卵をそのままにした。 70へ。
29-[command]
\ No newline at end of file
36+[@][command]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_060.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_060.txt
@@ -1,14 +1,20 @@
1-[ret]私はマニピュレータを操作し、かつての妻や娘、友人たちを潰し始めた。[ret]
2-卵が破れて、繊維の混じった液体が海の中へ溶け出す。
3-長い人生が走馬灯のように浮かび上がる。
4-アルマの優しい笑顔と、優しい声。
5-生まれたばかり[name 0]の泣き顔。
6-ガジの毎度のくだらない騒ぎ。
7-[name 0]が家を出た日のこと。
8-未来のためにできることを、考え続けた日々。[ret]
9-すべての卵が潰れると、装置のランプが消灯した。
10-装置の底に、錆びたオルゴールのような機械があった。
11-どこか物悲しい旋律が、あなたの頭に響き始めた。[ret]
12-この旋律は、生涯止むことはないだろう。[ret][ret]
1+
2+私はマニピュレータを操作し、[@]かつての妻や娘、友人たちを潰し始めた。[@]
3+
4+卵が破れて、[@]繊維の混じった液体が海の中へ溶け出す。[@]
5+長い人生が走馬灯のように浮かび上がる。[@]
6+アルマの優しい笑顔と、優しい声。[@]
7+生まれたばかり[name 0]の泣き顔。[@]
8+ガジの毎度のくだらない騒ぎ。[@]
9+[name 0]が家を出た日のこと。[@]
10+未来のためにできることを、考え続けた日々。[@]
11+
12+すべての卵が潰れると、[@]装置のランプが消灯した。[@]
13+装置の底に、[@]錆びたオルゴールのような機械があった。[@]
14+どこか物悲しい旋律が、私の頭に響き始めた。[@]
15+
16+この旋律は、生涯止むことはないだろう。[@]
17+
18+
1319 --END--
14-[game end]
\ No newline at end of file
20+[@][game end]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_070.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_070.txt
@@ -1,13 +1,18 @@
1-[ret]調査艇は、ゆっくりと浮上していく。
2-「なんだか変なとこだったねぇ? なんだかちょっとボーっとしてて、うろ覚えなんだけど。何を見たんだっけ?」
3-渡部が何か独り言ちている。
4-「あーあ、帰ったら子どもたちのご飯作らないと。あたしって頑張り屋だよね。聞いてる? さっきから元気ないね」[ret]
5-私は、何を見たのか。
6-私は今、何を見ているのか。
7-あの村での人生は、確かにあったのだ。
8-私が見たものは、ジーシャの記憶をベースにした防護装置が見せた幻覚だったのか。
9-それとも、今見ているものこそが幻覚なのか……。[ret]
10-装置は今もまだ、海の底で動き続けている。
11-いつか地上の哺乳類を滅ぼし、彼らが楽園で目覚めるために。[ret][ret]
1+
2+調査艇は、ゆっくりと浮上していく。[@]
3+「なんだか変なとこだったねぇ?[@] なんだかちょっとボーっとしてて、うろ覚えなんだけど。[@]何を見たんだっけ?」[@]
4+渡部が何か独り言ちている。[@]
5+「あーあ、帰ったら子どもたちのご飯作らないと。[@]あたしって頑張り屋だよね。[@]聞いてる?[@] さっきから元気ないね」[@]
6+
7+私は、何を見たのか。[@]
8+私は今、何を見ているのか。[@]
9+あの村での人生は、確かにあったのだ。[@]
10+私が見たものは、[@]ジーシャの記憶をベースにした、[@]防護装置が見せた幻覚だったのか。[@]
11+それとも、[@]今見ているものこそが幻覚なのか……。[@]
12+
13+装置は今もまだ、海の底で動き続けている。[@]
14+いつか地上の哺乳類を滅ぼし、[@]彼らが楽園で目覚めるために。[@]
15+
16+
1217 --END--
13-[game end]
\ No newline at end of file
18+[@][game end]
\ No newline at end of file
--- /dev/null
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_081.txt
@@ -0,0 +1,28 @@
1+[break][@]
2+9か月後。[@]
3+あれから、私はガジの研究の助手として働いていた。[@]といっても、全く知識の無いも同然の私にできることは、[@]勉強くらいのものだったが。[@]
4+この世界では、すべての端末の計算力がオンラインで集約され、[@]単一の汎用人工知能「ファイニグン」が必要な計算を順番に解決している。[@]
5+実験も、ほとんどの場合はシミュレーションで充分だったが、[@]「ファイニグン」は「人間にとって何が有用か」を決める権限は持っていなかった。[@]
6+だから、研究者の主な仕事は[@]「次に何を計算すべきか」を話し合うことだった。[@]
7+
8+TBof-15の蔓延に対して、[@]人類が初めに行った研究は「TBof-15の根絶」だったが、[@]大量の試験と計算を重ねた結果、[@]短期的な解法は無いことがわかったのだった。[@]
9+
10+ガジとの話を思い出す。[@]
11+「それから、人類はだいたい二つの派閥に分かれた。[@]『それでもTBof-15を根絶して、元の世界を取り戻す派』と、[@]『TBof-15と共存する派』だ。お前と俺は前者だ」[@]
12+私は少し考えて答えた。[@]
13+「でも、そんな方法あるのか?[@] 世界中の端末で計算しても、方法が無いってわかったんだろ?」[@]
14+「短期的な方法は、な。[@]治療薬とか、ワクチンや接触の制限だけではダメだ。[@]そこで検討された手段が「媒介生物の根絶」だが、[@]媒介生物の種類はあまりにも多い。[@]ある試算では、人類以外の哺乳類にとって、[@]TBof-15はすでに常在ウィルスと化しているらしい。[@]そこで――」[@]
15+
16+「おいっ」[@]後ろからガジの声がした。[@]
17+「ぼーっとしてんなぁ。[@]もう今日は上がろうぜ」[@]それから、ガジは私の肩を抱き、耳打ちしてきた。[@]
18+「奥さんが迎えに来てるぞ。[@]何か悪いことしたんだろ?」[@]素直に謝っとけよ、とつぶやいて、[@]ガジはそそくさと資料室へ入っていった。[@]ガジはそこで寝泊まりしているのだ。[@]
19+
20+研究所の外で、アルマがうつむいて待っていた。[@]とりあえず自宅の方へ一緒に歩き始める。[@]
21+アルマが口を開いた。[@]
22+「あのね、実は……」[@]
23+続きを待ったが、なかなか話さない。[@]
24+
25+「どうしたの。言ってみなよ」言わないとわからないじゃないか。 21へ。[@]
26+アルマが話すまで待つ。 22へ。[@]
27+「実は……魔法少女だったとか?」いまいちな冗談だ。 23へ。
28+[@][command]
\ No newline at end of file
--- /dev/null
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_082.txt
@@ -0,0 +1,9 @@
1+
2+「実は……子どもができたみたいなの」[@]
3+歩みが止まる。[@]
4+「名前、決めなきゃね」
5+[@][break][@]
6+それからアルマと、生まれてくる子どもが男なのか女なのか、[@]どんな子になるのか、[@]毎日話し合った。[@]生まれてくる子が女の子だとわかり、[@]ついにあと1か月以内に生まれるとなると、[@]いよいよ名前を決めなければならなかった。[@]
7+「ねぇ、[@]たくさん候補はあったけど、[@]やっぱりあなたに決めてほしいの」
8+[@][write name 0]娘の名前は……:
9+[@][goto 25]
\ No newline at end of file
--- /dev/null
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_083.txt
@@ -0,0 +1,16 @@
1+
2+「もう10歳だなんて、信じられないわね」[@]騒ぎを楽しそうに眺めながら、[@]アルマは愛おしげに[name 0]の頭をなでていた。[@]
3+しかし[name 0]の表情はどこか寂しげだ。[@]
4+どうかしたの。と[name 0]に聞いた。[@]
5+「みんなが私のこと、もう大人ね、って言うの。[@]でも私、大人になんてなりたくない」[@]
6+アルマは、どうしてそう思うの、と娘に尋ねた。[@]
7+「だって、[@]どうすれば立派な大人になれるかなんて、[@]わからないもの。[@]毎日水が足りなくて、[@]運ぶのは重くて大変なのに、[@]ママはいつも私が飲む分を用意してくれる。[@]パパだって、毎日研究して、[@]たくさんお勉強してる。[@]私、そんなにずっと頑張ったりできないよ」[@]
8+泣きそうな娘に、アルマは優しく微笑みながら答えた。[@]
9+「あなたのペースでいいのよ。[@]パパも私も、自分ができることをやってるだけ。[@]みんなのために、少しずつだけね」[@]
10+
11+そうか。[@]
12+大人たちにとって、今のこの世界は過酷だ。[@]元々文明の快適さを知っていたから、[@]余計につらく感じるものも多いだろう。[@]
13+インフラはほとんどが停止してしまって、[@]使える電力もできる限り「計算」のために使っている。[@]だから住民は、生活のために大部分の時間と労力を割かなければならない。[@]電気もなく、気候はきびしく、[@]地下から水を汲み上げられる場所は村から遠く、食料も乏しい。[@]安全も、健康も、もはや過去のものだった。[@]
14+「私たちはこんなにも苦労しているのだから、[@]世界を直した暁には、せめて次の世代には、[@]あの快適な暮らしを取り戻してほしい。[@]それにふさわしい苦労をしているのだから、[@]当然そうあるべきだ……」[@]
15+そういう期待を、[name 0]は重圧として感じていたのかもしれない。
16+[@][goto 40]
\ No newline at end of file
--- /dev/null
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_084.txt
@@ -0,0 +1,22 @@
1+
2+「……そう。[@]わかった。[@]ありがとう。[@]じゃ、元気でね」[@]
3+[name 0]は私を抱きしめて、[@]母さんと仲良くね、とささやき、[@]家から出ていった。[@]見えなくなるまで見送ったが、こちらに振り返ることはなかった。[@]
4+ふと、食卓の上を見ると、[@]見慣れない小さなオルゴールがひとつ置いてあった。[@]
5+ぜんまいを巻くと、[@]聞いたことのない、どこか物悲しい旋律が流れ始めた。[@]
6+
7+「あの子、いつも我慢してたのよ。[@]私たちに甘えたかったり、[@]怒りたかったりしても、[@]ずっと黙ってた。[@]どうしたの、って聞いてあげるまで、[@]いつもそうしてたわ」[@]アルマが言った。[@]
8+
9+あまりにもそっけない別れだった。[@]
10+もしかすると、[name 0]が産まれてから20年間、[@]私は親らしいことは何一つできなかったんじゃないだろうか。[@]
11+「よう。[@]おいおいなんだ、[@]ひどいツラしてんなぁ」[@]
12+研究所に戻ると、ガジが早速軽口を叩いてきた。[@]
13+
14+「……なるほど。[@]それでへこんでたのか」[@]意外にもガジは笑わずに愚痴を聞いてくれた。[@]
15+「でもさ。俺たちなんて親にはもう会えないんだぜ。[@]お前は忘れちゃってるかもしれないけど、[@]俺の親は都会にいたからもう死んじゃったからな」[@]
16+……言われてみれば、[@]私は「ジーシャ」の両親に会ったことがない。[@]名前すら知らない。[@]
17+「言いたいのは、生きてるだけで充分サイコーってこと。[@]親子が離れ離れになるなんて、当たり前のことだよ。[@]どうしても絶対に会えない、ってわけでもないなら、[@]むしろ恵まれてる方だと思えるよな」[@]
18+
19+そういえば。[@]ここに来る前の「私」の両親はどうしているだろうか。[@]今となってはもう会えない、というのはガジと同じだが。[@]
20+もしまた会えるなら。[@]自分が拙いながらも、娘をこれまで育ててこれたように、[@]私を育ててくれたことを、両親に感謝したい……。[@]そんな気持ちもある。[@]
21+それも、もはや叶うことではないが。
22+[@][goto 47]
\ No newline at end of file
--- a/Console_Adventure/txt/yume_100.txt
+++ b/Console_Adventure/txt/yume_100.txt
@@ -1,4 +1,4 @@
1-
1+[flagC 0,32,64][@]
22 デバッグてきすと。[@]デバッグてきすと。[@]デバッグてきすと。[@]
33 デバッグてきすと。[@]デバッグてきすと。[@]デバッグてきすと。[@]
44
Show on old repository browser