Downloadliste

Sponsored link

Projektbeschreibung

blanco Framework is code generation framework for Java. It include R/O mapping tool 'blancoDb', SQL editor plug-in 'BlancoSqlEditorPlugin'.

Systemanforderungen

Die Systemvoraussetzungen sind nicht definiert

Veröffentlicht: 2006-02-16 21:38
blancoReport blancoReport-0.6.7 (1 files Verstecken)

Versionsanmerkungen

blancoReport は帳票などに関連するクラスを集めたものです。
1.軽量帳票環境実装を最終ゴールと定めます。
2.軽量な帳票処理系の実装を当面のゴールと定めます。
(1)ドキュメント形式変換機能
・Xls→Calc変換
・Xls→Pdf変換
・Calc→Xls変換
・Calc→Pdf変換
(2)OpenOffice.orgプロセス起動・プロセス終了
(3)OpenDocument編集機能 (具体的にはZIPファイル編集機能)

[開発者]
1.伊賀敏樹 (Tosiki Iga / いがぴょん): 開発および維持メンテ担当
2.山本耕司 (Y-moto) : リリース判定担当

[ライセンス]
1.blancoReport は ライセンス として GNU Lesser General Public License を採用しています。
2.blancoReport には The Seasar Software License, Version 1.1ライセンスのもとで配布されるファイルが含まれます。
一部において、Seasarプロジェクトの成果物を利用させて頂いております。

[依存するライブラリ]
blancoReportは下記のライブラリを利用しています。
※各オープンソース・プロダクトの提供者に感謝します。
1.blancoCodeGenerator
概要: ソースコード生成ライブラリ
ライセンス: GNU Lesser General Public License
2.blancoCommons
概要: blanco Framework共通ライブラリ
メタ情報ファイルを読み込む際に利用しています。
ライセンス: GNU Lesser General Public License

3.OpenOffice.org UNO関連ライブラリ
概要: OpenOffice.orgと通信を行うために必要です。
※OpenOffice.org 2.0/program/classes ディレクトリ内の下記ファイルが必要です。
・juh.jar
・jurt.jar
・ridl.jar
・unoil.jar
ライセンス: GNU Lesser General Public License

4.OOoLauncher
概要: OpenOffice.orgを起動するためのライブラリ
ライセンス: The Seasar Software License

[依存する環境]
1.BlancoUno*については、OpenOffice.org 2.0がUNOポート番号付きで起動している必要があります。
起動のための例を下記に示します。
"C:\Program Files\OpenOffice.org 2.0\program\soffice" "-accept=socket,port=8100;urp;"

Änderungsprotokoll

2006.02.16 (0.6.7)
【重要】blancoReportのAntタスクを追加。
【機能強化】UNO接続に失敗した場合のリトライ機能を強化。
jarファイル類を更新。

2005.12.15 (0.6.6)
OpenOffice.org 2.0の起動・終了をAntタスク化